« 2010年11月 | トップページ | 2011年3月 »

2010/12/26

今年も1年がんばった

Stellar_lead_ganbatta

当ブログひとくち出資馬も、今週は師走餅つき競馬に大挙5頭が出走。結果は、2着1頭・4着1頭・着外3頭という戦績でしたが、各馬とも無事完走してくれたし、本当に頑張ったと思います。
本日のレース。有馬記念の直後、阪神・摩耶ステークスで2着を死守したフェイムロバリーも良かったけれど、それ以上に褒めてあげたいのはこの馬・ステラリードですね。強豪揃いのオープン特別(ファイナルS)で6着なら、大満足の戦果です。まさか愛馬が、リルダヴァルファリダットに先着できるとは思ってもみなかったので・・・・。直線では、思わず声も出ました。
昨夏の重賞制覇からずっとスランプが続き、早熟だとか、もう終わっているとか、心ない評価を受けていたけれど、近2走は明らかに復調ムード。オープン特別でも、見せ場をつくり出資者を楽しませてくれています。晩成だった母の血が表にでてくるようなら、来年以降も息の長い活躍を期待できるでしょう。
とりあえず今年は本当にお疲れさま。そして、来年もがんばれ。

12月 26, 2010 ひとくち馬主日記 | | コメント (0) | トラックバック (0)

【有馬記念】逆転候補は内枠に

Buena_vista_at_jc_2010

JC降着の汚名返上に燃え、年末最後の大一番に臨む女傑ブエナビスタ。その一挙手一投足に注目が集まるのは当然のことと思うが、単勝1倍台・1強断然ムードの下馬評には、いささかの違和感を覚える。不安の種は、過去の戦績のなかに見いだすことができる。この女傑、案外と取りこぼしが多いのだ。
特に気になるのは、距離二千メートル以上・右回りという今回と同じ条件設定で過去に6戦して僅か1勝(京都記念)しかあげていないという事実。通算4度の出走機会をすべて先頭で駆け抜けた得意の左回り・府中コースとは対照的なこの戦績は、やはり気がかりな材料だ。なるほど、昨年の有馬記念を歴代優勝タイムと遜色のない優秀な時計で走破した実績を考えれば、右回りの中山イコール苦手コースと烙印を押すことはできない。だが、2周目の向正面から各馬がスパートを開始して、そこからゴールまでおよそ1000メートル以上も脚を使う耐久戦になりがちな有馬記念は、ブエナビスタが最も得意とする決め手勝負の展開とは様相を異にする一戦になる。ディープインパクトを彷彿とさせる決め手が売りの女傑といえど、けして楽観は許されないだろう。
今年の枠順は内枠に先行タイプが、外枠に差し・追込タイプが揃い、典型的な逃げ馬が不在。これなら各馬の隊列は1周目の4コーナーまでにあっさりと固まり、レースの流れは前半からスローペースに落ち着いてしまうのかもしれない。だが、スローになれば、それを見越し2周目の向正面でマクリ気味に仕掛けてくる馬もいるはずで、いずれにせよ勝負所からタフな展開が待っている。直線に向くまで各馬が待機を決め込む府中の中長距離戦とは質を異にする、中山らしい競馬になる。
ブエナビスタは昨年それを、ぶっつけ本番の乗り替わりと脚質転換で克服しているが、今年はスミヨンが安全運転を意識するあまり、3~4角大外をブン回していく策に出る可能性がある。これは中山コースで絶対にやってはいけない禁じ手。脚力の違いにものいわせ、一気に先頭を奪ってしまえば勝機もあるだろうが、内を回していく各馬に比べ相当な距離ロスを覚悟せざるを得ない。もしそんな展開になれば、他馬にも付けいる隙が生まれてくる。

Tosen_jordan_at_the_argentine_repub

ブエナビスタを負かす資格があるとすれば、例えば07年のマツリダゴッホのように、中山らしいそんな流れを味方につけることができるタイプだろう。前半は好位の内目で待機。3~4角勝負所で外をスパートする有力どころを見ながらインで脚をため、直線一気に突き放せる脚力を備えた馬が狙い目になる。
例えば、トーセンジョーダンはどうだろう。前走・アルゼンチン共和国杯の勝ち時計2分30秒0。過去にこのG2戦を2分30秒台で制した馬といえば、スクリーンヒーローアドマイヤジュピタなど後の長距離G1を制した本格派ステイヤーがおり、それらを物差しにすれば、G1通用の能力的な裏付けは十分。クラシック候補の呼び声も高かった2歳暮れに中山芝二千で2連勝している実績も強調材料で、本質的には府中の決め手勝負よりも中山の耐久戦こそが本領発揮の舞台だ。
強いといわれる3歳世代なら、外枠のペルーサよりも最内枠に入ったヴィクトワールピサのほうが怖い。この枠順+鞍上デムーロの手腕を持ってすれば、道中は終始内ラチに張り付いて、皐月賞の再現を狙うことも不可能ではない。
これ以外も、逃げると見られるネヴァブションや、成長著しいルーラーシップなどにも注目してみたいが、これらの各馬はいずれも内枠にひしめき合っている。どうやら、それが今年の有馬記念を占うポイントになりそうだ。
枠順とコース取りのアドバンテージを活かして立ち回る伏兵が、外からやってくるブエナビスタやペルーサに一泡ふかせる場面を想像しながら、スタートを待ちたいと思う。

