« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/31

【根岸S】スピードよりもスタミナ優先

Fuji_view_from_tokyo_race_course_2東京競馬場ダートの砂厚設定は、一昨年までが8センチ、昨年の冬~春の開催の時期には8.5センチ、そして昨秋からは9センチと段階的に深さを増してきている。砂が深くなり、さらには冬場の乾燥した気候のなかでレースが行われるとなれば、当然、時計よりもパワー優先の競馬になる。例えば、土曜10レースの春望ステークス(準オープン・ダート千四)。昨年の決着タイムが脚抜きの良い馬場状態で1分23秒0だったのに対し、今年は1分24秒5と大幅に時計を要する結果になった。
最近2年がともに1分22秒台のスピード決着となった根岸ステークスも、例年の状況とは異なる状況で争われることになるだろう。決着タイムはおそらく1分23秒台。出走メンバーに先行タイプが多いことを考えると、直線の攻防も上がりを要する我慢比べの競馬になると想定しておきたい。先行勢も苦しいが、直線追い上げる差し・追込勢もなし崩しに脚を使わされ余力がないとなれば、狙いは前に位置するパワータイプ。スピード優先の千二を主戦場としてきた組よりも、千四以上の距離で実績のあるスタミナ型に注目してみたいところだ。

<結論>
◎ケイアイテンジン
○オーロマイスター
▲スーニ
△セイクリムズン

今回と同様、時計のかかる年末の阪神ダートで強い勝ち方を示しているケイアイテンジン。先行タイプは多くても、藤田鞍上のこの馬に無理やり競りかけていく馬はおそらくいないはずで、ここは前走の再現が可能とみる。
オーロマイスターは、砂厚9ミリでも比較的時計の速い京都のダートで前走快勝しているが、元々主戦場は中距離路線。自在に動ける機動力を考慮し、ここでも好走できる素地がありそう。
以下では、実績最上位のスーニと、距離延長で巻き返せそうなセイクリムズン武豊のサマーウインドは、千二と千四の競馬での落差が大きく、ここは楽観を許されないとみたがどうだろう。

1月 31, 2010 10年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/24

今週はお休み

都合により、今週の予想エントリはお休みします。
中山メインAJC杯は、昨春の天皇賞でお世話になった松岡マイネルキッツから。

1月 24, 2010 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/17

【紅梅S】けっして予断は許されないが

Stellar_lead_at_hanshin_jf◎ステラリード
○アイアムルビー
▲ワイルドラズベリー
△メイショウデイム
×ジュエルオブナイル
×トーホウシンバル




日曜日・京都9レースの2歳牝馬オープン特別・紅梅ステークスへと矛先を向けた愛馬・ステラリードを応援するため、当ブログ管理人も京都にやって来ました。
そのステラリード。相手弱化の今回は、頭ひとつ実績が抜け出している感もあって、本来なら軽く勝ち上がってほしいところだが、予想紙上の出馬表を見渡してみると、けっして予断は許されない
具体的には、年明け早々の3歳牝馬同士のレースに相応しく、気性が難しい若駒が複数出走していることが気になる。例えば、小倉の重賞ウイナー・ジュエルオブナイルは「口向きに課題が残る現状」だし、有力どころの1角トーホウシンバルなども「カリカリして」「当日の落ち着きが鍵」なのだという。ステラリード自身も、レース当日の落ち着きがほしいタイプであり、仮に、これらのいずれかが制御不能に陥ってしまうと、レースの行方は一気に波乱含みの様相を呈することになる。
(京都メインのG2・日経新春杯の予想は、当エントリの「続きを読む」で公開します)

加えて、今年の紅梅Sには、別路線のダート千二を優秀なタイムで勝ち上がってきた逃げ馬が2頭(アイアムルビーフライトオブスワン)参戦してきた。これら2頭が前半からガリガリと競り合いながら先導役を務めるなら、他の先行勢もハイペースのスピード競馬への対応を余儀なくされることだろう。内有利、逃げ・先行有利が基本の京都芝コースでも、前崩れによる差し・追い込み勢台頭の可能性を一考したほうがよいかもしれない。
マイルより、スプリント戦に近いそんな展開になれば、距離千二の函館2歳Sを制した経験が生きる。そう考え、ひとまずステラリードを本命視してみたが、愛馬と再びコンビを組む岩田騎手の手綱捌きにも注目してみたい。その岩田騎手、土曜の京都競馬では徹底してインを突く戦法に拘っており、結果的に進路が狭くなってしまう場面も何度か見られた。だが、速いペースで馬群がばらける展開になれば、そのこだわりが吉と転じそう。中団後方からでも、直線最内からスルスルと浮上してくることを期待してみよう。

Kyoto_2010メインレースの日経新春杯は、メンバー中屈指の京都巧者・サンライズマックスに注目。鳴尾記念の凡走で人気を落とすようなら、配当的妙味もちょっと期待できるかも。相手は、充実の4歳馬2頭(ベストメンバートップカミング)。
テイエムプリキュアの大逃げは、さすがに今回、後続のマークがきつくなる。

1月 17, 2010 10年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/01/15

【ラスベガス遠征09・10年②】BJ必勝法は存在するか?

