« 【安田記念】ベテラン牡馬の経験値を買う | トップページ | 本日の予想はお休みします »

2010/06/13

【エプソムC】最終週でも高速決着

Golden_dahlia_at_2009◎ゴールデンダリア
○セイクリッドバレー
▲ストロングリターン
△セイウンワンダー
注シルポート
注トウショウウェイヴ




梅雨入り間近な季節と最終週の荒れ芝を背景に、スピードやキレよりも渋太い持久力が問われる一戦というイメージがあったエプソムカップも、近年は様相が様変わりしている。特に今年の府中の芝は、使い込まれても、使い込まれても時計が速く、軽い馬場状態を維持。この馬場を前提に考えると、決着タイムは良馬場で1分45秒台。もし、それよりも時計が遅ければ、推定上がり33秒台の決め手勝負に突入することになる。
この条件のもと主力を形成するのは、同様に高速決着への適性が要求された新潟大賞典組か?もともと過去10年間で5頭の優勝馬を送り出している相性の良いローテーションでもあり、今年もエプソムカップに結果が直結する可能性は小さくない。

そんなわけで、◎にはゴールデンダリア。中団から確実に速い上がりを駆使できる脚質に注目したい。もともと距離千八と東京コースでそれぞれ3勝をマークしており、条件はベスト。○セイクリッドバレーは、前走で◎と同じくらいの脚を使いながら、前半の位置取りが明暗を分けた。今回は好枠。松岡騎手のリードである程度前を立ち回れるようなら。

6月 13, 2010 10年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/48616435

この記事へのトラックバック一覧です: 【エプソムC】最終週でも高速決着:

コメント

コメントを書く