« 【セントライト記念】能力比較が横一線なら | トップページ | 【スプリンターズS】1分7秒台なら差し馬を警戒 »

2009/09/27

【オールカマー】新興勢力の意欲を買いたい

Singen_at_tokyo_paddock_2009◎シンゲン
○ドリームジャーニー
△マツリダゴッホ







中山コースでG1勝利をマークしている実績馬2頭(マツリダゴッホ、ドリームジャーニー)と重賞連覇の勢いに乗る新興勢力(シンゲン)による三つ巴の争い。これらの間に割って入るほどの伏兵は見あたらず、3強の序列づけが馬券予想の焦点になる。
実績馬2頭に関して評価するなら、マツリダゴッホは昨秋のJC以来のレース内容に不満が残る。4角まで強気に位置取りを押し上げても、直線に入ってから粘りを欠くワンパターンの競馬ばかりで、往年の力はもう期待できないのかもしれない。ドリームジャーニーは5歳にして本格化した感があるが、今回は負担重量59kgを背負う。G1戦線に向けてここは試走の場であり、無理をする場面ではないだろう。
これら実績馬に対して、シンゲンは挑戦者の立場。目標の天皇賞出走に向け、収得賞金の水準はボーダーライン上にあるものと思われ、勝利に対するモチベーションが高い。本来なら得意の府中開催まで待機すればよいのに、わざわざ秋初戦にこのレースを選んできたこと自体、意欲の表れと解釈することもできよう。中山での実績がないことを不安視する見方もあるようだが、マギレの少ない大回り二千二百のコース。シンゲン自身も自在性のある脚質の持ち主であり、おそらく適性に不安はない。
最終的に3倍以上つくようなら、単勝で勝負してもよいかと考えている。

9月 27, 2009 09年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/46324266

この記事へのトラックバック一覧です: 【オールカマー】新興勢力の意欲を買いたい:

コメント

コメントを書く