« 【ラスベガス遠征09・10年】ホテルの名は「THEhotel」 | トップページ | 【ラスベガス遠征09・10年②】BJ必勝法は存在するか? »

2010/01/11

【フェアリーS】2歳女王を物差しにしてみると

Apapane_at_hanshin_jf_2009昨年の優勝馬(ジェルミナル)を輩出した阪神ジュベナイル組からの参戦はなく、出走メンバーの大半が1勝馬という、やや低調な顔ぶれ。人気のほうは、府中の新馬戦を好時計で快勝した素質馬アプリコットフィズと、年末の阪神で2勝目をマークした関西の刺客テーラーバートンがそれぞれ分け合う格好となっている。マイル戦の持ち時計を比較しても、この両頭が頭ひとつ抜け出している感があり、2強対決のムードが濃厚だ。
この2頭、2歳女王アパパネとの対戦履歴はないのだが、比較的近い時期に出走したレース(マイル戦)の走破時計を比較することで、アパパネを物差しにした力関係を推し量ることができる。
アプリコットフィズのデビュー戦(1分34秒7)は、赤松賞(1分34秒5)とコンマ2秒差。一方、テーラーバートンの前走(1分35秒0)阪神ジュベナイルF(1分34秒9)はコンマ1秒差と、両馬とも2歳女王と遜色のない時計を記録している。この事実からも、両馬が重賞ウイナーにふさわしい資格の持ち主であることが裏付けられよう。ただし、馬場状態の違いも考慮に入れ、時計の価値を評価し直してみると、よりハッキリとした力関係の違いが浮かび上がってくる。
アプリコットフィズの新馬戦はパンパンの良馬場(馬場差-1.1)でのスピード決着だったが、赤松賞当日は前日までの雨の影響が残り午前中は稍重のコンディション(馬場差-0.4)。すなわち、見た目の走破時計はほぼ同じでも、アプリコットはアパパネに対し、1秒近くのビハインドを負っているのだ。
(馬場差の数値は、グリーンチャンネル・先週の結果分析より引用)

これに対し、テーラーバートンが出走した阪神開催最終日の馬場差は0.0。阪神JFが施行された2週前(馬場差-0.1)とほぼ同じ時計の出方である。タイムの比較から推察してみると、もし、テーラーバートンが阪神ジュベナイルに出走していれば、アニメイトバイオベストクルーズらと互して、際どい2着争いを演じている可能性もあったわけで、この世代トップクラスの1角を担う存在という評価を与えてもよい。
アパパネ=>テーラーバートン>アプリコットフィズ。現時点におけるこの力関係の差は明白であり、アプリコットフィズと世代のトップを占める2頭との間には、およそ1秒近い時計の壁がある。伸びしろの大きさ・持ち時計短縮の可能性という意味でアプリコットフィズの魅力は大きくても、テーラーバートンとの格差を逆転できるほどの裏付けはないと言うべきだろう。素質の高さを買われ、単勝3倍台まで人気を集めているようなら、アプリコットフィズ=首位候補という仮説は、ひとまず疑ってかかったほうがよいかもしれない。

Kaho_max<結論>
◎テーラーバートン
○アプリコットフィズ
▲カホマックス
△コスモネモシン
×ナリタブルースター
×アドマイヤテンバ
×ディアアレトゥーサ



実質的に2歳女王と同格の時計を記録しているテーラーバートンの単勝を狙う。
すんなりと好位を取れるセンスの高さから、この大外枠もそれほど不利な材料とは思えない。早めに先頭を奪い、ゴールまで粘り込む競馬を期待する。
2強と他の出走馬との間には、かなりの格差があるのでは?という懸念は否めないが、3番手評価にカホマックスをピックアップ。控える策では味がないので、前へ前へと行くしかないのだが、先行有利・内有利の中山コースでそれが吉と出るかもしれない。

1月 11, 2010 10年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/47259883

この記事へのトラックバック一覧です: 【フェアリーS】2歳女王を物差しにしてみると:

» ナリタブルースター トラックバック ほぼ日刊ニュース速報
テイラーバートン実績は一歩リード 中山11R・フェアリーS 本社予想&出走表 5 初戦がセンスのいい勝ちっぷりだったロジフェローズ、ナリタブルースターも有力。2頭とも中山芝マイルに対応できる器用さがありそうで、狙い目十分。 ▽穴…メジロドーベル産駒のメジロオードリーも新馬戦の勝ちっぷりが上々。成長途上でも軽視は禁物。 (続きを読む) 「第26回フェアリーステークス(GIII)」枠順決定! 調教コメント映像をチェック! &lr... 続きを読む

受信: 2010/01/11 11:27:34

コメント

コメントを書く