« 【桜花賞】2着候補は前にいる | トップページ | 【フローラS】中距離経験ある「共学タイプ」に注目 »

2009/04/19

【皐月賞】3強対決、飛ぶのはこの馬

The_satsuki_sho_2009アンライバルド
いわゆる3強のうち、これまで戦歴から判断して不安材料が露わになっているのはこの馬ではないかと考えている。デビュー以来4走のすべてがスローペース。道中12秒前後のラップが連続する淀みない流れになったときの経験値がゼロに等しいのだ。


本番になれば前哨戦より道中のペースが厳しくなるのは当然想定すべきこと。今年も、リーチザクラウンを筆頭に強力な先行勢がレースを主導する。おそらく道中のラップは、緩急の差が少ない淡々とした展開となって、勝負所からスタミナと持久力が問われる耐久戦の様相を呈すことだろう。折り合いに課題を残すアンライバルドにとって、淀みない流れは歓迎という見方もありうるが、前半から中盤を気分よく走ってしまえば、その分ラストの爆発力は減殺されてしまう可能性もありうる。前走で見せたような目の覚めるような末脚を温存できるか否かは未知数というほかない。前に壁を作れず、最後まで外・外を回されそうなこの枠順も不安材料だ。
かくして3強の一角が崩れるとなれば、残る2強が健在でも伏兵の台頭による中波乱までは当然想定しておく必要がある。前哨戦で力を発揮できなかった馬の巻き返しも含め、ヒモ穴探しはある程度手広く考えたほうが無難なレースなのかもしれない。

<結論>
◎リーチザクラウン
○ロジユニヴァース
×トライアンフマーチ
×ナカヤマフェスタ
×ゴールデンチケット
×アーリーロブスト
×フィフスペトル
×セイウンワンダー

2強が形成する2頭軸からヒモ穴各馬への3連複が一応の本線。だが配当妙味を考慮すると、面白いのは2番人気リーチザクラウンの単勝馬券なのかもしれない。前々のポジションでレースの流れを支配できるこの馬にとって、大外18番枠はむしろ歓迎すべき材料。道中や直線でもラチに頼ることなく、馬場の良いところを選んで抜け出せることは前走で証明済みだ。好敵手ロジが多頭数のインに閉じこめられ追い出しのタイミングが遅れるようなら、おいでおいでの圧勝までありうる。
対するロジユニヴァースは、今回1番人気の重圧を背負う立場。名手・横山典といえど、前走のように気楽なポジションで競馬を進めるわけにはいかず、ある程度無難な戦法を選択せざるを得ない。他馬の干渉を受けることなくリーチとのマッチレースに持ち込めれば、力でねじ伏せることも可能だろうが、直線入口で理想のポジションを確保できるかどうかは微妙だ。広い府中コースのダービーなら紛れはなくとも、皐月賞の舞台は波乱含みの中山小回りコース。圧倒的1番人気馬が勝利を取りこぼす可能性まで想定し、レースの行方を思い描いてみるのが面白い。

4月 19, 2009 09年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/44718247

この記事へのトラックバック一覧です: 【皐月賞】3強対決、飛ぶのはこの馬:

» 皐月賞、他の予想 トラックバック 風を追いかけて
皐月賞 ◎ 1番 ロジユニヴァース ○ 16番 アンライバルド ▲ 18番 リ... 続きを読む

受信: 2009/04/19 14:05:57

コメント

コメントを書く