« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/22

【フェブラリーS】緩い流れ、決め手が生きる展開なら

Vermillion_at_last_years_february_sフェブラリーSの舞台となる府中・ダート千六を攻略するために知っておくべき傾向・対策といえば、「ペースが速ければ先行勢の前残り、ペースが遅ければ差し馬が台頭」。ハイペースで前が崩れ、スローぺースで先行馬が粘るという初歩的競馬常識に照らしてみれば、正反対の発想が要求されるのだが、このトレンド、ダートG1といえど例外なく現れているのが興味深い。
過去5年のフェブラリーSのラップ推移をグラフで可視化してみると、その傾向は一目瞭然。スタートしてから3~4ハロン目(3角入口から3~4角の中間点あたりまで)連続して11秒台を刻み、淀みのないペースになった05年・06年のレース(下記グラフの赤い線の年)では、メイショウボーラーシーキングザダイヤユートピアなど道中前目の位置につけていた先行馬が踏ん張っている。それとは対照的に3~4ハロン目で息の入る展開になった04年と07年~08年(グラフの青い線の年)には、ラストの3ハロンで速い上がりを記録した差しタイプが台頭。道中で効かせたタメが直線の決め手比べでモノをいう、芝の中距離戦的なメリハリのある競馬になった。

February_stakes_lap_from04_to08_2

そこで問題になるのは、今年のペース予測である。注目のダイワスカーレットが回避した今年のメンバーなら、ハナを主張してくるのは上がり馬エスポワールシチー。その推測は衆目の一致するところだろう。参考とすべきは、翌週の武蔵野Sを凌駕する高レベルの時計(1.35.3)を同馬が叩きだした天皇賞当日・錦秋S(ダート千六)のペース配分だ。当時の同馬が先頭に立って刻んだラップタイムは、12.2-10.9-11.8-12.2-12.1-11.6-11.8-12.7。これを折れ線グラフで可視化すると、04年・07年~08年のフェブラリーS(青い線)に近似した展開だったことがわかる。すなわち、道中のタメが生かせる決め手比べの展開である。

Espoir_city_lap_2008_2

条件戦の相手関係なら、このペースでも能力が抜けている同馬の押し切りが効いても、ダートグレードレースの頂点をなすG1になれば、話は別というべきだろう。道中のタメを生かした強豪の直線強襲。そんな展開を思い描けば、先頭でゴールを駆け抜ける本命馬の姿も自ずとイメージできるのではないか。

<結論>
◎ヴァーミリアン
○カジノドライヴ
▲フェラーリピサ
△カネヒキリ
×サンライズバッカス
×エスポワールシチー
×サクセスブロッケン

決め手比べの展開になった昨年のフェブラリーSで見事に勝利をモノにしているヴァーミリアン。予定の水曜日に追い切りを消化できず、木曜追いを強いられた異例の調整過程が不安視され人気を落としているが、無事出走を決めたのだから、勝負体勢は整ったとみるのが筋。同世代カネヒキリに2連敗ですっかり評価を落としてしまった今回。決め手がモノを言う府中ダート千六適性の差で、ライバルをあっと言わせる逆転劇を期待してみたい。
前日売り単勝オッズで2番人気の支持を集めるカジノドライヴ人気先行のきらいはあるものの、国内復帰戦となったJCダート(当ブログは本命に推した)が納得の好内容。馬体も回復して順調なら今回は、G1でも好勝負を演じることができるかもしれない。
以下では、不死身の雷神・カネヒキリに注目すべきなのだろうが、阪神でのJCダート・東京大賞典・川崎記念がいずれも僅差の勝利。小回りコースでは格の違いにモノを言わせた押し切りが通用しても、府中ダートでそれを再現できるかといえば話は別。あえて4番手の評価とし、根岸Sの覇者フェラーリピサを上位に取ってみる。

当ブログひとくち出資馬のオフィサーも、この大一番へと勇躍駒を進めてきたが、さすがにここは相手が強すぎる。涙を飲んで無印の評価単複100円のがんばれ馬券と3連複100円流しのヒモ穴という馬券で応援するのが精一杯だ。

