« 【オークス】単勝1倍台の桜花賞馬は勝てない? | トップページ | 【安田記念】今年は堅く納まりそう »

2009/05/31

【日本ダービー】強さと脆さは両刃の剣

Apres_un_reve_at_aoba_sho_2009近年のダービー優勝馬が本番に至るまで歩んできたローテーションを振り返ってみると、前走はすべてG1レース、具体的には皐月賞かマイルのG1(NHKマイルC・桜花賞)に出走し、最悪でも3着以内の成績を残してきている。
G1・4着以下からの巻き返しは99年のアドマイヤベガ(皐月賞6着)、別路線組からの戴冠は00年のアグネスフライト(前走・京都新聞杯1着)を最後に実績が途絶。つまり、最近8年に限っていうなら「前走G1で勝ち負け」を演じていることが、ダービーで栄光を掴むための必要条件となっているようだ。
この仮説が今年も繰り返されるなら、ダービー優勝の資格をもつのは皐月賞1~3着馬、もしくはNHKマイルCの覇者ジョーカプチーノの4頭に限られることになる。なかでも優勝候補の最右翼と目されるのは、皐月賞馬アンライバルドだろう。ハイペースの展開に恵まれたとはいえ、大外をブン回しながら先行馬群を一気に突きはなしたあの決め手は、見る者すべてに強い印象を残した。兄は96年のダービー馬フサイチコンコルド母父Sadler's Wellsから供給される良質のスタミナを思えば、2ハロンの距離延長を苦にするとも思えない。
だが、皐月賞では豪快な差しきりを演じてきた有力馬であっても、府中の長い直線になると意外に伸びあぐむシーンが有るというのも、ダービーの歴史が教えてくれる教訓だ。

93年のナリタタイシン、99年のテイエムオペラーはともに3着。アンライバルドと同じ外マクリの戦法で皐月賞で快勝したエアシャカールも、00年のダービーではゴール寸前で「河内の夢」の軍門に下ってしまった。まさしく目にも鮮やかな末脚は両刃の剣
ましてアンライバルドの場合、脆い気性という爆弾を抱えた競走馬である。この点に冠しては「ひとつ歯車が狂うと最悪の結果も考えられる馬」(週刊競馬ブック・友道調教師のコメント)と、陣営も不安を隠さない。ダービーの発走ゲートが置かれるメモリアルスタンド前は、皐月賞のスタート地点と比べ大観衆に近い場所であるというのも気になる。競馬の祭典の喧噪が、大本命馬の精神にいったいどのような影響を及ぼすことか?それこそ最悪の場合には、何らかのアクシデントに見舞われる可能性も皆無ではなかろう。
部類の強さと脆さが同居する大本命馬とどう付き合うか。それが今年のダービーでの馬券作戦のポイントになる。アンライバルドを負かせるかどうかはわからないが、より確実に上位に食い込んできそうな堅実タイプを本命に複勝系の馬券で勝負することを考えている。

<結論>
◎アプレザンレーヴ
○アンライバルド
▲トライアンフマーチ
△リーチザクラウン
×ロジユニヴァース
×トップカミング
×ジョーカプチーノ
×セイウンワンダー
×シェーンバルト

父シンボリクリスエスと同様、青葉賞からダービーに駒を進めてきたアプレザンレーヴに注目してみる。2分26秒2という前走の走破時計にあまり価値を見いだすことはできないが、それでも同時期に父が記録してきた水準はクリア。他馬が来るとギアが変わる末脚の性能はいかにも府中コース向きで、道悪克服の実績もある。少なくとも3着は外さない堅実さを買って3連複の軸に指名したい。
以下では、やはり皐月賞組。なかでも巻き返しの可能性があるのは、ハイペースの展開によるダメージが最も大きかったリーチザクラウンではないか。この馬とジョーカプチーノのどちらが先手を取るかは読み切れないが、上位3頭のうち1頭はインで粘る先行馬という可能性は視野に入れておきたい。G1でも相手なりにやれる可能性を残すトップカミングなども、3着候補なら一考すべきだろう。

5月 31, 2009 09年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/45186305

この記事へのトラックバック一覧です: 【日本ダービー】強さと脆さは両刃の剣:

» 東京優駿、目黒記念の予想 トラックバック 風を追いかけて
東京優駿 ◎ 18番 アンライバルド ○ 2番 アプレザンレーヴ ▲ 1番 ロ... 続きを読む

受信: 2009/05/31 11:00:30

コメント

コメントを書く