« 【秋華賞】実績以外のファクターが結果を左右する | トップページ | 【天皇賞・秋】藤岡佑介騎手に注目! »

2008/10/26

【菊花賞】結局、勝つのは「強い馬」

Kyoto_race_course_paddock_circle我々競馬ファンが予想を立てるとき、「難解だな」と感じるレースには、概ね2つの種類があると思う。1つは、出走馬の力関係を比較することが難しい大混戦。どの馬も上位に食い込む可能性を残していると思われ、軸や相手を絞り込めないとき、予想紙やマークシードを目の前にして思わず天を仰いでしまいたい気分になる。先週の秋華賞などは、そんな混戦レースの典型といってよいだろう。当ブログ管理人も、かなり穴目の予想にシフトして密かに高配当的中を目論んでみたが、結果はご存じのとおり。人気を落としていたブラックエンブレムの勝利はともかく、2・3着に来るタイプまで予見することは難しく、正直なところ、想定外の結果と言わざるを得なかった。
そしてもう1つは、不確定要素をはらんだ条件設定のもとで争われるレース。極端な道悪馬場や、枠順や道中の位置取りによる有利・不利など、競走馬の能力とは別のファクターによって着順が左右される可能性が高い一戦だ。そんなレースは、マギレによる好配が期待できる反面、レース中にいったい何が起こるのか?予見するのが難しく、馬券的にはちょっと手を出しづらい。例えば、秋の福島開催後半戦、ボロボロに荒れた芝を舞台に争われる500万下の条件戦の馬券を買おうとするとき、いったい何を手がかりに予想したらよいのか?常識的には外差し有利だが、コースロス無く内ラチ沿いにへばりつく伏兵が粘り込んでしまう可能性も無視できない。当然、各馬の実績などはまったくアテにできず、競馬ファンなら、誰しも大いに悩まされることになる。

さて、ダービーと神戸新聞杯の上位を占めた2頭が戦線を離脱し、まるで皐月賞当時にプレイバックしたような混戦ムードが漂う今年の菊花賞。あちこちで目にする下馬評では、ほぼ例外なく「難解な一戦」と評されているようだ。ただし、この難解さがどこに起因しているのかといえば、出走馬の力関係が難しいという1点に尽きる

もし良馬場なら、淀の坂越え・三千メートルという条件そのものは、意外とマギレや偶発性が介在する余地の少ない舞台とみるべきだろう。すなわち、前述したレースのタイプ分けによるなら菊花賞は前者に該当するわけで、終わってみれば「強い馬が勝つ」レースといえる。波乱を想定して、無理やり筋を曲げ、奇をてらった予想に打って出る必要はない。

もう少し、掘り下げて考えてみよう。例えば各馬の枠順というファクターをどう解したらよいか?大回りコースを1周半走って、およそ2マイル弱の距離を踏破することを考えると、ついつい内枠が有利で、距離ロスのある外枠は不利だと思われがちだが、過去5年の戦績を振り返れば、8枠からの連対例が3度もある。長距離戦らしく縦長の隊列でレースが流れていくため、たとえ外枠からでも、ラチ沿いの位置どりを確保するのは難しくないということだ。
また、末一手の不器用な脚質では通用しないという見解もよく耳にするけれど、伏兵ソングオブウインドが疾風のように駆け抜けた一昨年などは、追込・差しタイプのワンツー・フィニッシュ。先行していた各馬のペースは、最後の1ハロンで例外なく鈍化するため、追い上げる各馬にとっては外に出してからの直線勝負でも差しが届く。また、往々にして淀の外回りコースでは、4角でポッカリと内が開く光景を目にするが、その傾向を知悉している名手が手綱を取る馬なら、インを強襲する戦法も有効だろう。

結局のところ、最後の1冠を制するに相応しい「強い馬」を探し出すことが、予想上の最大のテーマになる。もう一つ重視すべきことを付け加えるなら、長距離戦の駆け引きでミスを犯さない鞍上の手腕と経験値が大切とも考えられるだろう。
正攻法の予想で、菊花賞の的中馬券を手中に収めてみたい。