2月 22, 2009 09年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/02/15

【ダイヤモンドS】トップハンデ56キロの混戦を展望する

Flotation_at_2008_nippon_dirbyトップハンデの負担重量が56キロ。例年なら57キロあたりを背負う重賞常連馬がエントリしていることを思えば、今年のメンバーはハッキリ言って弱い。前走条件戦を走っていた馬が7頭も出てくるが、それでも上から下まで各馬の力関係はかなり近接している印象。だが、弱い面子同士なら軽ハンデ馬の伏兵が有利か?といえば、必ずしもそうと言い切れないだろう。
過去に今年と同じ程度のメンバー同士で争われた事例として、04年のレース(トップハンデ56キロ)があるが、当時はハンデ頭の2番人気馬(ナムラサンクス)が優勝。2着には前走1600万下を勝ち上がってきた上位人気馬(3番人気・53キロ)が食い込んでいる。要するに、ハンデ差を意識しすぎてはいけないということ。過去の実績と近走の勢い、それとハンデのバランスが取れている馬を丁寧にピックアップしていくのが馬券の常道だ。
さて、今年の1番人気は菊花賞2着馬フローテーション。前走・前々走から1キロ増えたハンデ56キロをどう解すべきかだが、相手関係に恵まれたここなら特に気にすべき材料ではないだろう。前々の位置を立ち回る競馬が続いているが、長丁場でのタメとキレを生かした菊花賞の競馬こそが本来の姿。道中の折り合いという点で、これで2戦目の騎乗となるルメール騎手の手綱は強調材料になる。

これに続く対抗格は、近走の勢いを重視して選択していきたい。前走で条件戦を勝ち上がってここに挑戦してきたのが、ウォーゲーム、スノークラッシャー、ハギノジョイフル、ビービーファルコンの4頭。これら各馬のハンデは52~54キロだが、前走との比較で4キロ減の恩恵が大きそうなウォーゲームとスノークラッシャーに食指が動く。長距離戦での鞍上の戦略力まで考えてみると、ベテラン横山典が手綱を取る前者が上位だろうか。
これらと同様にハンデ3~4キロ減の迎春S上位組(モンテクリスエス、エーシンダードマン)も馬券圏内に食い込む余地ありと見るべきだろう。これ以外では、前々走ステイヤーズSでフローテーションとコンマ4秒差の競馬をしているベンチャーナイン、トウカイエリートに注目。特に前者は、得意の府中コースに舞台が替わって、一変の可能性を秘めているのではないかと考えている。

<結論>
◎フローテーション
○ウォーゲーム
▲スノークラッシャー
△モンテクリスエス
△エーシンダードマン
△ベンチャーナイン
注トウカイエリート

キルトクールドリームフライト。上がり35秒を切る脚が使えない馬で消耗戦の展開待ちだが、同型が何頭かいるメンバーでは道中の展開も楽でないはず。先行してどこまで保つか?

2月 15, 2009 09年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/02/08

府中のマイルに青いイナズマ!

Blitzen_20090208_at_winners_circleブリッツェン
(当ブログひとくち出資馬)
父スペシャルウィーク
母の父Caerleon
美浦・二ノ宮敬厩舎 広尾TC所属
通算成績1-1-0-3
日曜東京5レース
3歳未勝利(芝千六)1着


本日の東京競馬。共同通信杯の直線の攻防もなかなか見応えがあったが、個人的にハイライトシーンをひとつ選ぶなら、第5レースの未勝利戦を鮮やかに勝利した愛馬の激走に1票を投じたい。デビュー5戦目にして掴んだ待望の初勝利である。
やったね、ブリッツェン
この時季の未勝利戦にしては、粒揃いのメンバーが揃った第5レースは、競馬新聞(関東版競馬ブック)の本紙見解でも「大混戦、印が足りない」と評するほどの激戦ムード。昨秋の東京芝2戦を好戦し(ハシッテホシーノの2着、タイフーンルビーの4着)、未勝利脱出は時間の問題と思われたブリッツェンにとっても、楽観は許されない相手関係だったと思う。なかでも強敵と目されていたのが、アンライバルド・リーチザクラウン・ブエナビスタという世代屈指の強豪が集っていた菊花賞当日の新馬戦を逃げて、掲示板圏内に粘り込んだエーシンビートロン。そのほかにも、未勝利ならいつでも卒業可能と思われる強敵が、ざっと指折り数えても10頭近く出走していた。

