« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/27

【オールカマー】新興勢力の意欲を買いたい

Singen_at_tokyo_paddock_2009◎シンゲン
○ドリームジャーニー
△マツリダゴッホ







中山コースでG1勝利をマークしている実績馬2頭(マツリダゴッホ、ドリームジャーニー)と重賞連覇の勢いに乗る新興勢力(シンゲン)による三つ巴の争い。これらの間に割って入るほどの伏兵は見あたらず、3強の序列づけが馬券予想の焦点になる。
実績馬2頭に関して評価するなら、マツリダゴッホは昨秋のJC以来のレース内容に不満が残る。4角まで強気に位置取りを押し上げても、直線に入ってから粘りを欠くワンパターンの競馬ばかりで、往年の力はもう期待できないのかもしれない。ドリームジャーニーは5歳にして本格化した感があるが、今回は負担重量59kgを背負う。G1戦線に向けてここは試走の場であり、無理をする場面ではないだろう。
これら実績馬に対して、シンゲンは挑戦者の立場。目標の天皇賞出走に向け、収得賞金の水準はボーダーライン上にあるものと思われ、勝利に対するモチベーションが高い。本来なら得意の府中開催まで待機すればよいのに、わざわざ秋初戦にこのレースを選んできたこと自体、意欲の表れと解釈することもできよう。中山での実績がないことを不安視する見方もあるようだが、マギレの少ない大回り二千二百のコース。シンゲン自身も自在性のある脚質の持ち主であり、おそらく適性に不安はない。
最終的に3倍以上つくようなら、単勝で勝負してもよいかと考えている。

9月 27, 2009 09年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/20

【セントライト記念】能力比較が横一線なら

Photo春の主役を張った世代のトップクラスが次週の神戸新聞杯のほうに回るせいで、関東の菊花賞トライアルはセカンドクラス同士の争い。クラシック出走組から夏の上がり馬まで入り乱れたフルゲート18頭の大混戦ムードで、実際、どこからでも馬券を買えそうな雰囲気だ。能力比較では横一線という印象を受けるが、となると馬券作成のヒントは、各馬の実績や能力以外のファクターに求めた方がよいのかもしれない。
例えば、枠順。セントライト記念の舞台となる中山・芝二千二百は、おむすび型にレイアウトされた外回りコース全体を大きく周回していくので、道中で外・外を通ったときの距離ロスがバカにならない。また、通過時に減速する必要のない緩やかなカーブで、早め早めのロングスパートを強いられる分、外枠の差し馬にとっては、道中からなし崩しに脚を使わされてしまうというリスクもある。特にフルゲートに近い頭数が揃うレースでは、外枠(15番枠から外)の差しタイプが不利という傾向は明々白々であり、今回もナカヤマフェスタマッハヴェロシティなど外の有力どころは、本命候補からひとまず除外してもよいのではないか。
狙ってみたいのは、好位の内で脚をためることができる器用さがあり、内~真ん中の枠順に恵まれたタイプだ。これに該当するのが、3連勝中の上がり馬アドマイヤメジャーなのだが、前日売り単勝オッズがまさかの1番人気。休み明け、しかも初の中山コース・長距離輸送という条件下で、人気に見合うほどの信頼が置けるかは未知数であり、この馬を本命視するのもまた難しい選択になってしまう。枠順以外に、コース経験などにも目配りをして、上位候補を絞っていく必要があるだろう。

<結論>
◎セイクリッドバレー
○ヒカルマイステージ
▲ゴールデンチケット
△アドマイヤメジャー
注ナカヤマフェスタ
注マッハヴェロシティ

春シーズンの中山同コース(水仙賞)の経験値を重視して、セイクリッドバレーを本命・ヒカルマイステージを対抗に推す。菊本番で世代トップクラスに対抗できるか否かは微妙でも、セカンドクラスのなかでは大威張りできる実績の持ち主。良馬場の時計勝負になれば、新潟夏競馬で積んだ経験を生かすこともできるだろう。以下では、ゴールデンチケット。先行有利の良馬場という舞台設定を考えると、すんなり先手を取れた場合の粘り込みに注意が必要だろう。

9月 20, 2009 09年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/13

【京成杯オータムH】外から来る大本命を迎え撃つ者

Hikaru_oozora_at_epsom_cup_2009◎ヒカルオオゾラ
○ザレマ
▲サイレントプライド
△マイネルスケルツィ
×ケイアイライジン
×エフティマイア




夏の上がり馬の挑戦もなく、秋競馬の開幕を飾る重賞にしては少々手薄なメンバー構成になった。この程度の相手関係なら、大本命馬ヒカルオオゾラの優位はおそらく動かない。高い素質を持ちながら重賞では2着続きと、ここ一番の勝負弱さに泣いてきたが、けっして相手なりの競馬しかできないタイプではない。自分の能力はキッチリは出し切る馬で、開幕馬場で1分32秒台の時計勝負になっても大丈夫。普通に力を出せば、普通に勝てるレースとみるべきだろう。
同馬にとっては積年の課題だった折り合い面でも近走一応の進境をみせているので、あとは道中の位置取りがポイントになる。前走のように極端な後方待機はないと思うが、6枠11番からの発走なら、武豊騎手はおそらく距離ロス覚悟で、外・外を回していく安全運転の策を選択してくる。外からやって来る大本命馬に、経済コースの内で脚をためる各馬がどこまで抵抗できるか?それが、このレースの見どころになるのだろう。
得意の右回りコースで一歩先に抜け出しをはかるマイネルスケルツィ、桜花賞のようなレースができれば面白いエフティマイア、古馬との初対決で未知の魅力を秘めたケイアイライジン。これらの各馬が対抗格の候補といえるが、いずれも一瞬の鋭い脚がセールスポイントであるとは言い難いタイプで、ヒカルオオゾラに抵抗しきるのは難しそう。対抗としては、ちょっと役不足という感は拭えない。
ならば、ここは素直に実績上位のザレマサイレントプライドを対抗格として信頼したほうがよい。前者は太めを叩いての距離短縮、後者はリフレッシュ休養明けと、今回は好走条件が揃った。内田博・横山典という鞍上の手腕と経験値にも魅力がある。
馬券は、大本命馬とこれら2頭の組み合わせによる3連単もしくは3連複2頭軸が狙い目か?ハンデ戦でもあり、3着候補は手広く押さえておきたいところだ。

9月 13, 2009 09年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (0)