« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/30

【日本ダービー】ダービー馬はダービー馬から

Victoire_pisa_at_satsuki_sho_2010

春の東京開催も6週目。開幕当初の芝は、NHKマイルのレコード決着が象徴しているように、スタミナやパワーといった要素があまり要求されない状態で、信じられないような高速時計が連発していたが、先週あたりからその様相も変わり常識的な馬場へと変貌しつつある。加えて前日の降雨。良発表でも適度に時計を要する芝がダービーの舞台になるのであれば、高速決着への対応力よりも、パワーや持久力、勝負根性といった競走馬としての総合力を重視して上位候補の絞り込みを進める必要があるだろう。
今年の場合、皐月賞の決着時計が2分とコンマ8秒。過去10年で3番目に遅いタイムなのだが、稍重で力の要る馬場のなかでの激戦だったことを思い起こせば、その価値を下げて考える必要はない。上位陣は、ダービーでもそのまま上位候補と評価できる。だが、4着ローズキングダムは中間に順調さを欠き、3着エイシンフラッシュも過去にダービー優勝実績のない外国産馬。2着ヒルノダムールは、馬体を減らした前走との比較で大幅なプラス体重での出走となるのがどうか?となれば、減点材料の最も少ないヴィクトワールピサこそ、ダービーでも本命候補と考えるのが、ひとまず定石だ。

対する青葉賞の勝ち馬ペルーサは、前々走でヒルノダムールを下しているのだから、能力的には皐月賞組と互角。ただし、その青葉賞が前述した極端な高速馬場だったことを思い起こせば、渋った馬場でそれを再現ができるか否かは微妙だろう。少なくとも、皐月賞馬と同等の評価で単勝1番人気というのは、人気先行気味ではないかと思える。
ダービー馬はダービー馬から」という格言もある。ゼンノロブロイを2着に下して二冠目を手にした父ネオユニヴァースの激走の再現を、ヴィクトワールピサにも期待してみたい。

<結論>
◎ヴィクトワールピサ
○ペルーサ
▲ヒルノダムール
△エイシンフラッシュ
×アリゼオ
×コスモファントム

5月 30, 2010 10年競馬予想・回顧 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/23

【オークス】小よく大を制す

Buena_vista_at_the_oaks4_2009桜花賞を制した後、オークスで2冠目に挑んだ牝馬は過去10年に7頭いるが、その着順は「2-1-2-2」(勝率29%)。5頭が馬券圏内に残ったとはいえ、テイエムオーシャンダンスインザムードといった名牝でもオークス制覇に手が届かなかったことを思えば、牝馬2冠達成というのは決して容易な課題でないのがわかる。

連覇を成し遂げた2頭(ブエナビスタ・スティルインラブ)に共通しているのは、ともにオークス出走時に440キロ台の馬体重であり、牝馬としては大きすぎず、小さすぎない馬格の持ち主であったということだ。実際に、過去10年のオークス優勝馬の平均馬体重は448.6キロ。484キロのムチムチの肢体で他を圧倒してみせたカワカミプリンセス1頭を例外とすれば、その馬格は450キロ前後のゾーンに集中している。小よく大を制す。マイラータイプに多い、筋肉質で雄大な馬格の持ち主は、苦戦を強いられるというのが近年のオークスの趨勢だ。484キロのレッドディザイア446キロのブエナビスタが差しきった昨年のレースなどは、その象徴的な結果を示していると言えるのかもしれない。
今年の桜花賞馬アパパネは、前走の馬体重が480キロ。母型の血統背景や引っ掛かる気性以上に、この馬格のサイズが同馬のマイラーとしての本質を示唆している。おそらく今回は470キロ台まで馬体をシェイブアップしてくるだろうが、それでも800メートルの距離延長に対応できるか否かは、微妙と言わざるを得ない。少なくとも、この馬の単勝馬券で勝負するのは危険と考えたほうがよいだろう。

開幕当初から極端な高速決着が続いてきた府中の芝も、昨夜からの降雨でスタミナを要求される度合いが高まってきているはず。上位候補は、450キロ前後の馬体重で、なおかつ距離延長に対応できる血統背景の有無も考慮し、絞り込んでいく必要がありそうだ。

<結論>
◎ショウリュウムーン
○サンテミリオン
▲アプリコットフィズ
△エーシンリターンズ
×アグネスワルツ
×コスモネモシン
×アパパネ
×オウケンサクラ

前日時点の単勝オッズではアパパネを押しのけ、1番人気に推されていたショウリュウムーン。当日になってからは2番人気の位置に落ち着いているが、なるほどよく考えてみると、今回は本命候補としての強調材料が多い。道悪実績内田博幸乗り替わり、前走のゴール寸前で見せた爆発的末脚。さらには、馬体重450キロ前後の典型的なオークスタイプであることも注目点として強調できる。初めての関東遠征に左回りコースの克服と課題もあるが、優勝候補として狙える1頭だろう。
サンテミリオンは、いつも馬体を大きく見せるタイプだが、実際の馬体重は450キロ台とコンパクト。好位を取れる脚質で、大外枠でも不安が少ない。スローペースからの決め手比べになれば、安定した取り口が強みが生きてきそう。
以下では、アプリコットフィズの東京コース適性とエーシンリターンズの意外性を評価したい。

当ブログひとくち出資馬のステラリードも、出走馬中最低人気と気楽な立場でこの大一番に臨む。サンデー系×ネイティブダンサーの血統背景は、チューニーチャペルコンサートといった過去の穴馬たちと共通しているので、その点が一縷の望みか?頑張って欲しい。