ところが、これらを迎え撃つ愛馬の体勢は?といえば、今回が12週間ぶりという放牧明けの出走。新聞紙上でも「本調子にはひと息」という頼りないジャッジが下されてしまう状況だった。もともとパドックで見栄えのするタイプではないけれど、実際にこの目で確かめた仕上がり具合も、馬体の張り・ツヤがまだ本当でないように感じられる。馬体の要所・要所に緩みのようなものが垣間見えており、とてもじゃないが強気に本命に推せるコンディションではなかったと思う。期待は残しつつも、本当の勝負はひと叩きした次走でいいかも?と思い、馬券の購入金額をかなり控え目してしまったのだが、いざレースになると、そんな出資者の弱気は杞憂に終わってしまう。
ダッシュよく好スタートを決め、道中は鞍上・蛯名騎手の指示を忠実に守って好位に待機。勝負所の直線、坂のあたりで少し遅らせ気味のゴーサインが下されると、一気に加速していく。当ブログ管理人が観戦していた残り二百のハロン棒を通過したあたりで敢然と先頭に立って、そのまま2着のマイネルエデン以下を圧倒してしまったのだから、ビックリ。そこからゴールまでは「そのまま、そのままっ!」の連呼で愛馬の奮闘を叱咤激励し続けた。(2着馬との馬連50倍台を押さえていたもので・・・)
まさにテン良し・中良し・終い良し。同馬の命名の由来となった、稲妻のような凄い勝ちっぷりである。完調とはいえない状態でこれほどのレースができるのだから、力をつけている。そんな見方は、けっして出資者の贔屓目だけではないだろう。

さて気になる次走の行方なのだが、同馬を管理する二ノ宮師によれば、「ソエの問題もありますので、このあとは放牧で一息入れて、じっくり進めていきたいと思います。まだまだこれからの馬ですよ」とのこと。敢えて、出資者の期待をはぐらかすようなコメントに終始しているのは、まだまだ体調面の頼りなさが否めないということなのだろう。おそらく次走は4月の中山NHKマイルに向けて何とか賞金加算のチャンスを!と願いたいところだが、そこで無理をしなくとも、5月の東京で適条件のレースはいくつも用意されている。
府中コースを切り裂く青いイナズマの激走を、再び楽しみにして待ちたいところだ。

Blitzen_20090208_winning_race

2月 8, 2009 ひとくち馬主日記 | | コメント (4) | トラックバック (0)

【共同通信杯】ダイワアプセットを探せ

Kyodo_tushin_hai_2005皐月賞まで残すところあと2か月。この季節を迎えると、クラシック本番を意識した有力馬もそろそろ本気で始動してくるようで、今年の共同通信杯には例年になく強力なメンバーが揃った。朝日杯ラジオNIKKEI杯の上位馬、レコード勝ちでデイリー杯を制した素質馬など、まさしく錚々たる顔ぶれ。だが、これらの強豪を向こうに回して1番人気を集めるのは、重賞組とは別の路線で破竹の3連勝を飾ってきたトーセンジョーダンだろう。
11月の福島戦を皮切りに、師走の中山芝二千メートルを2戦連続して2分ゼロ秒台の好時計でフィニッシュ。開幕週の葉牡丹賞と有馬記念当日のホープフルSの走破時計は、単純比較するとコンマ1秒しか違っていないが、馬場状態の差も考慮に入れると、実質的に1秒近く持ち時計を短縮していると評価できる。しかも、その勝ちっぷりがどれも強烈だった。
先行して淀みのないペースを作り出し、後続の末脚を完膚無きまでに封じてしまうあの戦法なら、コーナー4回の中山から大回り府中の千八に舞台は変わっても、おそらく大丈夫。一戦ごとの馬体減と稽古の動きを不安視するムキもあるようだが、ここでは他馬と能力の絶対値が違いすぎる。不動の本命として中心視するしか手はなく、この馬の相手探しが馬券の焦点になる。そこで参考にしてみたいのが、共同通信杯の傾向と対策だ。