<結論>
◎トーセンジョーダン
○ヴィクトワールピサ
▲ブエナビスタ
△ネヴァブション
×ルーラーシップ
×エイシンフラッシュ
×トゥザグローリー

馬券は、◎・○の単勝と3連単もしくは3連複の2頭軸流しを購入する予定。

12月 26, 2010 10年競馬予想・回顧 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/19

【朝日杯フューチュリティS】素直に◎サダムパテック

Sadamu_patek_at_tokyo_sports_hai_20

すいません、時間の関係で本日は結論だけ。
朝日杯は、◎サダムパテックと他馬との能力差を確認するためのレース。馬券は単勝1点のみ考えておけばいいでしょう。2倍前後のオッズなら、配当も悪くありません。
有馬記念の1週間前。スミヨンには、JCのブエナに投じた単勝の購入資金を損失補填してもらうつもりです。
以下は、おまけ。十数年前にちょっと流行ったこの唄をスミヨンに捧げたい。

BEN FOLDS FIVE  Song for the Dumped 「金を返せ

12月 19, 2010 10年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/12

【阪神ジュベナイルF】母と娘は似ていない

Dance_in_the_mood_2006

Dance_fantasia_2010

母ダンスインザムード娘のダンスファンタジア。社台ファームの看板を背負う超良血のお嬢様というイメージは共通していても、実はこの母子、あんまり似ていない
カリカリとした気性で、パドックに登場するたび大暴れを繰り返し、スタッフの手を焼かせたお転婆の母に対し、まだ2歳の娘のほうは落ち着き払った気性の持ち主。パドックでもレースに行っても終始、悠揚迫らざるといった物腰を保ち、鞍上の指示にも忠実だ。この落ち着きがあれば、関東馬にとって鬼門というべき遠征時の環境変化にも、難なく対応することができるだろう。
母娘の体形を比べて見ても、トモ周辺の筋肉の充実は両者に共通した美点だが、胸前の肉付きでは娘のほうがひとまわり厚いという印象だ。デビュー時2戦の馬体重は450キロ台とけっして大型ではないけれど、豊かな骨量に恵まれており、将来は500キロ近くまで成長してきそうな雰囲気がある。例えてみるなら、前年の覇者アパパネに近いタイプ。中長距離戦よりもマイル前後の距離でこそ、最も真価を発揮できる競走馬に違いない。
府中の赤松賞から栗東留学を経て、暮れの阪神へ。本番に臨むステップもアパパネと共通しているあたりに、陣営の本気度の高さがうかがえる。関東の一番手が今年も2歳女王の座を射止める結末を期待して、単勝馬券で勝負してみたい。

<結論>
◎ダンスファンタジア
○アベンチュラ
▲レーヴディソール
×ホエールキャプチャ
×フォーエバーマーク
×マイネイサベル
×ライステラス

下馬評の高い上位3頭の力関係は、正直わからない(汗)
ただし、レーヴディイソールを三番手評価にまで落とした判断には、一応の理由がある。デイリー杯の直線で見せた爆発的末脚。あれは、京都の坂の下りというコース形態の特殊性を最大限活用できた結果ではないのか?そんな仮説が成り立つ余地のある以上、舞台の変わる阪神コースで単勝1倍台の評価を過信するわけにはいかないと考えた次第だ。
アベンチュラは、おなじみの超早熟血統。他馬との比較で完成度の高さというアドバンテージを活かすためにも、収穫時期は早ければ早いほど良い。この時期なら、まだ上位入線の可能性は十分だろう。
以下では、関西馬のことはよくわからないので、関東から伏兵4頭をピックアップ。近年、本番との直結度が薄れているファンタジーS組のなかでは、ゴール寸前、馬群の中から鋭く抜け出してきたホエールキャプチャの頑張りに、ちょっと期待してみたい。

12月 12, 2010 10年競馬予想・回顧 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/05

【JCダート】逃げ切りは容易でない

Transcend_2009_at_niigata_2

新設G3みやこSを逃げて勝ったトランセンドに人気が集まっているが、JCダートの舞台で「もう一丁」が効くかはどうかは微妙ではないかと思う。
東京開催時代を含むこのレース、過去10年間で逃げ切りが決まったのは昨年のエスポワールシチーによる僅か1例のみ。G1級の強豪たちから終始目標にされる不利はバカにできず、他馬との間によほどの力量差がなければ、逃げ切りは許してもらえないと考えたほういい。
そこで、◎シルクメビウス。同世代トランセンドと比較すると、ダート千八の持ち時計では僅かに劣るが、直接対決となった東海Sでは同馬をクビ差捉えての勝利がある。超ハイペースの激流に巻き込まれた船橋JBCでは苦しい追走になってしまったが、それも良い糧になったと前向きに解釈すれば、今回はむしろ展開が楽になりそう。みやこS2着以下武蔵野S組との比較では、前走G1出走のこちらを上位に評価する必要がある。
対抗格も、中央G3組よりも前走G1出走の強豪実績馬の格を重視。まだ馬体がヒョロッとして頼りない印象のキングスエンブレムよりも、兄ヴァーミリアンの重厚感がここでは勝るとジャッジする。

◎シルクメビウス
○トランセンド
▲ヴァーミリアン
△アドマイヤスバル
△オーロマイスター

12月 5, 2010 10年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (0)