« 【弥生賞】降れば降るほど決着は平穏に? | トップページ | 【スプリングS】主役候補には逆らえないが »

2010/03/14

【フィリーズレビュー】決め手よりも短距離適性を優先

Stellar_lead_with_mr_mori_at_kohbai

チューリップ賞フィリーズレビュー。同じく阪神競馬場を舞台に争われる桜花賞トライアルといっても、外回り・内回りの舞台設定が違うのだから、上位進出のために求められる適性も当然に異なってくる。前者はスローペースから直線を向いての決め手比べ、後者は前傾ラップがデフォルトのスピード勝負だ。より短距離向きの適性が問われ、道中のペースが沸騰すれば、前崩れによる波乱決着もありうる。
加えて、春開催3週目の馬場状態にも注意が必要。2週連続の雨で芝の内側は相当傷んでいるはずで、良馬場でも外からの差しが効くコンディションを想定に入れておくべき。
こうなると、当ブログひとくち出資馬ステラリードが直線外から一気に脚を伸ばし台頭する場面を期待したくなるが、オープン特別の紅梅Sでも掲示板を逃してしまう近況。けっして早熟タイプとは思わないけれど、現状G2挑戦で過大な期待は禁物なのかもしれない。
馬券の狙いは、その紅梅Sで外から長く良い脚を披露し4着まで浮上してきたレディアルバローザだ。展開次第で自在の位置取りを取れるセンスの良さとスピードを兼ね備えており、本質的には千二~千四の短距離がベストのタイプ。本番はともかく、トライアルなら優勝候補として注目すべき1頭だろう。

Lady_alba_rosa<結論>
◎レディアルバローザ
○テイラーバートン
▲ニシノモレッタ
△ラナンキュラス
×ステラリード
(当ブログひとくち出資馬)

3月 14, 2010 10年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/47806782

この記事へのトラックバック一覧です: 【フィリーズレビュー】決め手よりも短距離適性を優先:

コメント

コメントを書く