« 【宝塚記念】ドリームレースの夢からさめて | トップページ | 【七夕賞】前走エプソムC組の取捨選択を考える »

2008/07/06

【ラジオNIKKEI賞】軽量の恩恵プラスアルファが問われる

Fukushima_summer_series一昨年に負担重量の設定条件が「ハンデ」に改められて以降、54キロ以下の軽量馬が2年連続してワンツー・フィニッシュ。対照的に、55キロ以上のハンデを課せられた実績馬は「0-0-1-6」と苦戦を強いられており、クラシック未出走だった上がり馬有利の傾向が、従来以上に強調されている感がある。
そもそも「格より調子」を重視すべき夏開催の重賞レース。クラシックを目標に目イチに仕上げてきた反動が懸念される実績馬よりも、勢いに乗って参戦してくる上がり馬を狙うのは、セオリーに適っていると言えるだろう。今年も、ハンデ53キロで2戦2勝のダイバーシティが前日売り1番人気に推されるなど、大方の見解は、軽量の上がり馬優勢という傾向の再現を支持しているようだ。
だが、昨年・一昨年のこのレースを思い起こしてみると、当時の馬場状態は、雨で渋化した道悪だったり、ボコボコの荒れ馬場だったりと、時計を要する特殊な条件の下での争いだった。その事実には、改めて注意を払っておく必要がある。すなわち、スピードよりもパワーの優劣が問われる馬場状態になれば、通常の良馬場以上に、軽量の恩恵が上位馬の大きなアドバンテージとして作用していた可能性があるということ。2週前の阪神・マーメイドSの大波乱の結果にも象徴されているように、それもまた競馬のセオリーだ。

そうした視点で今年の福島の馬場状態を確認してみると、Bコース替わり初日だった開催5日目、芝千八の3歳未勝利戦の勝ち時計が1分47秒4と、昨年のラジオNIKKEI賞を凌駕する水準が記録されている。また、9レースの南相馬特別(芝二千・500万下)でも2分を切るタイムが出ているように、開催後半に突入してもまだまだ走破時計は速い。福島市内では土曜夜に小雨が降ったようだが、日曜日は好天の予報が報じられており、おそらくメインレースの時間帯になっても、良好な馬場状態が維持されるはず。となれば、軽量馬=買い、重量馬=消しという単純な分類法で着順が分かれるというよりも、時計の速い決着になっても対応できるポテンシャルの有無が問われてくるのではないか?
軽量の恩恵を受ける上がり馬の勢いを重視するだけでなく、スピード競馬への対応力も含めて、各馬の戦力比較を慎重に進めていく必要がありそうだ。

<結論>
◎スマートギア    53キロ
○タケショウオージ  56キロ
▲ダイバーシティ   53キロ
△アロマキャンドル  54キロ
×モンテクリスエス  55キロ
注ルールプロスパー 54キロ

前々走・京都の千八を1分49秒5、前走・中京千八を1分47秒4で勝利。ペースの違いはあれど、持ち時計を大幅に短縮しながら連勝街道を歩んできた上がり馬スマートギアの勢いに注目してみる。デビュー当初から課題だったスタートの鈍さは、ここに来て克服しつつあり、ペースの緩急に応じて自在に立ち回れる脚質の幅も、ここでは強調材料になりそう。武豊から福島得意の津村騎手への乗り替わりで単勝7倍台なら、馬券的妙味も十分だ。
同じく53キロのハンデを与えられ1番人気の支持を集めるダイバーシティは、大物感を漂わす勝ちっぷりに魅力があるものの、持ち時計の裏付けがなく、小回りコースへの条件変更に対応できるかどうかも未知数。ならば、56キロのハンデでも、このコースでデビュー勝ちを収めているタケショウオージのほうを上位に評価すべきではないか?今回は国枝厩舎の主戦というべき後藤騎手への乗り替わり。3月から使い詰めのローテーションでも状態をキープしており、ここでも勝負になる手応えがあればこその鞍上スイッチとみた。
2年連続で牝馬が3着に食い込んでいる事実も考慮し、連下にはアロマキャンドルをマークしておきたい。2走前のオークスTRでは溜める競馬で圧倒的な爆発力を披露。肝心な本番では道悪で決め手不発に終わったが、前走で減った馬体が回復していれば、牡馬相手でも侮れない。以下では、最内枠から好位を立ち回れそうなモンテクリスエスと、関西からわざわざ主戦・和田竜二とのコンビで遠征してくるルールプロスパーの逃げ粘りにも、少し期待してみる。
キルトクールは、若葉Sの覇者・ノットアローン。藤岡兄から蛯名への乗り替わりは一見すると鞍上強化と言えそうだが、高額条件になればなるほど、逃げの積極策を取らない鞍上との相性に疑問が残る。57キロのハンデにも陣営の泣きが入っており、直線であっさりと後続馬群に飲み込まれてしまうシーンが目に浮かんでくる。

7月 6, 2008 08年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/41748260

この記事へのトラックバック一覧です: 【ラジオNIKKEI賞】軽量の恩恵プラスアルファが問われる:

» 函館スプリントS、ラジオNIKKEI賞、他予想 トラックバック 風を追いかけて
夏競馬が始まりましたねぇ♪ 馬で買うか、騎手で買うか悩む(笑) 函館スプリントS... 続きを読む

受信: 2008/07/06 14:16:31

コメント

コメントを書く