« 【エリザベス女王杯】3歳1番人気の本命視は危険? | トップページ | 【ジャパンカップ】女傑ブエナビスタに死角はないか? »

2010/11/21

【マイルCS】例年より低調な組み合わせなら

すいません、今日は時間の関係で結論だけ。
マイル路線の頂上決戦といえど、ウオッカ・カンパニーなど大駒がリタイアした後の今年は、かなり低調なメンバー構成になった。ならば、昔の名前で出ている旧勢力よりも、新興勢力の勢いを買いたいところ。前走・富士Sで旧勢力と勢いの違いをまざまざと見せつけたダノンヨーヨーの脚力を信頼する。鞍上にスミヨンを配してきた陣営の本気度も評価すべき。
相手は、昨年3着で日本適性を証明済みの外国馬サプレザと、外回りコースのマイル戦なら常に無視できないスマイルジャックだが、枠順の差で後者を上位に取る。
キンシャサノキセキも外枠。折り合いに進境を示しているといえど、勝ちきるまでの可能性は半信半疑といったところ。前走・スワンS組と3歳の良血トゥザグローリーは、前走の走破時計が平凡。馬券圏内に絡んでくるほどの勢いは感じられない。むしろ怖いのは条件戦で連勝街道を驀進中のゴールスキー。新潟・外回りで関屋記念を大きく凌駕した走破時計を記録している事実を軽視すべきではない。

◎ダノンヨーヨー
○スマイルジャック
▲サプレザ
△キンシャサノキセキ
△ゴールスキー

11月 21, 2010 10年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/50088950

この記事へのトラックバック一覧です: 【マイルCS】例年より低調な組み合わせなら:

コメント

コメントを書く