« 【マイルCS】カンパニーで大丈夫 | トップページ | 【JCダート】昨年よりも速い流れを味方に »

2009/11/29

【ジャパンカップ】外国人騎手の手綱に注目

Screen_hero_at_jc2008外国馬対日本馬というよりも、外国人騎手対日本人という構図で理解したほうが、その面白さを堪能できる一戦。
いや、もっとハッキリ言わせてもらえば、外国人騎手から馬券を買うべきレースだろう。過去5年の戦績を振り返ってみても、外人ジョッキーは3勝・2着3回と大暴れ。今年も北米収得賞金第1位騎手であるとか、2年連続英国リーディング獲得騎手など世界トップレベルの蒼々たる顔ぶれが揃い、名手たちの手綱捌きから目を離せないレースになりそうだ。
対する日本勢に目を転じてみると、こちらも地方競馬出身の豪腕が幅をきかせていたりして、中央競馬の生え抜き騎手は僅かに5人という寂しさ。自己主張の強い異分子だらけのレースとなれば、おそらくJRA競馬の常識であるとか不文律は通用しないと思ったほうがいい。実際、JRA生え抜き騎手で過去5年JC連対の実績を残したのは、武豊(06年ディープインパクト)・四位(08年ディープスカイ)の2例を数えるのみ。過去の実績に裏打ちされた貫禄だけで世界の強豪に互していけるほど、JCの舞台は甘くない。この一戦に限っていうなら、JRA騎手の実績評価は少々割り引いて考えたほうがよいだろう。
だが、速い時計への対応力を要求され、凱旋門賞を制した名馬といえど苦杯をなめることが珍しくない府中コースが舞台である以上、日本勢にとって地の利のようなものが働くのも、また事実。そこで注目してみたいのが、高速決着に対応可能な日本馬と、日本競馬を熟知した外国人による組み合わせである。
今年は、ウオッカ&ルメールインティライミ&スミヨン、そして昨年の覇者スクリーンヒーロー&デムーロという各コンビがこれに該当する。このうち馬自身の能力・実績が一枚落ちるスミヨンは消し評価でも問題ないが、ルメール・デムーロの両者には当然警戒が必要だろう。ちなみに、ウオッカと初コンビを結成するルメール騎手には、フランスのドキュメント番組のチームが先週から密着しているらしい(情報源は武豊騎手の日記)。果たして、クリストフ・マジックは、眠れるウオッカを再び覚醒へと導けるのだろうか?

ルメール騎手といえば、5年前のJCでコスモバルクに騎乗した際の競馬が印象に残る。当時まだ3歳で荒々しい気性がウィークポイントだった同馬を道中からピタリと折り合わせ、距離不安を見事に克服。直線に入ってから外国馬ポリシーメーカーとの叩き合いを差し返す粘りを引き出してみせた。あの魔術的な手綱さばきを味方につけることができれば、ウオッカ復活の目もないわけではない。
だが、彼女自身の近走の競馬を振り返ってみると、折り合い面では特に問題はない。むしろ道中のタメはしっかりと効いているが、ゴールに近づけばつくほど、淡泊な一面が顔をのぞかせることに敗因があるように思える。折り合いをつける柔の技術には長けていても、剛腕騎手というイメージのないルメールは、前走までウオッカの主戦をつとめていた武豊と同じようなタイプの騎手。とするなら、マジックへの過大な期待は禁物なのかもしれない。
これに対しミルコ・デムーロは、大外18番枠が少々気になるものの、同じコンビでJCを制した昨年の経験値を活かせる強みがある。道中のタメを効かす技術と最も合理的な進路を選択するとっさの判断力、そして追い出してからの豪腕ぶりが健在なら、注目しないわけにはいかないだろう。スクリーンヒーロー自身も、天皇賞秋ではウオッカに先着する粘りを示し、春のスランプから立ち直ってきた。過去のJCにおいて、同一馬による連覇こそないものの、ペリエデットーリなど同一騎手による複数年の優勝なら、その事例に事欠くことはない。日本での初騎乗から節目の10年目を迎える今シーズン。騎手として脂の乗りきったミルコ・マジックの再来を期待してみよう。

<結論>
◎スクリーンヒーロー(日)
○コンデュイット(英)
▲ウオッカ(日)
△オウケンブルースリ(日)
×マーシュサイド(米)
×ジャストアズウェル(米)
注レッドディザイア(日)
注エイシンデピュティ(日)

例年になくレベルが高いと噂される外国馬は、ムーア騎手の手綱込みでコンデュイットを最上位に評価。これ以外では、米国から参戦してくるマーシュサイドジャストアズウェルの両頭も無視できない。
対する日本勢は意外と手薄なメンバーで、上位進出の可能性を残しているのは上記の5頭くらいか?。地の利のある日本馬優位という先入観に囚われず、慎重に取捨選択を進めたほうがよいだろう。

11月 29, 2009 09年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/46886954

この記事へのトラックバック一覧です: 【ジャパンカップ】外国人騎手の手綱に注目:

コメント

コメントを書く