« 【皐月賞】スイートスポットは内から2~3頭分 | トップページ | 【天皇賞・春】サンデーやトニービンでも大丈夫 »

2010/04/25

【フローラS】試験問題は中距離適性

Saint_emillion_at_flower_cup◎サンテミリオン
○ブルーミングアレー
▲アグネスワルツ
△ベストクルーズ
×アマファソン
×フラムドール




距離が二千四百まで伸びる本番に向けて、3歳牝馬の中距離適性を問う一戦。マイル以下での持ち時計の速さやスピードよりも、道中タメを効かせ、上がりの競馬に対応できるか否かが勝負の分かれ目になる。
1番人気の支持を集めるサンテミリオンの過去3戦は、いずれも芝の中距離戦。デビューが遅かったせいもあろうが、明らかに桜花賞よりもオークスを意識したローテーションだ。重賞初挑戦となったフラワーカップでは、上位2頭からコンマ4秒差と着差をつけられてしまったが、これは直線入口で進路が塞がり仕掛けが遅れる不利が響いたもの。ラスト3ハロン12.1-11.7-11.1とゴールに近づくほど加速していく追込み不利の流れを3着まで追い上げた内容は、むしろ評価に値する。中距離戦のスローぺース・上がりの競馬への適性は疑う余地もなく、東京芝二千メートルへの舞台変更なら、更にやれそうだ。

これに続く2番人気は、休養明けでトライアルに参戦してきたアグネスワルツ。サンテミリオンと同じゼンノロブロイ産駒だが、こちらは対照的にマイル戦をスピードで押し切る戦法を身上としてきた。おそらく今回もハナを切っていくのだろうが、四百メートルの距離延長を意識するなら、道中のどこかで息を入れるタメ逃げにならざるを得ない。まだ経験していないそんなペースに自身が対応しきれるかどうか?過大な期待は禁物だろう。
中距離適性という一点に着目するなら、怖いのはブルーミングアレーだ。阪神の二千メートルで後の皐月賞3着馬とクビ差の競馬を演じた経験は大きい。サンテミリオンと叩き合う競馬に持ち込むことができれば、逆転の可能性まである。以下では、前走時にまだ本調子を欠いていたベストクルーズ、阪神外回り千八の君子蘭賞を差しきったアマファソン、同レースで2着したフラムドールあたりまでが、オークス行きの切符を手にする可能性があるのではないかと考えている。

4月 25, 2010 10年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/48176747

この記事へのトラックバック一覧です: 【フローラS】試験問題は中距離適性:

コメント

コメントを書く