« 【スプリングS】主役候補には逆らえないが | トップページ | 【ダービー卿CT】軸は手堅くヒモは手広く »

2010/03/28

【高松宮記念】荒れ馬場イコール外差し有利ではない

Kinshasa_no_kiseki春の中京開催も最終週。例年よりひと開催余計に使い込まれた芝コースでは、内ラチ沿い全体にかなりの傷みが広がっているようだ。週中の芝刈りとローラー整備で若干の修正がはかられるといっても、蓄積されたダメージはもはや隠しようもない。そんなわけだから高松宮記念も、スピードの絶対値や高速馬場での持ち時計の速さよりも、荒れ馬場を苦にせぬパワーやスタミナが問われる一戦になる。決着タイムは、おそらく1分8秒台の水準になるのだろう。
このような馬場状態を前提に予想を進めていくと、内の先行勢よりも外から伸びる差し馬が有利ではないか?と、ついつい考えたくなるけれど、事はそう単純には運ばない。最近2年のレース結果はいずれも、内の好位から抜け出してきた馬同士による決着。土曜中京の最終レースも、逃げ馬が後続を振り切る展開だったことを思えば、一概に外差し有利と決めてかかるわけにもいかない。内も外もほぼ均等に荒れている馬場状態のなかで平均ペースなら、内の好位勢は上がり3ハロンを34秒~35秒台の前半でまとめてくる。外から追い上げる各馬がこれを負かそうと思えば推定33秒台と、それこそデュランダル級の豪脚を使うことが要求されるわけだから、外差し有利の想定にはやはり無理がある。よほどのハイペースにならない限り、前崩れの決着になるとは思えず、前有利・内有利の見立てが基本だろう。

比較的内目の枠に先行馬が固まった感のある今年の出走メンバーのなかで、狙ってみたいのは6歳牝馬のアルティマトゥーレ。この枠順なら、2~3番手の理想的な位置取りでレースを運ぶことができそうだし、荒れ馬場を苦にするタイプでもない。シルクロードSでは、プレミアムボックスら後のオーシャンS上位勢に決定的着差をつけていることも強調材料。1番人気キンシャサノキセキとの力関係も、その事実から概ね推し量ることができる。
相手候補は、阪急杯組を重視。明け4歳の若手より、5~6歳のベテランが活躍しているレース傾向をふまえれば、サンカルロよりもエーシンフォワードなどを上位に取ってみたいところだ。

◎アルティマトゥーレ
○エーシンフォワード
▲キンシャサノキセキ
△サンカルロ
×トウショウカレッジ

3月 28, 2010 10年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/47929631

この記事へのトラックバック一覧です: 【高松宮記念】荒れ馬場イコール外差し有利ではない :

コメント

コメントを書く