« 【マイルCS】低配当決着は覚悟のうえ | トップページ | 【JCダート】3歳馬の負担重賞問題を考える »

2008/11/30

【ジャパンカップ】世代間闘争の行方は意外と明白

Vodka_at_tennoh_sho_2008歴史的激闘を演じた天皇賞の上位3頭のうち、ダイワスカーレットの参戦が見送られたのは残念だが、ウオッカ・ディープスカイが再び府中コースに登場。今年のジャパンカップは、これら2強に仏国遠征帰りのメイショウサムソンを加えた、3世代のダービー馬対決に注目が集中する構図となった。
それ以外にも4頭のG1ホースを加えた日本馬の陣容は、例年になく層が厚い。ここまで日本勢が強力だと、おそらく遠来の外国馬に出番が回る余地は殆ど残されてはいまい。海外競馬通で知られる合田直弘氏の本命・対抗も、今年は弱気に日本馬を指名しているようだ。念のため、そんな事情にも目配りを惜しまなければ、外国馬のレベルは「推して知るべし」とジャッジできる。国別対抗戦というより、日本のトップレベルによる世代間闘争の山場。それが、JCで最も注目すべき主題であることに異論はない。
さて、気になる世代間好走の行方だが、世間的な評価(前日売りオッズ)では、4歳・5歳勢の経験値よりも、3歳馬の勢いを支持するという見方が多数意見を形成している模様だ。だが、今年で28回目を数えるJCの歴史を紐解いてみると、世代間闘争で圧倒的優位に立っているのは4歳世代である。古くはシンボリルドフルトウカイテイオーが4歳(現年齢表記)でJC優勝を成し遂げているわけだし、惜しくも2着とはいえオグリキャップが驚異的な世界レコードでこのコースを走破したのも4歳時の出来事だった。この事実を最近10年間のレースを対象に、データで裏付けてみよう。

4歳馬のうち、JCで1~2番人気の支持を集めていた日本の4歳馬の戦績は「4-1-2-0」。勝率50%以上、連対率も70%を超え、一度も馬券の対象から外れてしまった経過がない。これらのなかには、スペシャルウィークテイエムオペラーゼンノロブロイディープインパクトによるJC制覇が含まれる。いずれの勝利も、彼らの競走生活におけるピークと位置づけてよいであろう圧巻のパフォーマンスだった。
これとは対照的に、3歳世代の人気者たちは案外とJCで苦戦を強いられている。1~2番人気に支持された日本馬の成績は「1-1-2-2」(連対率33%)。そもそも3歳にしてJCで上位人気に推されること自体、非凡な素質と実績の持ち主であることを証明しているといえるのだが、それが結果に直結していない。3歳で天皇賞秋を制して中距離路線のトップに躍り出たシンボリクリスエスといえど、JCでは外国馬の後塵を拝しての3着。昨年のウオッカも、ゴール前あと一歩が詰め切れなかった。3歳時の上位人気で唯一JCを制しているジャングルポケットのケースも、改めて当時の出走メンバーを検証してみると、4歳の日本馬が1頭も出走していない特殊なケースであったことが判明する。当時の2着テイエムオペラーは確かに強かったが、このとき既に5歳秋。競走馬としてのピークを通り越していたことは、次走の有馬記念で衆目に晒されることになる。
このオペラオーの一件が象徴しているように、現役生活の頂点を通り越し、緩やかに下り坂をたどっている古豪にとって、JCは過酷すぎる舞台だ。過去10年、5歳以上のベテランがJC優勝を飾ったケースとしては、タップダンスシチー(当時6歳)と外国馬アルカセット(当時5歳)の2例があるけれど、これらの快挙を鵜呑みにすることはできない。前者は道悪という特殊な馬場コンディション、後者は世界の名手=フランキー・デットーリの手綱捌きと年齢の割に消耗が少ないキャリア(当時15戦)が幸いしていたからだ。
歴史は繰り返す。3歳馬の勢い、そして5歳馬の経験値を打ち破るのは、今まさに競走馬としての頂点に位置する4歳馬の能力の絶対値だろう。今年も、充実の秋を迎えた4歳世代を最重視して、3世代対決の行方を見定めていこうと考えている。

