« 【JCダート】昨年よりも速い流れを味方に | トップページ | 今週はお休みします。 »

2009/12/13

【阪神ジュベナイルF】逆襲するは我にあり

Stelllar_lead_at_kyoto_fantasy_s2前々走の函館2歳ステークスでは1番人気、前走ファンタジーSでも2番人気の支持を集めていたステラリード(当ブログひとくち出資馬)の人気凋落ぶりが著しい。前日売り単勝オッズは9番人気の18.5倍。手元にある関西版・競馬ブックの馬柱を見ても、この馬の存在に注意を払う評者はどうやら皆無のようだ。前走まで手綱を取っていた主戦・岩田康誠が同馬に三行半を叩きつけ、シンメイフジを選択した事情があるとはいえ、重賞ウイナーに対する下馬評が無印評価とは、随分と軽く見られたものだ。
なるほど、掲示板を外したファンタジーSの結果は確かに物足りないものだった。さらには、追われて頭が高くなった最終追い切り。あの動きを見れば、この馬に食指が動かないという識者の気持ちも、理解できないことはない。
だが、そもそもスピードに乗ってからの頭の位置の高さは、この馬自身の走行フォームであり個性でもある。さほど気にすべきファクターではないだろう。加えてファンタジーSの内容についても、現場でレースを目撃していた者から言わせてもらえば、情状酌量の余地がある。レース前、テンションが上がってしまったのは、パドックの観衆を気にしていたというよりも、発送直前の落鉄による蹄鉄打ち直しの影響が大きかったはず。加えて、直線に入ってから前を塞がれ、いったんブレーキを踏んでから強引な進路変更を余儀なくされたことも、6着という不本意な着順に影響を及ぼしたというべきだろう。。何の不利も受けず大外からギュイーンと脚を伸ばしてきた勝ち馬タガノエリザベートとのタイム差は、それでもコンマ5秒。岩田の叱咤激励に応え、最後までレースを投げ出すことなく懸命に上位各馬との差を詰めてきたステラリードにとって、けっして逆転不可能な着差とは思えない。

Stelllar_lead_at_kyoto_fantasy_s_2G1初挑戦となる今回の強調材料は、新コンビを結成した鞍上ミルコ・デムーロだ。前・前の位置どりでも馬との折り合いをつけることができ、距離ロスを最小限に抑え内を捌ける技術がある。直線474メートルの阪神外回りコースでも、4角で大外を回るとみられる他の有力どころ(ラナンキュラス、タガノエリザベート、大外枠アパパネ)と比較すれば、それだけで2馬身以上のアドバンテージがあると言うべきだろう。岩田に対して失礼を承知で言わせてもらえば、「鞍上強化」というべき絶妙の配剤である。
阪神競馬場がリニューアルされて以降、苦戦が続いているファンタジーS組ではあるけれど、前走の敗戦を糧に愛馬が勇躍することを信じて、日曜日は仁川で現地観戦・応援の予定です。

Stelllar_lead_at_kyoto_fantasy_s3<結論>
◎ステラリード
○タガノエリザベート
▲ラナンキュラス
△アパパネ
×ベストクルーズ
×シンメイフジ
×アニメイトバイオ
注タガノガルーダ

12月 13, 2009 09年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/47006832

この記事へのトラックバック一覧です: 【阪神ジュベナイルF】逆襲するは我にあり:

» 血に注目 阪神JF トラックバック 雲國齊の無謀
12月の2週目は恒例の無料カレンダー配布。 今年はエイベックスとのコラボのようだ 続きを読む

受信: 2009/12/13 12:36:40

コメント

山城守さん。どうもです。
ほはていいさんも現地観戦とのことですが、ご一緒なんですか?
宝塚ホテルあたりで祝勝会できればいいですね。

投稿: もくに | 2009/12/13 8:26:23

あれれ、山城守さん阪神にいらしてたんですかw
帰宅して今気づきました。
もくにさんがおっしゃってますが私も金曜から遠征してました。

投稿: ほはてい | 2009/12/13 23:40:13

>もくにさん、ほはていさん

愛馬ステラリードのG1挑戦をお目当てに、ひさかたぶりに仁川まで足を伸ばしてきました。6レースあたりから観戦していましたが、8レースではユキチャン兄(こちらも白毛)の怒濤の追込が、場内を沸かせていましたね。
ほはていさんに連絡を入れようかとも思ったんですけど、おそらく指定席ですよね。こちらは地べたの一般席観戦だったので遠慮した次第です。

投稿: 山城守 | 2009/12/14 22:59:24

コメントを書く