« 【オークス】小よく大を制す | トップページ | 【安田記念】ベテラン牡馬の経験値を買う »

2010/05/30

【日本ダービー】ダービー馬はダービー馬から

Victoire_pisa_at_satsuki_sho_2010

春の東京開催も6週目。開幕当初の芝は、NHKマイルのレコード決着が象徴しているように、スタミナやパワーといった要素があまり要求されない状態で、信じられないような高速時計が連発していたが、先週あたりからその様相も変わり常識的な馬場へと変貌しつつある。加えて前日の降雨。良発表でも適度に時計を要する芝がダービーの舞台になるのであれば、高速決着への対応力よりも、パワーや持久力、勝負根性といった競走馬としての総合力を重視して上位候補の絞り込みを進める必要があるだろう。
今年の場合、皐月賞の決着時計が2分とコンマ8秒。過去10年で3番目に遅いタイムなのだが、稍重で力の要る馬場のなかでの激戦だったことを思い起こせば、その価値を下げて考える必要はない。上位陣は、ダービーでもそのまま上位候補と評価できる。だが、4着ローズキングダムは中間に順調さを欠き、3着エイシンフラッシュも過去にダービー優勝実績のない外国産馬。2着ヒルノダムールは、馬体を減らした前走との比較で大幅なプラス体重での出走となるのがどうか?となれば、減点材料の最も少ないヴィクトワールピサこそ、ダービーでも本命候補と考えるのが、ひとまず定石だ。

対する青葉賞の勝ち馬ペルーサは、前々走でヒルノダムールを下しているのだから、能力的には皐月賞組と互角。ただし、その青葉賞が前述した極端な高速馬場だったことを思い起こせば、渋った馬場でそれを再現ができるか否かは微妙だろう。少なくとも、皐月賞馬と同等の評価で単勝1番人気というのは、人気先行気味ではないかと思える。
ダービー馬はダービー馬から」という格言もある。ゼンノロブロイを2着に下して二冠目を手にした父ネオユニヴァースの激走の再現を、ヴィクトワールピサにも期待してみたい。

<結論>
◎ヴィクトワールピサ
○ペルーサ
▲ヒルノダムール
△エイシンフラッシュ
×アリゼオ
×コスモファントム

5月 30, 2010 10年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/48493709

この記事へのトラックバック一覧です: 【日本ダービー】ダービー馬はダービー馬から:

コメント

山城守さんどうもです。
記事とは関係ありませんが、オフィサー抹消になってましたね。余生はどう過ごすんでしょうか?

投稿: もくに | 2010/06/06 9:17:42

>もくにさん

愛馬オフィサーは、5月23日(日)付にて競走馬登録を抹消。デビューから足かけ7年、通算51戦6勝と本当に息の長い競走生活にピリオドを打つことになりました。引退の理由は、栗東ステークスのレース中に負った後肢の外傷が直接のキッカケになったようです。
余生については「乗馬」ということで詳細不明ですが、そこはクラブにとっての功労馬。変な扱いを受ける心配はないでしょう。森厩舎からも「このタイミングでのんびりと余生を送らせてあげることが、本馬にとって最もハッピーな選択であるとの結論に至りました」とのコメントがあり、この言葉を額面通りに受け取ってもいいと思います。そんなわけですから、同馬の怪我も治癒して引退後の繋養先を確認できたら、「お疲れさま」の気持ちを伝えに、会いにいこうかとも考えています。
同馬の引退に関するエントリーについては、後日公開の予定です。
もう少し時間をください。

投稿: 山城守 | 2010/06/13 10:00:27

コメントを書く