« 【皐月賞】3強対決、飛ぶのはこの馬 | トップページ | 【天皇賞春】内のエビス、大外の閻魔 »

2009/04/26

【フローラS】中距離経験ある「共学タイプ」に注目

Flora_stakes_japanese_oaks_trial_20グレードⅡの看板を掲げてはいるものの、例年トップクラスの参戦はなく、ちょっと賞金が足りない二線級同士の争いとなるトライアル戦。ここ数年の優勝馬を思い起こしてみても、後に重賞路線で活躍するディアデラノビアベッラレイアといった少数の例外を除けば印象も薄い顔ぶればかりが居並び、レース結果も本番オークスに直結しているわけでない。ひと言でいってしまうとドングリの背比べのような一戦だ。だが、近年の出走馬の臨戦過程を洗い直してみると、上位入賞馬に共通する一定の傾向を見つけ出すことはできる。
まず、注目すべきは各馬の距離経験というファクター。今週号の週刊競馬ブック「フローラSの成績と傾向」の頁をみると、近9年の連対馬「18頭中17頭までが、芝・ダを問わず1800メートル以上を経験し、14頭がそこで連対していた」というデータが掲載されている。この視点からの分析を更にすすめ、出走各馬の前走成績をチェックしてみると、近5年の優勝馬のうち4頭までが前走で距離1800~2000のレース(オープンもしくは500万下)に出走し5着以内の成績を記録していたという事実を確認できる。なるほど、桜花賞に出走するような一流マイラーが出走してこない以上、マイル以下の短距離戦での高パフォーマンスより、中距離路線で堅実な成績を残してきた事実を重く評価すべきというのも道理だろう。
そしてもう一つ。近年の優勝馬に共通する戦績のポイントとして気がついたことは、各馬とも500万下以上のクラスの牡馬混合戦で好成績を残してきたという事実だ。

ディアデラノビアは京都正月開催の白梅賞1着、ヤマトマリオンはダートの樅の木賞で2着、ベッラレイアはすみれ賞3着とあざみ賞1着。そして、昨年のレッドアゲートには、2月府中開催500万下(芝二千四百)でマゼラン・ダイワワイルドボアら重賞級相手の4着があった。お嬢様同士で優雅に速さを競い合うだけでなく、同世代の腕白坊主たちを向こうに回しても一歩も引かない男勝りの根性を備えていることが勝者の条件というのは、ちょっと興味深い。
かつてグリーンチェンネルの中継キャスター荘司典子さんが、『牝馬の世界にも「女子校タイプ」と「共学タイプ」がいる、前者の代表がメジロドーベルで、後者がエアグルーヴ』という分類を披露していたことを思い出してしまったが、混戦のトライアル戦から抜け出し本番への切符を真っ先に手にするのは、おそらく「共学タイプ」だろう。距離千八以上への出走経験と併せ、有力各馬の取捨選択のために使えるデータとして注目しておきたい。

<結論>
◎ハシッテホシーノ
○ワイドサファイア
▲ディアジーナ
△ピースオブラック
×マイファーストラヴ
注ミクロコスモス
注ピースエンブレム
注ラークキャロル

昨年のユキチャンのように、話題先行・人気先行の感はあるけれど、距離経験と牡馬相手の対戦実績(しかも府中コース)を考慮するなら、ハシッテホシーノを軽視することはできない。未勝利戦(距離2000)では当ブログひとくち出資馬のブリッツェン、そして前走500万下(距離2400)ではクラス屈指の強豪ピサノカルティエを叩き合いの末に撃破。男馬が馬体を併せに来ると、気迫を剥き出しにして突き放しにかかる勝負根性が非凡で、その勝ちっぷりには走破時計以上の価値がある。雨の影響が残って少々馬場がぬかるんでいても恐らく問題はない。休み明けで大幅に馬体を減らすようなことがなければ勝ち負けに持ち込めるはずだ。
牡馬相手の好走実績に着目するなら、毎日杯で見せ場を作ったワイドサファイアも悪くない。ゴール前あと一歩のところで常に詰めの甘さを見せてきたことが気になるが、そこはわざわざ東京に遠征してくる岩田康誠がカバーしてくれるだろう。
クイーンカップの覇者ディアジーナは、メンバー中実績最上位の存在だが、既に十分な賞金を手にしている分、このトライアルに全力投球する動機が希薄。鞍上の名手・内田博幸も土曜競馬では発馬のミスが目立っていた。府中二千の外枠で好位を取り損ねるようだと、思わぬ敗戦を喫する可能性もある。
以下では、前走不可解な敗戦もまだ見限れぬピースオブラックの巻き返しと、忘れな草賞から意欲的に参戦してきたマイファーストラヴに注目。ミクロコスモスはマイルを超す距離経験がないことと前走の不甲斐ない敗戦を割り引いて、押さえの評価にとどめる。

ちなみに、このレースには当ブログひとくち出資馬ベイビーローズ(父シングスピール)も無事抽選をクリアしてエントリーしている。鞍上には若武者・三浦皇成を起用。うまく先手を取ってスローペースに持ち込めれば、もしや・・・・という淡い期待はあるものの、芝で未勝利・道悪苦手・ダートの走破時計も平凡という現状を踏まえれば、大望は禁物だろう。ここはオッズ通りの評価と冷静にジャッジする。

4月 26, 2009 09年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/44795609

この記事へのトラックバック一覧です: 【フローラS】中距離経験ある「共学タイプ」に注目:

コメント

コメントを書く