このレース、過去5年の決着を振り返ってみると、04年と06年・07年が上がり33~34秒台の決め手比べ、対照的に05年と昨年上がり35秒台の決着と、概ね2種類のレース傾向があることがわかる。トーセンジョーダンの葉牡丹賞とホープフルSが、いずれも淀みない流れだったことを思えば、参考にできるのは上がり35秒台の後者のパターンといえるだろう。ただし、昨年のラップは単騎大逃げ気味に先行したショウナンアクロスが記録したもので、2番手以降の後続馬群の刻んでいたペースとは必ずしも一致しない。となると、唯一今年のレースを占ううえでの指標となるのが、05年の共同通信杯。当時まだ底を見せていなかったストーミーカフェが58キロという異例の酷量を背負いながら果敢に逃げ、直線に入ると後続を突き離してみせた、あの年のレースである。
当時のストーミーカフェが記録したラップを確認してみると、前半3ハロンが35秒7、上がり3ハロンが35秒4。レースの前・後半をほぼ同じタイムでまとめており、典型的な平均ペースに持ち込んでいる。こうなると、道中でタメを効かせたい差し・追い込み馬もなし崩しにスタミナを奪われ、勝負所で上がりの差にモノをいわせ一気に先頭との差を縮めるのが難しくなる。どちらかといえば、好位を立ちまわりながら強い先行馬に食いさがるタイプが有力で、実際この年も好位から追撃を開始した伏兵ダイワアプセットが2着と健闘した。だが、好事魔多し。重賞の晴れ舞台で一世一代の激走をみせた同馬は、レース後故障を発生し、予後不良の不運に見舞われることになる。
今年のレースでも、トーセンジョーダンが先行し直線も強い競馬をするという前提に立てば、2着候補としてマークしたいのは差し・追込一手のタイプではなく、ダイワアプセットのように器用さと勝負根性を兼備したタイプだ。そこで密かに狙ってみたいのは、同じダイワの勝負服で参戦してくるダイワプリベール。前走・中山の芙蓉ステークス。4角で外から怒濤の勢いで並びかけてきたダノンベルベールをついに抜かせることなく、直線に入ると差を広げてみせた勝負根性が秀逸だった。ちなみにアプセットとは「番狂わせ」、プリベールとは「打ち負かす」「圧倒する」という意味。偶然や紛れに頼るのではなく、正攻法で強豪ジョーダンを負かしにいく競馬を期待してみようかと、思わず期待したくなるネーミングである。

<結論>
◎トーセンジョーダン
○ダイワプリベール
▲ブレイクランアウト
△プロスアンドコンズ
×マッハヴェロシティ
×シェーンヴァルト
注カノンコード
注トップカミング
注ショウナンアルディ

強豪目白押しのメンバーで連下を絞り込むのが難しいけれど、3連複・3連単なら本命ジョーダンと○▲△の2頭軸の組み合わせを買ってみたい。
キルトクールは、メイショウパルマ。素質上位で今回もそこそこ人気しそうだが、ハイペースの好位につけた前走の内容が案外。さすがに、このメンバーが相手になると、印を回せない。

2月 8, 2009 09年競馬予想・回顧 | | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/02/01

【根岸S】今年は逃げ馬が残る!と考えた理由

Nanyo_hilltop_08_at_hyacinth_stakes過去5年分のデータ(04年~)で、根岸S連対馬の脚質別成績を探ってみると、逃げ・先行勢の4連対に対して、差し・追込勢が6連対。明らかに差し馬優位の傾向が現れている。重賞のレベルに相応しく、前半からグンと速くなるペースが前崩れを呼んでいるせいか?一昨年のレース(勝馬ビッググラス)などはその典型で、残り200のハロン棒を通過してから、上位の顔ぶれがガラリと入れ替わるという、いかにも府中コースらしい差し・追込馬の台頭が見られたものだ。
だが、差し・追い込み競馬一辺倒か?といえば必ずしもそうでもなく、逃げ馬の粘りがゴールまで持続し、上位で踏ん張り通した年もあった。05年のメイショウボーラー(1着)、そして昨年大外枠から二の脚を効かせてハナを奪ったタイセイアトム(2着)。これら逃げ馬2頭が記録したペースを前半3ハロンのラップタイムで確認してみると、メイショウボーラーが35秒0、タイセイアトムは34秒3。すなわち、前者は巧くマイペースに持ち込んだと判断できるが、後者はかなり厳しいペースで飛ばしていたことがわかる。ちなみに、07年に逃げたトウショウギアは、前半3ハロンを34秒2で通過。実はこの年のペースが過去5年で記録された最速ラップなのだが、昨年のタイセイアトムは、それと僅かにコンマ1秒しか違わないペースで飛ばしていたことになる。それなのに07年は先行勢総崩れ(トウショウギアは7着)、一方、昨年は逃げ馬がコンマ2秒差の2着に踏ん張るという対照的な結果に終わっている。
この事実をどう解釈すべきだろう。タイセイアトムが、桁外れに強い逃げ馬だったということか?いや、そうでないことは、同馬の以降の戦績(6戦して3着が1回だけ)が証明している。となると、解答のヒントは別のファクターに求めざるを得ない。前崩れの06年と前残りの07年。その違いを読み解く鍵は、馬場状態にあるといえないだろうか?