Ny2_casinoはるばる極東の島国からラスベガスくんだりのカジノにまで遠征して、物言わぬスロットマシン相手にボタンを叩いているだけじゃ面白くない。スポーツブックのコーナーで馬券を買えるアメリカ競馬は確かに興味深いけれど、所詮は場外売り場。ライブの興奮とは縁遠く、夜が更ければ穴場もクローズしてしまう。24時間眠らない街でカジノを満喫しようと思うなら、トライすべきはテーブルゲームである。当ブログ管理人の専攻科目は月並みだけど、ブラックジャック(以下BJと略す)。彼の地では最もポピュラーなカードゲームであり、ルールをマスターするのも至って簡単だ。
ゲーム進行のスピードが速く、短時間のうちに数多くの賭けを繰り返すことができるのがBJの面白さであり、また怖さでもある。胴元による控除率(ハウスエッジ)は、だいたいにおいて1%未満。つまり、一見すると妙味の薄いイーブンマネー(配当2倍)の賭けでも、運の波に乗ってしまえば、わずか30分程度の勝負のうちに手持ち資金を大幅に増やせる可能性がある。反面、駒の上げ下げのタイミングを誤ってしまうと、あっという間に財布の中身を溶かしてしまうリスクとも背中合わせだ。

51s7pim91tl__bo2204203200_pisitbstiそれでは、少額の賭け金でちびちびと粘り強く打ち続けるのがいいのかといえば、そうではない。ダラダラと同じ金額でゲームの試行回数を重ねていくことは、ギャンブルの絶対法則「大数の法則」に飲み込まれる近道にほかならないからだ。わが国のギャンブル社会学の第一人者・谷岡一郎教授の言葉を借りれば、BJに限らずあらゆる賭け事で「一番早く確実に負ける」方法とは、「長時間」「同じ金額で」「低配当の」ギャンブルを根気よく打ち続ける、そのような賭け方なのだという(PHP新書「ツキの法則」より)。堅そうにみせる本命サイドの馬券ばかりを朝から夕方まで買い続けても、けっしてプラスになることはないという競馬場での経験則からも、納得のいく話だ。

結局のところ、BJの要諦とは駒の上げ下げ。すなわち、どこかで勝機到来のタイミングをみきわめ、ドーンと賭け金を釣りあげ勝負に出るしか勝ち残る道はない。だが、その判断が案外と難しい。これが例えば、競馬のような種目なら、出走馬の顔ぶれや枠順・コースなどの条件とオッズを天秤にかけ、目の前のレースの期待値の高さを経験的に推し量ることも可能なのだが、次の勝負でどんな札が配られるのか予測する術のないカードゲームの場合、そうはいかない。
期待値を予測するための必勝法として、映画「ラスベガスをぶっつぶせ」でも取り上げれたカード・カウンティングの技法をマスターする手もあるが、期待値が100%を超える場面はそう頻繁には到来しないため、結局、長時間ちびちびとした博打を打ち続けることを強いられる羽目になる。これでは、知らず知らずのうちに、大数の法則の魔の手に絡め取られてしまうのは必定だ。また、あまりに露骨にカウンティングをやっていると、カジノから出入り禁止のペナルティを食わされてしまうというリスクもある。

ラスベガスのBJ勝負卓で勝利を志すプレイヤーが心がけるべきは、自分なりの賭け金マネジメントの戦略を確立し、冷静かつ沈着に勝負の流れを読んでいくということ。それに尽きるだろう。今回の遠征で自分が採用した戦法は、谷岡教授も推奨する「心理的マネーマネジメント」という技法だ。「所持金を二倍以上に増やしたい」「長くギャンブルをプレイしたい」「大金を賭けて負けても、次は少額の賭けで楽しめる」という、それぞれに矛盾した命題をクリアすることも夢ではないというこの戦法の効果は、果たして如何に。
前置きが長くなったが、次回のエントリへと続きます。

