« 【アイビスサマーD】直線競馬初挑戦の牝馬に注目 | トップページ | 【新潟NST賞】鉄板・大本命馬を信頼できるか? »

2009/07/26

【新潟・日本海S】ニアリーイコール平坦小回り

Nii_gotta_chance_2新潟競馬場の芝コースといえば、スタンドの位置する場所から4角あたりが霞んで見えるほど直線が長いという印象が強いけれど、それは直線659メートルを擁する外回りコースでの話。日曜日の新潟メイン・日本海ステークスの舞台となる芝二千二百コースは、コーナー4回を通過する内回りのレイアウト。ゴール前の直線走路の長さは359メートルと、外回りコースの半分程度でしかない。それでも福島や小倉の短い直線に比べれば長いことに違いはないのだが、その差は僅かに60メートル程度。基本的には、平坦小回りコースの仲間に分類すべきコースだろう。
平坦・コーナー4回・比較的短い直線というレイアウトは、レースの決着傾向にも影響を及ぼしている。06年以降、内回り二千二百で施行された全レースの戦績を確認してみると、逃げ・先行タイプの優勝したケースが全体の7割以上を占めており、先行有利の傾向が顕著だ。ちなみに、外回り二千メートルの条件で同じデータを拾い直してみると、逃げ・先行勢が優勝している事例は約3割に過ぎなかった。同じ芝コースといっても、内回りと外回りの決着傾向は、まさしく対照的といえる。
出走馬の前走というファクターに注目してみても、内回り二千二百の場合は、福島や小倉など小回りコースから転戦してくる競走馬の活躍が目立っている。前走・阪神組も、オウケンブルースリゴールデンメインなど後に重賞で活躍する実力馬を例外とすれば、前走外回り組より内回りコースに出走してきた馬のほうが優勢という傾向が出ているようだ。すなわち、長い直線を速い上がりで駆け抜ける性能や競走馬としてもスケール感よりも、先行力や器用さが要求されるコースと考えるべきだろう。
新潟内回り、ニアリーイコール平坦小回りコース。4回のコーナーを巧みに立ち回って後続の末脚を封じてしまう器用さを備えたタイプに注目して、上位候補を絞り込んでいきたい。

<結論>
◎アサティスボーイ
○サンライズベガ
▲アグネススターチ
△ゴールデンダリア
×フサイチアソート
×シゲルタック

騎手というファクターから新潟・内回り二千二百の特徴をみると、このコースとの相性が良い上位3傑は、田中勝(06年以降の連対率46%)、内田博(同40%)、江田照(同37.5%)。ただし勝春の場合、昨シーズン以降の連対実績は1回のみと、いささか相性の良さが薄れてきた感がある。ならば、残し2名の手綱捌きに注目するのが道理。ウチパク・サンライズベガエダテル・アサティスボーイの有力馬2頭は、小回りコースへの適性も含め、当然注目すべき存在になる。ただし、前者サンライズベガは今回がテン乗り。ハンデ1キロの差も考慮するなら、昇級アサティスボーイが本命でよい。
以下では、叩き3戦目のG22着馬・ゴールデンダリアにも敬意を表すべきだが、単騎で行ける展開から、アグネススターチの逃げを軽視できない。フサイチアソートは、今回、函館競馬場での調整から新潟に入厩。小柄なタイプだけに馬体を維持できているか否かを直前に確認しておきたい。

7月 26, 2009 09年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/45741243

この記事へのトラックバック一覧です: 【新潟・日本海S】ニアリーイコール平坦小回り:

コメント

こんにちは。地方・中央問わず、様々な話題が楽しいですね。
また立ち寄らせていただきます。
盛岡競馬で思い出しましたが、先日書店で東北の話題が載ったちょっと面白い本を見つけました。
『地方競馬の黄金時代』というタイトルの本です。
メイセイオペラやトウケイニセイなどの東北の名馬の話題が紹介されています。
名勝負のコーナーでは、SGのみちのく大賞典やトウケイ×ライブリの南部杯などの各地の名レースが、当時の新聞(馬柱)で再現されています。
また、以前にこのブログでも紹介されていた、高崎や東北ファンには馴染み深い上山、益田などの廃止になった競馬場の現在の様子がカラーページで紹介されています。
と、まあこんな感じの本です。
おいらのような地方競馬ファンにはなかなか楽しめる内容でした。
参考になりますかどうかはわかりませんが、良かったらAmazonや書店で探してみて下さい。
ではまた書き込みさせていただきます。

投稿: 盛岡ダ777 | 2009/07/28 15:55:35

コメントを書く