« 【アイビスSD】経験値も問われる速力比べ | トップページ | 【新潟・小倉夏競馬】大挙出走!愛馬4頭出し »

2008/07/27

【新潟夏競馬】今週は特別戦3鞍を予想します

Niigata_summer_series_2008_july_2今週のJRA重賞は、難解なハンデ戦・函館記念なので勝負をパス。わが準・ホームグラウンドの新潟夏開催に焦点を絞って、特別戦3鞍の予想を公開します。ちなみに開幕週は土日とも現地観戦でしたが、閃光特別ワシントンパーク(12番人気)、五頭連峰特別ダイワルピア(8番人気)、越後Sのダイイチミラクル(12番人気)などなど、まさかの伏兵の激走に頭を抱えるレースの連続でした。おかげで、三連複中心の馬券は大苦戦・・・・。
しかし、2週目の今週は捲土重来です。じっくりと自宅に腰を据え、PAT&グリーンチャンネルで密かに夏の新潟攻略を目論んでいます。

■第9レース 稲妻特別 芝・直線1000・1000万下・定量
開幕2週目。直線千メートルのコースは、土曜の新馬戦で僅かに1度使われただけ。
勝利への最短ルート・外ラチ沿いの走路はしっかりと温存されており、そこを通れるか否かがゴール前の明暗を分けることになりそう。外枠有利は、誰の目から見ても明々白々だ。ならば、17番の好枠を引いた実績馬・ゼットカークが主役候補の最右翼といえそうだが、57キロの斤量は3歳勢との比較で有利とはいえない。そこで、52キロの3歳牝馬の勢いに注目してみよう。

◎トーホウドルチェ
○ゼットカーク
▲セレスダイナミック
△ゴールデンリング
×モンテミウ
注アドマイヤフッキー

トーホウドルチェは、前々走(中京)と前走(福島)の芝千二で、ともに1分8秒台前半の時計をマーク。芝の状態が良かった中京と、開催3週目で少し荒れが目立ってきた福島の芝で、ほぼ同等の走破タイムなら、実質的な持ち時計はかなり短縮していると理解すべきだ。直線1000メートルの条件を求めて、関西から意欲の遠征。鞍上にも内田博を配してきたことから、陣営にとってもここは勝負の舞台だろう。ダッシュ鋭くラチ沿いのベストポジションを確保できれば、あとはゴールまで一目散
以下では、前々走の福島芝千二で1分8秒1の好時計を記録し、直線競馬でも好走歴のあるゴールデンリングだが、手綱を取るベテラン柴田善にとって、スタートから追い通しの競馬は体力的にちょっと辛い。実際のところ昨シーズンは、新潟・直線競馬で2桁着順ばかりだった。ならば、時計短縮の課題はあっても、最後の最後までしっかり馬を追ってくれる福永祐一のセレスダイナミックのほうが有力か。3歳牝馬モンテミウは、前走でトーホウドルチェに完敗。とりあえず、これくらいの評価が適当だろう。

■第10レース 佐渡特別 芝・内2200・1000万下・定量
◎ダイワワイルドボア
○シグナリオ
▲キングオブカルト
△ダイシンプラン
×テンシノゴールド
注マイネルグラシュー

現級でも粒揃いのメンバーが揃って楽しみな一戦だが、人気は関西から岩田康誠とのコンビで遠征してきたダイシンプランに集中している。だが、その岩田騎手自身が、実は今回の不安材料。新潟競馬場では04年のシーズン以来、出走歴が無く、コースの経験値に若干の不安があることを否めない。また、春開催で温存されていたAコースのラチ沿いがグリーンベルトとして機能している内回りコースでは、先行有利が目下のトレンド。差し脚質のダイシンプランより、コースロスなく立ち回れる先行タイプを狙ってこそ、妙味のあるレースだ。
3歳馬ダイワワイルドボアは、左回りのコースの中長距離でラチにピッタリと張り付くコース取りが、これまでの好走パターン。後藤のブラックキャニオンを除いて、内目の枠に先行タイプがいないこの組み合わせなら、7番枠からでもしっかりとマイポジションを確保できそう。2月の東京開催で芝二四を2分25秒8で走破した持ち時計から、時計勝負になっても不安はなく、リフレッシュした今回はしっかりと能力を出しきれそう。
これ以外では、降級戦の前走で叩き合って勝負根性をむき出しにしてきたシグナリオ、荒れ馬場の福島で不完全燃焼だったキングオブカルトも有力。マイネルグラシューは、初距離でこの大外枠がどう出るか?だろう。

■第11レース 関越ステークス ダ1800・オープン・別定
◎マコトスパルビエロ
○タガノエクリプス
▲イイデケンシン
△マイネルアワグラス
×ドンクール
注ハスフェル

別定戦ながら55キロの恵量なら、ここはマコトスパルビエロで断然という評価しかない。新潟のダートコースは、金曜の雨の影響で日曜日も稍重程度の状態と思われるが、仮に良馬場でも軽くて速い時計の出る砂。前・前で立ち回れる脚質が、ここでは強調材料になる。
断然の1番人気馬を本命に据える以上、馬券のポイントは相手選び。ブランク明けのマイネルアワグラスシルククルセイダーといった有力どころはいずれも叩き良化型でもあり、できれば、あまり馬券を買いたくない。そこで最内枠のタガノエクリプスに注目。前々走はスタート部分の芝、前走は距離と敗因が明白で度外視できる。条件が好転する今回は、走り頃なのかもしれない。
全日本2歳優駿ディラクエレインボーペガサスを下して以降、精彩を欠いているイイデケンシンも、過去3走は、苦手の芝・海外遠征・遠征帰り初戦と、情状酌量の余地が大きい。「謙信」の故郷・新潟コースで新潟県出身の村田騎手なら、かの毘沙門天の化身の名を辱めない好走があっても驚けないだろう。以下では、昨年2着のドンクールに、大勢決した後の無欲の追込に注意を払うべきハスフェルを、ヒモとして少々押さえておきたい。

7月 27, 2008 今週の注目馬, 08年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/41980295

この記事へのトラックバック一覧です: 【新潟夏競馬】今週は特別戦3鞍を予想します:

コメント

一昨年、初めて新潟競馬場に行きました。

朝から凄い行列で、こんなに競馬が人気があるとは思いませんでした。
中に入ってまた驚きです。
出店の凄い事。
まるでお祭り騒ぎです。

「そうなんだ。新潟の人にとっては、年に何度もこないこの競馬が祭りなんだ。」とそう思いました。
私は、そのブースの一つで「八海山」を注文して帰りました。
名古屋で買うより、うんと安い値段でした。

旨かったなあ、あの「八海山」。

投稿: フセイン八木 | 2008/08/02 8:32:39

>フセイン八木さん

新潟競馬場は、福島などに比べると常設の飲食施設がやや貧弱なので、お祭り出店の効果は絶大ですね。今年もアイビスSD当日には、名物・豚の串焼きを求めて長~い行列ができていました。
場内の出店には今シーズンから新顔も登場しています。新潟名物の各種駅弁を販売しているお店。かの駅弁女王(小林しのぶ氏)も絶賛した新津駅名物「ひらめずし」などを買い求め、場内で至福のランチタイムを楽しむことができます。評判に違わず、実に美味でした。
今週は府中場外からの観戦・馬券購入ですが、来週の関屋記念当日には、またまた新潟に遠征する予定です。

投稿: 山城守 | 2008/08/03 2:12:11

コメントを書く