1月 15, 2010 旅打ちコラム | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/11

【フェアリーS】2歳女王を物差しにしてみると

Apapane_at_hanshin_jf_2009昨年の優勝馬(ジェルミナル)を輩出した阪神ジュベナイル組からの参戦はなく、出走メンバーの大半が1勝馬という、やや低調な顔ぶれ。人気のほうは、府中の新馬戦を好時計で快勝した素質馬アプリコットフィズと、年末の阪神で2勝目をマークした関西の刺客テーラーバートンがそれぞれ分け合う格好となっている。マイル戦の持ち時計を比較しても、この両頭が頭ひとつ抜け出している感があり、2強対決のムードが濃厚だ。
この2頭、2歳女王アパパネとの対戦履歴はないのだが、比較的近い時期に出走したレース(マイル戦)の走破時計を比較することで、アパパネを物差しにした力関係を推し量ることができる。
アプリコットフィズのデビュー戦(1分34秒7)は、赤松賞(1分34秒5)とコンマ2秒差。一方、テーラーバートンの前走(1分35秒0)阪神ジュベナイルF(1分34秒9)はコンマ1秒差と、両馬とも2歳女王と遜色のない時計を記録している。この事実からも、両馬が重賞ウイナーにふさわしい資格の持ち主であることが裏付けられよう。ただし、馬場状態の違いも考慮に入れ、時計の価値を評価し直してみると、よりハッキリとした力関係の違いが浮かび上がってくる。
アプリコットフィズの新馬戦はパンパンの良馬場(馬場差-1.1)でのスピード決着だったが、赤松賞当日は前日までの雨の影響が残り午前中は稍重のコンディション(馬場差-0.4)。すなわち、見た目の走破時計はほぼ同じでも、アプリコットはアパパネに対し、1秒近くのビハインドを負っているのだ。
(馬場差の数値は、グリーンチャンネル・先週の結果分析より引用)

これに対し、テーラーバートンが出走した阪神開催最終日の馬場差は0.0。阪神JFが施行された2週前(馬場差-0.1)とほぼ同じ時計の出方である。タイムの比較から推察してみると、もし、テーラーバートンが阪神ジュベナイルに出走していれば、アニメイトバイオベストクルーズらと互して、際どい2着争いを演じている可能性もあったわけで、この世代トップクラスの1角を担う存在という評価を与えてもよい。
アパパネ=>テーラーバートン>アプリコットフィズ。現時点におけるこの力関係の差は明白であり、アプリコットフィズと世代のトップを占める2頭との間には、およそ1秒近い時計の壁がある。伸びしろの大きさ・持ち時計短縮の可能性という意味でアプリコットフィズの魅力は大きくても、テーラーバートンとの格差を逆転できるほどの裏付けはないと言うべきだろう。素質の高さを買われ、単勝3倍台まで人気を集めているようなら、アプリコットフィズ=首位候補という仮説は、ひとまず疑ってかかったほうがよいかもしれない。

Kaho_max<結論>
◎テーラーバートン
○アプリコットフィズ
▲カホマックス
△コスモネモシン
×ナリタブルースター
×アドマイヤテンバ
×ディアアレトゥーサ



実質的に2歳女王と同格の時計を記録しているテーラーバートンの単勝を狙う。
すんなりと好位を取れるセンスの高さから、この大外枠もそれほど不利な材料とは思えない。早めに先頭を奪い、ゴールまで粘り込む競馬を期待する。
2強と他の出走馬との間には、かなりの格差があるのでは?という懸念は否めないが、3番手評価にカホマックスをピックアップ。控える策では味がないので、前へ前へと行くしかないのだが、先行有利・内有利の中山コースでそれが吉と出るかもしれない。

1月 11, 2010 10年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/01/06

【ラスベガス遠征09・10年】ホテルの名は「THEhotel」

Las_vegas_0910_welcome当ブログ管理人にとって、年末年始といえば、やっぱりラスベガス。今年もまた、12月27日から年明けまで5泊7日の遠征を敢行してきた。現地での過ごし方といえば、1にカジノ・2にカジノ、3・4が無くて5にカジノ。スロットマシンとゲームテーブルの森の中を彷徨い、昼はスポーツブック(場外馬券)に、夜はBJ勝負(ブラックジャック)と、相も変わらずの博打三昧の日々を満喫してきた次第である。打って打たれ越しながら、ついでに年も越す。勝っても負けても、熱き血潮とアドレナリンが体中からみなぎってくる。
ラスベガスでしか体感できない、そんな気持ちの有様を、彼の地の楽しさを自分に教えてくれた先達・浅田次郎氏が上手く表現しているので、ここで少々拝借してみよう。

日本から引きずってきた日常はプッツリと切れ、常識はくつがえる。(仕事などバカくせえ。上司なんざクソくらえだ、女房がどうした。ガキが何だ)などという、日ごろ言いたくても言えぬ呪いの言葉が毒のように溢れ出し、とたんに人は日本人でもアメリカ人でもない、ラスベガンというろくでなしに成り下がる。
(浅田次郎著「オー・マイ・ガアッ!」より引用)