5月 23, 2010 10年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/16

今週はお休みします。

ヴィクトリアマイルは、主力2頭がともにドバイからの遠征直後。一騎打ちムードが濃厚でも、それが馬券に直結するか否かは半信半疑と言わざるを得ません。今週の予想はお休みします。

5月 16, 2010 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/09

【NHKマイルカップ】他とは別次元の競馬ができる馬

Jo_cappuccino_at_nhk_mile_cup_2009◎サンライズプリンス
○ダイワバーバリアン
▲リンダヴァル
△ダノンシャンティ
×エイシンアポロン
×レト
×キョウエイアシュラ



G1当日ですが、時間の都合で結論のみを手短に。
一連の前哨戦を振り返ってみると、今年の主役候補には、やはりサンライズプリンスを指名しないわけにはいかない。中山マイルの大外枠から出遅れながら終始強気の競馬で押し切った前走は圧巻のひと言。左回り実績と1分32秒台の持ち時計から、東京コースに舞台が変わっても不安は皆無だろう。ここでも、他とは別次元の競馬でゴールを先頭で駆け抜けるか。
これに対し、もう1頭の人気馬ダノンシャンティは、これまで4戦、スローペースの競馬しか経験していない。他を圧する脚力は認めても、レースへの対応力という点に死角が見え隠れしている。それなら、ニュージーランドT2着馬ダイワバーバリアンや皐月賞で好位を立ち回るセンスを示したリンダヴァルでも逆転の可能性があるのでは?と考え、上記の評価に。その他上位候補も、皐月賞・ニュージーランドT上位組を重視して馬券を購入してみようと考えている。

5月 9, 2010 10年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/02

【天皇賞・春】サンデーやトニービンでも大丈夫

Forgettable_at_2010_diamond_stakes近年の春天上位馬の顔ぶれを改めて眺めてみると、オペラハウスやフレンチディピュティなどノーザンダンサー系の産駒が幅を利かす一方、サンデーサイレンスの系統は案外劣勢という傾向が現れている。特に意外なのがダンスインザダーク産駒の戦績で、過去10年に出走した全15頭の着順は「0-0-1-14」。最高でも3着どまりと大不振を囲っている。菊花賞では3勝も記録しているステイヤー種牡馬が僅か1ハロンの距離延長に泣かされるとは思えないのだが、ダンスインザダークにとって春天が鬼門なのは紛れもない事実。サンデー系のなかで最も長距離色が強いダンスがこの体たらくとなれば、他のサンデー系種牡馬の戦績は推して知るべしだろう。
では、今年もサンデーを軽視してノーザン系から馬券を買えばよいのかといえば、それはいささか早計に思える。レースの展開やペースの緩急によって、年々の上位馬の傾向が異なっていることも考慮しなければならないからだ。
下表に示したとおり、過去10年のうち、ノーザンダンサー系が勝利しているのは、レース前・後半(1000メートル)のラップの差が2秒以内に納まったミドルペースの年に集中している。
これとは対照的に、前後半のラップ差が2秒以上のスローペース・上がりの競馬になった年には、サンデーサイレンス産駒が優勝を飾っている(例外は00年のテイエムオペラオー)。スタミナや持久力の絶対値を問われることのない展開なら、サンデーにも出番は回ってくるということだ。菊花賞を推定上がり33秒台の末脚で制したダンスインザダークにとっても、道中スローペースからの決め手勝負は望むところだろう。

Photo

ホクトスルタンが除外され、ミッキーぺトラゴールデンメインがレースを先導するとみられる今年は、おそらくスローペース必至。3角過ぎの坂の下りからペースアップが始まって、ゴールまで約800メートルの末脚勝負の展開になるのだろう。これなら、ある程度の持久力とキレを兼ね備えたサンデー(ダンスインザダーク)トニービン(ジャングルポケット)の系統でも十分勝負になる。ゴールまでの追い比べが長く続くことも視野に入れ、鞍上の腕っぷしも重視しながら上位候補を絞り込んでいきたい。

<結論>
◎フォゲッタブル
○ナムラクレセント
▲ジャガーメイル
△エアシェイディ
×メインストリーム
×マイネルキッツ
×トーセンクラウン

ダンスインザダーク産駒のフォゲッタブル母エアグルーヴ(トニービン×ノーザンテースト)の血統背景を考えても、本格的ステイヤーというイメージは薄く、昨年の有馬記念のようにハイペースの耐久戦になると一抹の不安は残るのだが、ステイヤーズSダイヤモンドSのように緩い流れになると、部類の強さを発揮してくる。この中間に囁かれていた状態不安も、現実に出走してくる以上、あまり気にする必要はないだろう。内田博幸の手腕込みで中心視したい。

相手候補の選択は、昨年の覇者マイネルキッツジャガーメイルよりも、穴っぽいところでナムラクレセントが面白い。現実に昨年の新潟戦(阿賀野川特別)では58.5キロのハンデを背負いながら、フォゲッタブル(53キロ)を5馬身突き放した実績がある。サンデー系のヤマニンセラフィム産駒だが、母系はサクラショウリの系統で、古き良き和風ステイヤーの味付けが施されている。ひと叩きされ本調子に戻っていれば、小牧太の無欲の追込が内田博幸を脅かすかもしれない。

5月 2, 2010 10年競馬予想・回顧 | | コメント (2) | トラックバック (0)