<結論>
◎ウオッカ
○アサクサキングス
▲スクリーンヒーロー
△ディープスカイ
×マツリダゴッホ
×オースミグラスワン
×オウケンブルースリ

牝馬といえど、スカーレット不在のメンバーならば4歳世代の頂点に君臨することは明白。ウオッカによる府中コースG1・3連覇を期待してみる。鞍上・岩田騎手の前日落馬アクシデントが心配されるが、「脳震盪、左前腕打撲・擦過傷」の軽い怪我で済んだことは不幸中の幸い。現役最強牝馬の能力発揮に支障はないとみる。
対抗格は、同世代のダービー2着馬アサクサキングス。天皇賞のパドックで、馬体の良さはひときわ目立っていたものの、ブランク明けで少々余裕が残っていたのも事実。叩き2走目の上積み、単騎先行できる可能性、そしてルメール乗り替わりなら、昨春のダービー激走の再現があり得る。
上がり馬スクリーンヒーローも4歳世代の1角。恵量の恩恵を受けたとはいえ、前走完勝の勢いと府中中長距離適性の高さを侮れない。アルゼンチン共和国杯組はJCで用無しというのが過去のデータの囁きだが、この馬なら「ひょっとして」と思わせる1頭。名手デムーロの手綱で、人気薄なら是非馬券を買ってみたいところだ。
以下は、その他世代の評価順になるが、ディープスカイは前走の序盤戦で行きたがる仕草を露呈していたのが不安材料。ダービー制覇の実績には、もちろん敬意を表するのだが、その本質はマイル~中距離向きの素材なのかもしれない。オウケンブルースリも、夏の新潟競馬から使い詰めのローテーションが少々厳しい。まだまだ発展途上のこの馬には、来年の大舞台を期待した方がベターなのかもしれない。それならむしろ左回りで減点と侮られているマツリダゴッホや天皇賞で一番長く良い脚を使っていたオースミグラスワンのほうが、ヒモ穴としてちょっと面白い存在になる。
キルトクールは、5歳馬メイショウサムソン。今回は海外遠征帰り初戦。凱旋門賞もストレスを蓄積しただけという内容であり、天皇賞制覇の後、順調な調整過程で参戦してきた昨年とは事情が異なる。元々、晩秋になればなるほどパフォーマンスが鈍化していく傾向があるだけに、人気・実績ほどの信頼は置けないと評価するがどうか?レース後、石橋騎手の率直な感想を聞いてみたい。

11月 30, 2008 08年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/43269728

この記事へのトラックバック一覧です: 【ジャパンカップ】世代間闘争の行方は意外と明白:

» 今週の重賞レース【ジャパンカップ】直前情報 トラックバック 明日の勝利のつかみ方(JRA版)
大波乱前提のレースで狙える超穴馬【ジャパンカップ】今年の大波乱になったG1では下位人気のアンバランスオッズに属するオッズゾーンの馬がことごとく馬券になっています!...  ジャパンカップ予想確定(日曜競馬劇場「プレデター2」)人形「JRAのジャパンカップのポスターです サインと見られる、ポスターのバックの色は 青というより空色ですかね 「CLUB KEIBA」メンバーの服の色...... 続きを読む

受信: 2008/11/30 11:18:18

» ジャパンカップの予想 トラックバック 風を追いかけて
◎ 4番 ウオッカ ○ 9番 ディープスカイ ▲ 1番 オウ... 続きを読む

受信: 2008/11/30 11:27:35

コメント

2人で見てたオクトーバーSのスクリーンヒーロー(2着でしたがw)がJC勝っちゃいましたねぇ。
こちらも高い評価をしてましたがびっくりでした。
東京開催は終わりましたが私は来週は中山に行って来ます。
また府中でお会いしましょう!

投稿: ほはてい | 2008/12/01 18:40:51

>ほはていさん
たった2開催で条件級から、国際G1馬まで登り詰めてしまったスクリーンヒーロー。オクトーバーS当時のレース内容が良かったので、アルゼンチン共和国杯・JCと連続して高い評価を与えましたが、肝心の本命がともに3着。残念ながら、私の馬券に恩恵をもたらすには至りませんでした。それにしても、10月の時点でジャガーメイルよりもこの馬を上位に評価していた、ほはていさんの慧眼には恐れ入るばかりです。
さて、中山開催。府中のように毎週の出撃となると、さすがに無理ですが、私も2~3週目には現地に足を運んでくるつもりです。ではでは。

投稿: 山城守 | 2008/12/03 22:30:56

コメントを書く