« ラスベガスで馬券を買おう(後編) | トップページ | 【スプリンターズS】例年とは違う決着になる »

2008/09/28

【神戸新聞杯】油断は禁物の予行演習

Deep_sky_at_nippon_derby_2008かつては現在の内回りコースの距離二千で争われていた神戸新聞杯も、昨シーズンからは外回りの距離二千四へと条件変更。各馬の陣営にとっては、淀の坂越え三千メートルを意識しながら、より本番に近いイメージで予行演習ができる舞台が整った感がある。まだ同世代の誰もが経験していない未知の距離克服に向けての最優先課題は、やはり道中の折り合い。外回りコースの長いバックストレッチと緩やかに弧を描く3~4コーナーは、若い各馬にガマンとタメを教え込むための絶好の教習コースといえるだろう。
実際、昨年のレースでも、3コーナーまでは淡々としたペースで競馬が進む我慢の展開になって、各馬の仕掛けが始まったのは4角付近・残り六百の標識付近から。終わってみれば、外からピッチ走法で差を詰めてきたドリームジャーニーの鮮やかな追込が決まり、2・3着もメンバー中で上位の決め手を示した馬たち(アサクサキングス、ヴィクトリー)が食い込むという順当な結果に落ち着いた。しかし、レースの推定上がり3ハロンの時計は34~35秒台。この数値には、注意を払う必要がある。すなわち、新潟の外回りコースのように、32~33秒台の究極の決め手が問われる競馬ではなく、道中の流れひとつで、先行タイプにも残り目もありうるということだ。

まして今年は、昨年のホクトスルタンゴールドキリシマにように是が非でも、ハナに拘るという逃げ馬が不在であり、なおかつ、後方に決め手上位のダービー馬や強力な上がり馬が控えている。こうなると、道中でどれだけタメを効かせられるかという各騎手の思惑は昨年以上に強く働くはずで、道中はスローペースになるだろう。
さらには馬場状態にも留意。今週からBコースに変わった阪神の芝では、土曜の競馬をみるかぎり、外回りの条件でも前の馬がなかなか止まってくれない。好天の予報が報じられている日曜日も、良馬場ならこのようなコンディションがメインレースの時間帯まで持続する可能性がある。
ダービーでは、直線入口でいったん外へと進路変更してから、満を持して追い出されたディープスカイも、あまり大事に構えすぎると、前を捉えきれないリスクに見舞われかねない。同脚質のオウケンブルースリにしても事情は同様で、これら2強がお互いの存在を意識し過ぎると、前に位置する伏兵の意外な頑張りが怖くなってくる。
上位2頭に注目が集中する一戦だからこそ、そんな可能性を視野に入れ、中波乱決着を想定しつつ、菊花賞トライアルを楽しんでみてはどうだろう。

Smile_jack_at_nippon_derby_2008<結論>
◎スマイルジャック
○ブラックシェル
▲ディープスカイ
△オウケンブルースリ
×ヤマニンキングリー




距離が二千四百に伸びたダービーの舞台では、好位で自在に折り合える適性を発揮し、直線あわやの見せ場を作ったスマイルジャック。首をグッと下げたフォームで淡々と追走していく姿は、父のタニノギムレットを彷彿とさせる。母は、01年のクラシック戦線でオークス向きの逸材として密かに期待を集めていたシーセモアハイペリオンへと遡る母系の血脈から、この距離への適性は十分というべきで、ここは有力他馬よりも前に行けるアドバンテージをフルに生かし切りたいところ。
対抗には、松国師が「言い訳できない一戦です」と断言する自信の仕上げで臨むブラックシェルを抜擢。ディープスカイには2戦連続してその後塵を拝しているが、不完全燃焼に終わったダービーのリベンジを意識して、有力各馬のなかで最も早めに動いていく可能性が高い。今シーズン重賞になると、あまり良い仕事ができていない武豊でも、その背中を知り尽くしたこの馬とのコンビなら、素直に信頼したほうが得策だろう。
以下では、ダービー馬と人気の上がり馬。ともに展開と仕掛けのタイミング次第のレースになりそうだが、力量の裏付けは確かで大崩れまでは考えられない。スマイルジャックと同脚質のヤマニンキングリーも、春シーズンよりも馬体の成長が見られるようなら、軽視禁物と評価する。

キルトクールは、大外枠のモンテクリスエス。阪神巧者でこの鞍上なら正直怖いが、最後はヘロヘロになってしまったダービーや前走が案外。ひょっとして時計勝負に壁があるタイプという可能性も否めない。

9月 28, 2008 08年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/42617372

この記事へのトラックバック一覧です: 【神戸新聞杯】油断は禁物の予行演習:

» オールカマー、神戸新聞杯予想 トラックバック 風を追いかけて
産経賞オールカマー ◎ 11番 マツリダゴッホ ○ 6番 エアシ... 続きを読む

受信: 2008/09/28 12:00:12

コメント

コメントを書く