« 【フェブラリーS】内枠不利でも王者が強い | トップページ | 【弥生賞】降れば降るほど決着は平穏に? »

2010/02/28

【中山記念】一見、逃げ馬が優勢でも

Absolute_at_tokyo_shinbunhai_2010◎アブソリュート
○シャドウゲイト
▲ドリームサンデー
△ショウワモダン
×キングストリート
×セイクリッドバレー
×サニーサンデー



最近5年の優勝馬は、道中先頭~3番手の位置につけた逃げ・先行勢ばかり。G2中山記念は、基本的には前に行った者勝ちのレースだ。強力な先行馬がゴール前までハロン11秒台の速い足を使って粘るのだから、中団・後方から追い込むを目論む勢力は為す術もない。
しかも、今年の馬場は雨に祟られ道悪になることが確実。差し馬のキレが殺がれる状況になり、先行有利のトレンドはいっそう強調される可能性が高い。ちなみに、中山芝千八の重~不良発表時に逃げた馬の戦績を調べてみると「2-3-2-2」(07年以降)。連対率55%・3着内率78%とほぼ確実に馬券圏内に絡んできていることがわかった。こうなると、つい逃げ馬から馬券を買いたくなるのが人情というものだろう。だが、出馬表を見渡すと、そこで思わずハッと思考が止まってしまう。前走で逃げた馬が4頭、それ以外にも先行脚質の馬がズラリと揃っており、いったいどの馬が先手を取るのか皆目見当がつかないのだ。先行馬同士が競り合い共倒れになるほどのハイペースになることなくとも、けして楽な展開にはなるまい。それなら、中団からレースを進める馬たちにも上位進出のチャンスが膨らんでくる。
注目しておきたいのは、各馬の道悪適性だ。例えば、武豊騎乗で前日オッズ1番人気に推された上がり馬キングストリート。デビュー以来8戦のすべてが良馬場のレースで、道悪のなか果たしてどこまでやれるかは、未知数と言わざるを得ない。そのセンスの高さには非凡なものがあるけれど、先行各馬がラチ沿いに密集するなか、直線を巧く捌いて出てこれるか?という不安もある。

これに対し、道悪の芝で確かな実績を残しているのが、アブソリュートだ。力強く掻き込む前輪駆動の走法で、馬場が渋っても良馬場と変わらないパフォーマンスを発揮できる。過去にバランスオブゲームとのコンビで道悪の中山記念を制している田中勝春の経験値も魅力で、直線先行勢の脚勢が鈍るようなら、一気に浮上してくる場面があるかもしれない。
シャドウゲイトは、渋った馬場の耐久戦こそが活躍の舞台。58キロの負担重量と外目の枠順からの発馬で、ハナを奪うのは難しいだろうが、土曜競馬で確変状態に入った横山典の手綱捌きは、ここでも脅威となる。
以下では、前目に位置するドリームサンデーと、好位・中団から進むショウワモダン。ともに道悪では「」というべき戦績を残している。
また、高齢馬の活躍が目立つ近年の傾向のなか、サニーサンデーセイクリッドバレーら4歳勢の勢いがどこまで通用するかもレースの見所だが、本格的道悪馬場でのレース経験がない。ひとまずヒモ穴あたりの評価にとどめ、様子をみるのが得策だろう。

2月 28, 2010 10年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/47685141

この記事へのトラックバック一覧です: 【中山記念】一見、逃げ馬が優勢でも:

コメント

コメントを書く