« 今週はお休みします。 | トップページ | 【ラスベガス遠征09・10年】ホテルの名は「THEhotel」 »

2009/12/27

【有馬記念】ブエナビスタは届かない

Buena_vista_wa_todoka_nyai近年の有馬記念を振り返ってみると、スローペースの決め手比べといった競馬はすっかり影を潜め、淀みない流れを耐え抜く持久戦の様相が年々色濃くなっているように思える。昨年のペースメーカー・ダイワスカーレットが作り出したのは、前半1000メートル通過が推定59秒6、ラスト1000メートルの上がりが59秒8というタフな流れ。中盤に13秒台が2回続く局面があり、そこで僅かに息が入っているものの、テンもラストも11秒台が連続する激流のようなラップになった。この展開を早めに追い上げた有力各馬の脚色が、直線に入ると軒並み怪しくなって、ゴール前では総崩れ。結果、最後方から無欲の追込を見せた伏兵アドマイヤモナークが2着に浮上する波乱の決着になったことは、まだ記憶に新しい。
今年も、淀みないペースで飛ばすリーチザクラウンがレースを先導し、それをマツリダゴッホなどが早めに追撃する展開となる。すなわち、昨年と同様の耐久戦が再現される可能性は高い。さらにペースが沸騰し直線前崩れの状況になれば、3歳牝馬ながら1番人気を集める追込馬ブエナビスタにとって、お誂え向きの結果が用意されることになるかもしれない。だが、少し冷静になって考えてみれば、その可能性は案外と小さいことに気がつく。ハイペースの耐久戦での経験値が不足しているからだ。

例年、有馬記念においてペースアップが始まるのはレースの中盤、ラスト5ハロンから6ハロン目にかけての地点。中山競馬場のコース図と照らし併せてみると、2周目のバックストレッチ、ちょうどコースの勾配が下り坂になっている辺りから、13秒→12秒→11秒台へと徐々にペースが加速していくことがわかる。そこからゴールまで、およそ1000メートル以上も長く脚を使う競馬になるわけで、瞬時の加速性能で他を圧倒してきたブエナビスタにとって、未知の適性を問われるレースになる。
なるほど同馬は、エリザベス女王杯で坂下から動き出しゴールまで長く良い脚を使っているように見える。だが、先行2騎から20馬身以上も離されていた後続馬群のなかで、前半1000メートル通過はおそらく63秒程度のペースだったはず。前半戦にスタミナを温存できたからこそ、推定上がり3ハロン32秒9という脅威の末脚で追い込めたと言えないか?強力な先行勢がレースをテンから引っ張る有馬記念でそのような温いペースが再現されるはずもなく、今回はむしろ、前半からなし崩しに脚を使わされてしまう心配がある。
また、1枠2番・鞍上に横山典という条件から、インコースを捌いてスルスル浮上してくる競馬を期待したくもなるが、この馬の場合、ロスなく経済コースを捌いてこれるほどの器用さにも欠けている。勝負どころで内に包まれた秋華賞。4角で思わずブレーキを踏み、他馬と接触するアクシデントがあった前科には注意が必要だろう。
そもそも3歳牝馬が1番人気に押し出されるという状況が出ていること自体、今年は、立ち塞がる古馬の壁が例年よりも薄いと、誰もが考えている証だろう。それを逆手にとって、人気低下気味の3歳牡馬を主軸に馬券作戦を検討してみようかと考えている。

<結論>
◎アンライバルド
○リーチザクラウン
▲イコピコ
△ドリームジャーニー
×エアシェイディ
×マイネルキッツ

決め手不要の耐久戦で求められるのは、ある程度、前目の位置で競馬ができる自在性と枠順の利。昨年こそ枠連8・8の決着になったけれど、内回りコースを1周半する条件設定をふまえれば、内枠有利がやはりセオリーだろう。鞍上にミルコ・デムーロを迎え、最内枠を引いたアンライバルドにとって、今回はすべての条件が好転している。前半から淀みなく流れる展開で折り合いさえつけば、皐月賞の驚異的な勝ちっぷりを再現できる可能性はないか?
以下では、同世代牡馬の有力どころと、追い切りで抜群の動きを見せた古馬の大将格・ドリームジャーニーJC組では、府中の二千四百を2分23秒台前半で走破したエアシェイディマイネルキッツをマークしておきたい。

おまけ:「届かにゃい!!

12月 27, 2009 09年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/47125076

この記事へのトラックバック一覧です: 【有馬記念】ブエナビスタは届かない:

» 【競馬予想】有馬記念 トラックバック にたろうの退屈な日々
さ〜て。いよいよ今年のオーラス!有馬記念!◎ドリームジャーニー○ブエナビスタ★ミヤビランベリ☆イコピコ☆エアシェイディ☆マイネルキッツ☆セイウンワンダーやっぱり中山コースとの相性なら◎ドリームジャーニーになる。小回りの瞬発力勝負なら順当に。○ブエナビスタはヨコテンへの乗り替りが吉かどうか。微妙だ。穴なら★ミヤビランベリ。中山コースは1戦のみで中山金杯の3着。こなせないことはない。菊花賞ワンツーのダンスインザダーク産駒2頭は人気だが産駒の中山2500との相性は最悪で買う気はなし...... 続きを読む

受信: 2009/12/27 9:55:05

» 今週の重賞レース【有馬記念】直前情報 トラックバック 明日の勝利のつかみ方(JRA版)
有馬記念「一括投票」 有! 「過去に集中票を受けて、その期待に応えたことのある馬の信頼度は高い」「過去のG1で、前売り段階に400万以上の一括投票を受けた馬の信頼度は高い」... 有馬記念 kikyouya blog有馬記念ですが今日のkikyouyaの結論が見えてる賢明な読者の方がおられると思いますけど、、、たぶん、その通りですわ 4歳馬が出走しない異例の有馬。 難解ですね まず、ブエナビスタ、穴人気ならこれからいこうと思って...... 続きを読む

受信: 2009/12/27 12:11:08

コメント

コメントを書く