« 【スプリングS】強風がレースに及ぼす影響とは | トップページ | 【ダービー卿CT】中山芝の傾向がチェンジ? »

2009/03/29

【高松宮記念】内有利?トラックバイアスの理由を探る

Laurel_guerreiro_at_satsuki_sho_200今年の高松宮記念を展望するために目配りを欠かせないのは、中京競馬・芝コースの開催日程の変化だ。3月下旬にスケジュールが移されてから10年目。レースの施行時期そのものに変化はないが、例年なら第1回中京開催の最終日に開催されていたこのレースが、第2回開催の6日目という位置づけに変わっている。すなわち、正月早々6日間の第1回開催が行われた関係で、いつもなら第1回と呼ばれるこの時季の開催が第2回とカウントされているのだ。例年よりも開催日程を多く消化している分、使い込まれた芝の状態が果たしてどうなのか?それを知らずして、レースの行方を占うことなどできない。
春まだ浅いこの季節の芝コースといえば、力の要る馬場状態というのが常識。見た目は鮮やかな緑に覆われていても、コースの土台を支える野芝の生育は完全に止まっている。まして今年の芝は、冬場に2開催も酷使されたのだから相当なダメージが蓄積されているはず。多くの馬蹄に踏み荒らされた内ラチ沿いから馬場の荒れが進行していると考えるのが自然だろう。インを通る先行馬は不利、外を回す差し馬が有利という傾向がそろそろ出てきてもおかしくないタイミングである。
ところが実際のレースになると、なぜか内を通る先行勢ばかりが上位に残ってしまう。それがAコースに替わった今開催・中京の芝で目立っている傾向である。3~4角では外を回しても、直線ではラチ沿いから3メートル以内の位置を進んだ馬が有利。Aコース3週目を迎えた土曜の競馬をみても、この傾向に大きな変化は出ていない。いわゆるグリーンベルトが出現しているとも考えられるのだが、その背景を知るためには、中京コースの芝の使い方について、もう少し踏み込んだ分析が必要だろう。

そこで、暮れの開催以降、高松宮記念の直前までに消化される芝のレース数を、コース区分ごとに昨期と今期で比較してみることにした。結果はグラフのとおり。意外なことに昨期よりも、1開催余計に芝を使い込んでいる今期のほうがA・B・C各コースをバランス良く使っていることがわかる。Aコースに限ってみると昨期は47レースも行われていたが、今季は32レースを消化したのみ。その分、ラチ沿いの芝が温存されているという事実が浮かび上がってくる。

Chukyo_turf_race

ちなみに昨年の高松宮記念は、内ラチから3メートル地点に仮柵を設けたBコースで施行されたが、結果は1分7秒1の高速決着。おそらく、3月開催の後半までBコースの使用を控えて温存されてきた芝が速い時計を後押ししたのだろう。だが、今年の場合は、同距離での条件戦のタイムを見る限り、そこまで速い時計が出るとは思えない。A・B・C各コースのローテーションがほぼ均等に回されてきた結果、馬場の内も外も同じように荒れてきており、その分時計を要しているということなのだろう。
とはいえ、外差し有利のバイアスが出現するほど、内の馬場が傷んでいるわけではない。内を通っても外を回しても馬場状態に大きな違いがなければ、結果的に結果的に距離ロスが少ない内の進路を取ったほうが有利。ひとまずそんな仮説を想定して、枠順や各馬の脚質から上位候補の取捨選択を考えてみたいと思う。

<結論>
◎ローレルゲレイロ
○スリープレスナイト
▲トウショウカレッジ
△アーバニティ
×キンシャサノキセキ
×ビービーガルダン
×ファリダット

G1常連クラスの明け5歳馬、しかもマイル路線からの転戦組が強いレース。今年の出走メンバー中でそんな条件を最も満たしていると思われのが、ローレルゲレイロだ。阪急杯ではビービーガルダンの格好の目標にされてしまったが、一級のスプリンターを相手に回しても楽に先手を取れるスピードの持ち主であることを証明できた。今回は内有利の馬場状態を味方にして、早め先頭から押し切る競馬を期待してみたい。
対するビービーガルダンは、安勝の海外遠征で幸四郎に鞍上がスイッチされたのがどう出るか?完調手前と思われた前走で強すぎる勝ち方をしてしまった反動も心配で、いわゆる2走ボケの不安が拭えない今回は狙いを下げたい。キンシャサノキセキも、太めの馬体が祟ったとはいえ、4角で既に手応えが怪しかった前走が案外。初ブリンカー装着も吉と出るか凶と出るか?何とも言い難いところで、過大な期待はどうかと思われる。
これらに対し、ぶっつけ本番となったスリープレスナイトは一見すると危険な人気馬というムードが漂うけれど、鉄砲駆けの実績がある。一杯に追われた坂路でも好調時と変わらない動きを示しており、好枠にも恵まれた今回は軽視は禁物だろう。その隣枠に入ったトウショウカレッジは穴中の穴。追込脚質でも内を立ち回れる器用さが魅力であり、展開ひとつで浮上の余地がある。同じく前走で馬群を捌いて勝ちきったアーバニティの決め手にも、鞍上込みで魅力を感じている。
キルトクールは、ディフェンディング王者のファイングレイン。臨戦過程の順調度が昨期と今期では違いすぎる印象。叩きつつ上昇してくるタイプでもあり、凡走後の叩き2戦目、まだ覚醒の可能性は小さいと判断する。

3月 29, 2009 09年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/44497209

この記事へのトラックバック一覧です: 【高松宮記念】内有利?トラックバイアスの理由を探る:

» テネシーガールを捜せ 高松宮記念 トラックバック 雲國齊の無謀
ドバイワールドカップデーの結果は、ゴールデンシャヒーン(首G1)でバンブーエール 続きを読む

受信: 2009/03/29 7:38:35

» マーチS、高松宮記念の予想 トラックバック 風を追いかけて
マーチステークス ◎ 11番 エスポワールシチー ○ 3番 サトノコクオー ▲... 続きを読む

受信: 2009/03/29 15:21:56

コメント

コメントを書く