« 【新潟夏競馬】今週は特別戦3鞍を予想します | トップページ | 【関屋記念】新潟外回りの鬼を探せ!(ジョッキー編) »

2008/08/03

【新潟・小倉夏競馬】大挙出走!愛馬4頭出し

夏真っ盛りの新潟・小倉競馬場。開催4日目の日曜日には、当ブログひとくち出資馬(広尾TC所属)が大挙4頭エントリーしてきました。

20080803_entry_3


いずれも精鋭揃い、全馬上位をめざして頑張れ!と言いたいところですが、少し冷静に考えてみると、近走不振の小倉組2頭に過度な期待は酷というもの。ここは、新潟組の踏ん張りを期待して、特別戦2鞍の行方を展望してみようと思います。

■新潟第9レース 三国特別・ダ1800・500万下・定量
Christophoros_at_nakayama_2008_spri◎マルブツセンター
○ナイスラッキー
▲アドマイヤダンク
△ツルマルビビッド
×オペラダンディ
注クリストフォルス(当ブログ出資馬)
注サムライタイガース



今季の新潟ダートは、とにかく時計が速い。開幕初日8レースで3歳馬バロンビスティーが記録した勝ちタイム1分51秒2は別格としても、500万下なら、良馬場の普通のレースで1分52秒台前半の時計が出る。脚質的にはもちろん先行有利がトレンドだが、安定して速い時計で走れる裏付けさえあれば、差しタイプでも十分通用の素地あるだろう。

前走バロンビスティー組の4着馬・マルブツセンターは、距離・条件を問わず、このメンバーなら時計上位を威張れる存在。早め早めの仕掛けだった前走では、柄にもない競馬を強いられたことへの反発か?少し反応が鈍かったけれど、それでも千八の距離を1分52秒ジャストの時計で走破した。今回は、この馬本来の待機策。それなら、差し脚の威力倍加は必至で、道中のペース次第では差しきり勝ちがある。
以下では、持ち時計上位の各馬をマークしてみたが、有力各馬がじっくりと構える展開になれば、前を行く組に展開利が生まれる可能性も考慮しておきたい。角居厩舎から2頭出しクリストフォルスサムライタイガース。前者には福永祐一、後者には小野次郎と先行得意の鞍上が配され、ともに行く気は満々。同厩舎のこれら2頭が競り合う展開になるとは考えられず、どちらかがハナを取れば当然他方は控える。両馬とも、大幅な時計短縮の課題は残しているが、休み明けの仕上がり次第では、これらのいずれかが残る展開も想定すべきだろう。

■新潟第11レース 北陸S・ダ1200・オープン・ハンデ
Officer_at_teiosho_tck◎ジョイフルハート
○オフィサー(当ブログ出資馬)
▲エアアドニス
△バンブーエール
×ダイワマックワン
注トロピカルライト




昨年までの別定戦からハンデ戦へと負担重量の条件が変更され、「格より調子」を重視すべきか?とも考えたが、各馬の状態を子細に検討すればするほど、トップハンデ58キロを背負うジョイフルハートには逆らえないな、という思いが強くなる。前走・旭川の交流重賞では、ゴール前手綱を押さえる余裕の勝利で完全復活をアピール。坂路元帥の異名を取った2年前と比べ坂路の時計は出なくなっているが、それでも1週前の木曜追いで記録した50秒9は断トツの一番時計だ。酷量58キロも2年前のエニフSで克服済みなら、その速力を素直に信頼すべきか。
強い逃げ馬がスピードに任せて引っ張る展開だけに、他の先行勢は苦しく、相手には持ち時計の裏付けがある差しタイプを狙ってみたい。そんな条件に当てはまるのが、当ブログ出資馬のオフィサー。前走・帝王賞はさすがに敷居が高かったけれど、クラシックディスタンスから千二のスプリント戦へと大幅な距離短縮によるショック療法で、今回は道中で中団・後方に控える格好になる公算が大。ならば、久々に直線で唸りを上げるような豪脚が炸裂する可能性がありうる。
新潟巧者のエアアドニスと、距離千二ならやはり差す格好になりそうなバンブーエールがこれに続く。トロピカルライトは、この相手でも本来なら速力上位だが、今回は休み明けの一戦。同型強力で自分の競馬に持ち込める可能性が薄く、ひとまず押さえ程度の評価にとどめておきたいところだ。

8月 3, 2008 ひとくち馬主日記, 08年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/42044638

この記事へのトラックバック一覧です: 【新潟・小倉夏競馬】大挙出走!愛馬4頭出し:

» 小倉記念、他予想 トラックバック 風を追いかけて
1週あいただけなのに、久しぶりな気がするw 夏開催は難しいなぁ・・・ 小倉記念 ... 続きを読む

受信: 2008/08/03 10:02:11

» 百円馬券師 小倉記念ほかの買い目 トラックバック 雲國齊の無謀
本日もウインズでスクラッチに挑戦。3等ゲット(オッズカードでした)。 小倉10R 続きを読む

受信: 2008/08/03 14:46:00

コメント

ほはていさんも北陸Sのオフィサーには高評価のようですので、応援馬券いかせてもらいます。

投稿: もくに | 2008/08/03 7:28:25

山城守さん、もくにさんども
かなり手薄なメンバー構成でオフィサーは今回大チャンスですね。
ジョイフルハートは前走の快勝でかなり人気を集めてますが、今回は斤量有利なダイワマックワンの方が先着すると思いますね。
おそらくオフィサー、ダイワの2頭じゃないかと読んでいます。

投稿: ほはてい | 2008/08/03 8:53:51

もくにさん、ほはていさん。毎度、どうもです。
北陸Sで期待のオフィサーは、結局ブービー負けの12着という不本意な結果に。千二の距離だと道中でズルズル後退していくのは毎度のこと。直線勝負で久々の豪脚爆発を期待していたのですが、4角時点で位置取りがちょっと後ろになりすぎましたね。直線ではまったく映像に映るシーンすらなく、ひょっとして故障発生か?とも心配しましたが、クラブからの情報によると特に異常はなかった模様。気性の難しさが、思わぬ大敗を呼んでしまった格好ですsweat01
オフィサーは、来週の関屋記念にも登録していますが、まさか連闘での参戦はないでしょう。水沢のクラスターCか、新潟のBSN杯あたりを目標に、また仕切り直しです。

投稿: 山城守 | 2008/08/03 19:32:37

こんばんは山城守さん
オフィサーは残念でした。
もう1頭のダイワも11着とお寒い予想になってしまいました…
脚質のことなんですが新味を見せた春先の先行策ももう少し試して欲しいと思ったんですがいかがなもんでしょう?

投稿: ほはてい | 2008/08/03 19:57:07

>ほはていさん

世間は北京五輪一色ですが、函館に遠征中なのですね。かくいう私も只今、新潟競馬に遠征中です。オリンピック何するものぞ!ということで、お互い懲りないですねえ(汗)今年もダメ人間の道へと、一直線です。
さて、先行有利がトレンドと言われてきた今シーズンの新潟夏開催ですが、土曜の競馬を見る限り能力上位なら、脚質は不問という印象を強くしました。明日も午前中から新潟競馬の馬券に専念するつもりですが、函館1レースには自分のひとくち出資馬(ブリッツエン)も出走を予定しているので、少しだけ注目しております。

投稿: 山城守 | 2008/08/10 1:36:44

コメントを書く