« 【福島テレビOP】前走からの距離短縮組を狙い打て | トップページ | ウェルシュステラとミスティーク »

2009/06/28

【宝塚記念】内回り距離二千のような競馬になるかも

Deep_sky_2008_at_tokyo過去10年間のうち阪神で行われた9回のレースで、優勝馬が記録した上がり3ハロンタイムの平均値が「35秒8」。この数値が象徴しているように、瞬発力やキレよりも底力の有無が問われる消耗戦という印象が強い宝塚記念だが、今年はちょっと様相が異なる。14頭の出走馬を見渡してみても、典型的逃げ馬が見あたらない。おそらくインティライミかアドマイヤフジあたりが押し出され気味にハナに立つのだろうが、どの馬が逃げようと1コーナーまでにスンナリと隊列は決まる。こうなるとスローペース気味の展開になるのは必至で、道中のタメやラストの決め手が重視される競馬になると思うのだ。
同じ阪神内回りでも、スローペースになることが多い距離二千メートルのコースでレースが行われるとイメージしてみると、展開予想はわかりやすくなる。すなわち、土曜日の鶴橋特別京橋特別のように、内目の好位置を確保した先行タイプが直線に入っても速い上がりを繰り出し、外を回す差し馬の追撃を封じてしまう競馬が宝塚記念でも再現される可能性がある。現役トップクラスが顔を揃えるG1と条件戦を単純比較することはできないけれど、春競馬のシーズンを通して温存されてきたAコース・ラチ沿いの芝はまだまだ健在。外を回す差し馬よりも、道中内・内の進路をピッタリと通ってきた伏兵が直線で意外な粘りを発揮する可能性に注意を払っておきたいところだ。

<結論>
◎ディープスカイ
○マイネルキッツ
▲アルナスライン
△サクラメガワンダー
×カンパニー

ダービー以来、およそ1年ぶりのビッグタイトルを狙う大本命馬ディープスカイにとって、スローペースの決め手勝負は本来望むところ。安田記念2着馬は過去10年宝塚記念に3頭出走しているが(グラスワンダー、ダンツフレーム、スイープトウショウ)、そのすべてが宝塚記念で優勝を飾っているという心強いデータもある。おそらく馬券の対象から外れるような凡走の心配はないと思うが、単勝1倍台の人気に見合う頭鉄板の評価を与えられるかといえば微妙。他馬との間に、そこまでの力差はない。
あっと言わせるなら、内々を通るコース利を最大限生かすタイプだろう。マイネルキッツは天皇賞当時と同様に栗東滞在でじっくりと調整。この組み合わせならラチ沿いの定位置をスンナリ確保できそうで、前走の再現が有り得る。以下では、好位を立ち回れそうなアルナスラインサクラメガワンダー。鞍上が岩田康誠に替わるカンパニーも、思い切った先行策を取るようなら上位進出の目があるかもしれない。

6月 28, 2009 09年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/45475678

この記事へのトラックバック一覧です: 【宝塚記念】内回り距離二千のような競馬になるかも:

コメント

コメントを書く