« 【新潟NST賞】鉄板・大本命馬を信頼できるか? | トップページ | 【函館2歳S写真】ステラリード 凜とした勇姿 »

2009/08/09

【函館2歳S】新潟より愛をこめて

今週もまた新潟にやって来ました。
メインレースには名物重賞・関屋記念が組まれているが、むしろ注目したいのは、札幌で行われる函館2歳ステークスのほう。当ブログひとくち出資馬・ステラリード岩田騎手とのコンビで出走、しかも有力どころの一角として人気を集めているとなれば、いやがうえにも期待は高まる。

Stelllar_lead_debut_at_sapporo◎ステラリード
(当ブログひとくち出資馬)
○クロワラモー
▲コスモソルスティス
△バトルレッド
×キョウエイアシュラ




愛馬ステラリードが勝ち上がったデビュー戦は、いわゆる高レベルレース。スペシャルウィーク産駒が上位を独占して話題を集めた一戦だったが、当時の2着クロワラモーを筆頭に出走各馬が2戦目以降も大活躍している。開催を通して最もメンバーが揃った新馬戦だったと解釈できるし、1分10秒ゼロの勝ち時計も優秀な水準だ。ラベンダー賞でワン・ツーを占めたキョウエイアシュラチェリーソウマよりも、愛馬のほうが能力的に上位と考えることには、単なる身贔屓ではない理由がある。
ステラリードにとって今回の課題は、1枠1番からの発走に無事対応できるかどうかに尽きるだろう。多頭数16頭によるレースだけに、内で包まれて脚を余してしまうリスクもないわけではない。だが、大回りの3~4角で外を回す距離ロスがない分、むしろ有利な材料とも考え得る。名手・岩田康誠の手腕に期待したいところだ。
以下では、好敵手クロワラモーと、最近になって進境著しい丸田恭介騎乗の伏兵コスモソルスティス、先週愛馬と同タイムで勝ち上がってきたバトルレッドに注目してみたい。
現地観戦の関屋記念は、ヒカルオオゾラ。栗東でハードな調教を消化してきた今回、久々でも仕上がりに不安はないはずだ。

8月 9, 2009 09年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/45875108

この記事へのトラックバック一覧です: 【函館2歳S】新潟より愛をこめて:

コメント

ステラリード号優勝おめでとうございます。
新馬戦のタイムが良かったんで有望視されていましたが、一番人気に応えての勝利はまた格別だったでしょう。
前日は須坂屋で盛り上がったそうですが、祝勝会もなさったんでしょうか?

投稿: もくに | 2009/08/10 4:27:26

もくにさん、コメントありがとうございます。
ひとくち馬主ライフを開始してから苦節6年。初の重賞勝利をウェルシュステラの娘・ステラリードがプレゼントしてくれました。新潟競馬場からの観戦でしたから口取り表彰の権利はありませんが、A指定席で「バンザイ!バンザイ!」を連呼。隣のほはていさんとも、ガッチリ握手を交わしてきました。
クラブからの情報によれば、ステラリードの今後は「王道路線を歩んでいく」「まず狙うは“2歳女王”の座」とのこと。夏場を休養に充て、秋の京都戦あたりからの復帰になるのでしょう。弱小ひとくち馬主の私にとって、愛馬がクラシック路線に乗るのは初めての経験です。まだ見ぬ強敵たちを相手に、愛馬がどこまで頑張れるか?今後も大いに注目していきたいですね。

投稿: 山城守 | 2009/08/10 22:36:10

コメントを書く