グリーンチャンネル・先週の結果分析で公表された馬場差の数値を手元のメモで確認してみると、07年はプラス0.6秒と冬場のダートに相応しい力の要る乾燥馬場。これに対し、昨年の馬場差はマイナス1秒4。前日の降雪で月曜日に開催が順延され、ダートの馬場発表も終日不良と、いわゆる脚抜きの良い馬場コンディションだった。馬場差に換算して2秒も違う馬場状態のなかで示された対照的な決着傾向。この事実には、注意を払っておく必要がある。換言すると、脚抜きの良い馬場になれば、前半戦をハイペースで飛ばす逃げ馬にも、残り目はあるということだ。メイショウボーラーが逃げ残った05年も、馬場発表は良馬場でも、速い時計が出やすい少しウエットなコンディション。軽いダートが幸いして、逃げ馬のスピードの持続力がアシストされたという見方もできるかもしれない。

さて、以上の傾向を頭に入れ、日曜日の馬場状態を推し量ってみると、手元の新聞(関東版競馬ブック)では、晴天ながら「不良~重」のコンディションが告知されている。すなわち、土曜の午前中まで降り続いた雨の影響が日曜メインの時間帯まで残ると考えるべきということか?参考までに土曜日の準メイン・根岸ステークスと同距離で施行された準オープン(春望ステークス)の勝ち時計は、1分23秒ゼロ。オープンクラスでも遜色の無い速い時計が計時され、道中番手につけた1番人気馬が残るという決着になった。もし、これとほぼ同じ馬場状態が日曜午後まで維持されるなら、今年の根岸ステークスでは、メイショウボーラーやタイセイアトムに続く逃げ馬の残り目があるとジャッジすべきだろう。ちなみに日曜日の府中市周辺の天気予報は晴れ。最高気温は摂氏8度と予報されている。

<結論>
◎ナンヨーヒルトップ
○バンブーエール
▲リミットレスビッド
△オフィサー
×ビクトリーテツニー
注アドマイヤスバル
注ヒシカツリーダー

不良~重のダートなら、逃げ馬が上位に残る。そう考え本命に抜擢したのが、男・藤田が手綱をとる4歳馬ナンヨーヒルトップ。内田博幸を配したセントラルコーストは好位に控える競馬を試みるようだし、「最近行きっぷりがよくない」と陣営が愚痴をこぼす中館ダンツキッスイも大外枠。ならば、意欲満々に先手を主張するのは、この馬。道中単騎でメイショウボーラーと同じようなラップを刻むことができれば、逃げ切りまであるとみて、中心視してみる。
相手筆頭は、好枠から発進する松岡バンブーエール。11月のJBC以来でも、鉄砲駆けできることは、3歳時の盛岡ダービーGPで証明済みだ。問題は、59キロを背負う負担重量の克服だけ。以上2頭が3着以内に残る可能性は、かなり高いとみている。
これに続くのが、今年で10歳を迎えたリミットレス爺さん。老いてますます盛んとはまさしく同馬のことで、12月の中山カペラSのパドックやレースぶりを見る限り、衰えの気配など微塵も感じさせない。良い脚は一瞬、中山千二がベストの同馬にとって、府中の長い直線では脚の使い方が課題になるかもしれない。
Officer_at_08_shimotsuki_stakes当ブログ一口出資馬・オフィサーは、これらに続く4番手評価。師走・阪神での激走は、確かに時計的に評価できる水準でないが、ゴール前、小牧騎手が手綱を抑える余裕はあった。それを思えば、ベストの条件で相手なりに闘えるかも?という期待は捨てられない。同厩ビクトリーテツニーとの比較では、2頭出しの人気薄という立場。気楽さを買って、ヒモ穴筆頭に押さえてみる。
以下では、アドマイヤスバルは太め残りが懸念材料で注の評価にとどめた。

キルトクールは、恐らくこのメンバーなら、実力最上位と思われるフェラーリピサ顔面神経痛という、およそサラブレッドらしくないナーバスな奇病を患い、今回が復帰初戦。その能力・実績・持ち時計には敬意を評しつつも、所属の白井厩舎は休み明けの高額条件のレースで思い切った仕上げはしてこないことで知られている。勝負気配という点で強調材料を欠く今回は、評価を割り引いたほうが無難ではないか?と思われる。

2月 1, 2009 09年競馬予想・回顧 | | コメント (2) | トラックバック (0)