そう、まさしく自分は「ろくでなし」である。だけど、それがどうした。どんなに負けてもへこまされても、バンクロールの許す限り、清々しい気持ちでBJ勝負卓へと向かっていくのだ(これを称して人はラスベガス中毒という)。

Las_vegas_0910_thehotel_mandalay_baさて、そんな「ろくでなし」でも、海外旅行となれば休息場所の確保は必要だ。個性たっぷりのテーマに彩られた彼の地のホテルを選ぶ作業も、ラスベガス旅行の楽しみの一つなのだが、今回の旅打ちで、当ブログ管理人が投宿先に選んだのは、ストリップ(ラスベガス大通り)南端に位置するマンダレイベイの別館「THEhotel」である。


Las_vegas_0910_thehotel_lobby_spaceマンダレイベイといえば、南太平洋をモチーフにしたテーマホテルで、浅田氏の「オー・マイ・ガアッ!」の舞台として登場するホテル・バリ・ハイ・カジノ・アンド・リゾーツのモデルになったと思われる金ピカの巨大カジノだ。建物外観から受ける印象のとおり、明るく楽しく陽気に行こう!というムードが館内全体に横溢しているのだが、別館「THEhotel」(ジ・ホテルと発音する)はというと、そんな本館と全く趣きを異にしているのが面白い。

Las_vegas_0910_thehotel_suite本館のに対して、こちらは。あるいはに対する。黒と黄色を基調に斬新なデザインで統一されたロビー空間に流れているのは、カジノの喧噪と一線を画した静寂である。白熱灯がほんのりと灯る客室内も、ご覧のとおりシックなデザインでお洒落にまとめ上げられている。寝室とリビングが完全に分離されたこのスイートルームは、何と725平方フィート(67平米)の広さ。バスルームの浴槽も、全身を楽々と伸ばすことができる巨人仕様のサイズだ。ここがラスベガスでなければ、パークハイアットであるとかリッツカールトンのような都内の超高級ホテルに投宿しているのか?と錯覚してしまうほどで、一泊するといったい何万円請求されるのか、思わず財布の中身と相談したくなってしまいたくなるお部屋である。
どう考えてみても、一介の馬券オヤジとはあまりに不釣り合いな「THEhotel」。今回なぜこのお宿を選んだのかといえば、それはこの地がラスベガスだからというほかない。日本の感覚に照らしてみると、とにかくホテル代が安いのだ。

Las_vegas_0910_thehotel_suite_and_d宿泊代の相場は、時期によって大きく変動するけれど、年末年始5泊の滞在で当ブログ管理人が支払った宿泊代は、税金およびインターネット接続料込みで総額841ドル。一泊あたりに換算した料金は、約1万5千円とビジネスホテルに毛が生えた程度のお値段だった。カジノレートの恩典を受けたわけでもない一見のお客に、この価格でスイートルームを提供する気前のよさ。これこそがラスベガスの真骨頂というべきだろう。
THEhotel」の美点は、コストパフォーマンスばかりでない。エレベータを下りてから自室まで延々と歩かされる心配のないこぢんまりとした客室棟のサイズや、隣接するラクソーホテルや自走式駐車場(セルフパーキング)へのアクセスの良さは特筆もので、ここを起点にフットワークを効かせ、ラスベガスの街へと繰り出すには絶好の拠点となりうる。それだけでも、本館マンダレイではなく、別館のこちらを敢えて選択する理由は十分にある。

Las_vegas_0910_thehotel_mandalay__2こう書いていくと、まるで良いことずくめのようだが、宿泊期間を通じて、このホテルに不満が無かったわけでもない。例えば、部屋の備品として当然に用意されていると思っていたBrother 製のプリンター&FAX複合機がどこにも見あたらなかったことには、苦言を呈しておきたいと思う。
THEhotelの各室にはプリンターが備え付けられているので便利という情報は、地球の歩き方などガイドブックやラスベガス大全などの専門サイトにも記載されており、ノートPCを持ち込んでグーグルマップをプリントアウトすれば、どこでも行ってみたいところへの地図を出力できると期待していたのだが、実際に訪れてみると見事にアテがはずれてしまった格好になってしまった。ホテルのビジネスセンターに問い合わせてみても、レンタル用も含め、もうプリンターはありませんと、つれない回答が返ってくるだけ。さらには自分の拙い英語力が災いし、Printerという発音がなかなか先方に伝わらず、実にもどかしい思いをしたものだ。

とにもかくにも、このTHEhotelを拠点に大人の遊園地を彷徨い歩いた5日間の旅。今回も激闘になったBJ勝負卓での出来事を含め、1月のうちにぼちぼちと続編のエントリをまとめていきます。

1月 6, 2010 旅打ちコラム | | コメント (0) | トラックバック (0)