<結論>
◎オウケンブルースリ
○マイネルチャールズ
▲ダイワワイルドボア
△スマイルジャック
×アグネススターチ
×ミッキーチアフル
×ダイシンプラン

1番人気の推されているオウケンブルースリの前日売り単勝オッズは、4倍台。「今年は混戦」というファンの心理を素直に反映した数値といえそうだが、神戸新聞杯で先着を許した上位2頭が回避を決め込んだ以上、やはりこの馬を主役候補の筆頭に評価しないわけにはいかない。まだ子供っぽさの抜けないフワフワした気性や、不器用な脚質を不安視する向きもあろうが、前走のように道中内で脚を溜める策に専念できれば、この距離でも持続力ある末脚を発揮できるだろう。
本命選びの決め手となったのは、鞍上・内田博幸騎手の中・長距離戦実績だ。05年のシーズン以降、二千を超える芝のレースで1番人気馬に騎乗したときの戦績を抽出してみると、着順は「9-2-2-3」。連対率で約7割という好成績を残している。何より心強いのは9勝という数値に表現されているとおり、しっかりと勝利をモノにする騎乗ができるということ。単勝回収値に換算してみると100を超える水準が示されており、これなら単勝系の馬券でも十分信頼を置くことができそうだ。

むしろ難解だったのは、この馬の相手探しであり、結局、上記の顔ぶれをピックアップしてみたが、印の回らなかった伏兵(ノットアローン、ロードアリエス、ベンチャーナインなど)も一概に消しとは扱いづらい。オッズが許せば、できるだけ手広く押さえておく必要があるかもしれない。

キルトクールは、武豊とのコンビ結成で出走にこぎ着けたスマートギア。前日売り単勝オッズでは、5番人気。何やら不気味な伏兵という扱いを受けているようだが、こんなタイプに騎乗したときの鞍上の戦績が心許ない。先に紹介した内田博と同じ条件で、武豊の4~6番人気騎乗時の成績を検索してみると、「3-0-7-21」。連対率は1割を下回っており、連対圏突入まで善戦する可能性は、ひとまず消去できるのではないだろうか。

10月 26, 2008 08年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/42906461

この記事へのトラックバック一覧です: 【菊花賞】結局、勝つのは「強い馬」:

» 今週の重賞レース【菊花賞】直前情報 トラックバック 明日の勝利のつかみ方(JRA版)
菊花賞の超穴馬オッズ解析結果、、、大波乱の主役は??? 特に今週も岩田のドットコムにあやしい投票が、、、、、菊花賞の予想、本命はノットアローンここでディープスカイが菊花賞に出走して勝つと仮定すると、他のアグネスタキオン産駒にも注意を向ける必要があります。それがノットアローンなのです。実際、セントライト記念において、皐月賞3着、ダービー4着のマイネルチャールズとはタイム差なしの3 ...[競馬][菊花賞]菊花賞を...... 続きを読む

受信: 2008/10/26 9:47:01

» 京都外回り実績を重視 菊花賞 トラックバック そこで馬が走るかぎり
昨日も菊花賞のことを書いたんで、いきなり ◎ヤマニンキングリー ○メイショウクオリア ▲ホワイトピルグリム 同じ京都の外回り実績で◎○をピックアップしました。 特にヤマニンキングリーは鞍上が柴山。昨年はロックドゥカンブで苦杯をなめましたから、今年に賭ける意気込みを(想像して)買います。きさらぎ賞... 続きを読む

受信: 2008/10/26 9:51:51

» 【競馬】菊花賞予想 トラックバック にたろうの退屈な日々
う・・・風邪が治らないなあ。ていうか昨日あちこち遊びに行って悪化したわぁ・・・自業自得やけど。さて菊花賞。大阪は朝からちょろちょろ雨が降っているけど、馬場に影響はないでしょ。メンバーを見渡すと能力的にはどんぐりの背比べだけれど、やっぱりオウケンブルースリが一歩リードかな。人気が割れてることもあって、一番人気のこの馬から買ってもそこそこ配当はつきそう。それにしても人気は割れてるなあ。下手にひねって高配当を狙おうと思っても配当がつかない感じやね。◎オウケンブルースリー☆ノットアロ...... 続きを読む

受信: 2008/10/26 10:44:28

» 菊花賞、福島民友Cの予想 トラックバック 風を追いかけて
菊花賞 ◎ 9番 マイネルチャールズ ○ 14番 オウケンブルー... 続きを読む

受信: 2008/10/26 12:44:45

コメント

コメントを書く