« 【ダービー卿CT】意外と重要な前走との斤量差 | トップページ | 【皐月賞】パワー競馬への適性を推し量る »

2008/04/13

【桜花賞】本番になればマギレなし

Oka_sho_jpn1桜花賞を現地観戦するため、只今、関西に乗り込んできている。
土曜日の阪神競馬にも午後のレースから参戦。馬券成績のほうはサッパリだったが、目の前で繰り広げられるレースを通じて芝コースの状態を確認できたという意味では、それなりの収穫があったと思う。
阪神・春の連続開催も後半戦に差し掛かって、Bコース2週目。使い込まれた芝は、直線コースのラチ沿いから4~5メートルほどの幅でデコボコと踏み荒らされ、上からみると毛羽立ったように見える箇所が肉眼でもハッキリと確認できた。これでは内のコース取りを選択する馬は軒並み脚勢をそがれ、外からの差し馬の餌食になるかも?と思いレースを観戦していたが、現時点では、まだそこまでハッキリした影響は表れていない。各騎手とも外を回すコース取りには固執しておらず、メインレースの阪神牝馬Sでは、逃げてラチ沿いを粘りに粘ったエイジアンウインズが、外から迫るブルーメンブラッドの追撃を封じ込んでいる。
ハイペースになれば見事に前がつぶれ、スローペースになれば内を通る先行馬が残る。現時点では、内回り・外回りの設定を問わず、コース取りよりも道中のペースの緩急が、ゴール前各馬の通過順位に直接的な影響を及ぼしているように思えた。その意味では、我々ファンの競馬常識にかなった馬場状態である。桜花賞でも余計なバイアスに振り回されることなく、出走馬の力関係の比較や展開の想定からオーソドックスに予想を組み立てれば、少なくともピントはずれの馬券を買ってしまう心配はないだろう。

さて、その桜花賞の舞台となる外回り千六では、一昨年の大改修以降、スローペースの競馬が増えたと言われている。昨年の一戦も、発馬から4~5ハロン目の地点で12秒台までラップが緩んで、1000メートル通過タイムが59秒8。まるで距離二千メートルの中距離戦のように緩やかな流れになった。そこからダイワスカーレットが推定上がり33秒6という速い脚を繰り出し、ウオッカの追撃を振り切ったのはご存じのとおり。魔の桜花賞ペースと呼ばれたハイペースかつ前潰れの競馬が、ほぼ毎年繰り返されていた当時とは、まさしく隔世の感がある。
阪神のマイル戦でスローペースの発生が増加している傾向は数字でも裏付けられている。TARGET frontier JVから出力されるPCI(ペースチェンジ指数)の上位3頭平均値(PCI3)を確認してみると、平均~スローに該当するレース(PCI3・53以上)が全体の約7割にも達しているのだ。コース改修前4年間(03年~)のデータでは全体の36%に過ぎなかったのが、ほぼ倍増しているという結果である。
PCIの値とは大雑把に言ってしまうと、50を境にして、それより数値が小さければ前傾ラップのハイペース、大きければミドル~スローペースという解釈が可能。その視点から、今年の牝馬クラシック路線を振り返ってみると、同じ阪神の外回りマイルでもジュベナイルフィリーズはPCI3が47.03とハイペース、チューリップ賞では対照的に61.47と極端なスローペースであったことがわかる。先行馬の顔ぶれもそこそこ揃った本番では、ハイペースにせよスローにせよ、そこまで極端にペースがぶれる心配もないだろう。逃げると目されるデヴェロッペが最内枠を引いてくれたおかげで、案外と各馬の隊位がすんなり決まって、道中は淡々とした平均ペースに落ち着いてきそうな予感がする。PCIの数値に換算して言えば、想定されるペースは53~60といったところか?
そんなペースになれば、馬場状態や展開によるマギレの可能性が減少する分、どんな脚質の馬にもチャンスがあるが、突き抜けるためには能力の裏付けも必要になってくる。どうやら今年の桜花賞は波乱を期待するよりも、順当な決着を想定すべきというのが、結局たどりついた結論だ。前哨戦で各馬が示したパフォーマンスをもう一度慎重に吟味しつつ、馬券の選択を考えてみたい。

<結論>
◎オディール
○トールポピー
△リトルアマポーラ
△ソーマジック
△シャランジュ
△ブラックエンブレム

極端にペースのぶれたジュベナイルFとチューリップ賞。その両レースに出走して、いずれも上位を占めたトールポピーとオディールは、ペースに対する適応力の柔軟さとコース経験で他の有力どころよりも一日の長があるように思える。なかでもハイペースを早目抜けだし、スローで追い込みとペースに真っ向から逆らう戦法を取りながら、それでも崩れなかったオディールの能力を本番では高く評価してみたい。最終結論はもちろん各馬の状態を確認してからになるが、◎○から印各馬への3連複2頭軸流しを厚めに、オディールからの単勝・馬単も少し買ってみたいところ。

Little_amapola_at_queen_sクイーンCの勝馬リトルアマポーラは、阪神マイル2戦2勝の実績が高く評価されているが、いずれも条件戦であり戦ってきた相手の質はけっして高くない。前走でやや細く映った馬体があまり回復していないと陣営が公言しているのも不安材料。まあ、攻めは動いているので、杞憂に過ぎないのかもしれないが・・・・。それなら、アネモネSで外から一気に突き抜けたソーマジック・シャランジュの決め手にも同等以上の評価を与える必要があるだろう。

キルトクールは、フィリーズレビュー組・全頭。ペースやコース取りによって着順が左右された一戦という印象が強く、このレースで上位に入線=能力上位という公式が成り立たない。この時点で中間の一頓挫が影響し敗退したエイムアットビップにしても、少し負けすぎの感があり、巻き返しの目は小さいのではないだろうか?

4月 13, 2008 08年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/40864260

この記事へのトラックバック一覧です: 【桜花賞】本番になればマギレなし:

» 桜花賞予想 トラックバック 気まぐれなサイコロVR
今年もいよいよクラシックレースの開幕。牡馬、牝馬とも混戦といわれている今年はどういった展開になるか注目したいし、レースも的中させ懐も春の陽気のように暖かくしたいところ。 【阪神11R:桜花賞】 ◎?トールポピー ○?オディール ▲?リトルアマポーラ △?エイムアットビップ ×?エアパスカル ×?ベストオブミー ×?マダムルコント 本命にしようと早くから決めていたポルトフィーノの出走取り消しにはかならいがっくりときてしまった。それだけに興味はかなり減退してしまったのも事実。2頭出しで一頭取り消して... 続きを読む

受信: 2008/04/13 9:02:00

» 「△ブラックエンブレム」についての最新ブログのリンク集 トラックバック 話題のキーワードでブログサーチ!
△ブラックエンブレム に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると… 続きを読む

受信: 2008/04/13 12:24:20

» 桜花賞、他予想 トラックバック 風を追いかけて
愛馬と同じ矢作厩舎のエイムアットビップと愛馬が未勝利戦 優勝した時の2着馬のエア... 続きを読む

受信: 2008/04/13 13:41:06

» 桜花賞の予想(勝ち馬印&主要レースレベル付) トラックバック 府中の杜
いや~、悩みました(苦笑) そんな混戦模様の桜花賞ですが、馬券はパドックを見てギリギリまで悩むつもりです。一応の予想の結論はこちらです。 本命◎に昨年の2歳女王トールポピー。チューリップ賞こそエアパスカルの逃げを捉えられなかったが、力は十分見せる事はできた..... 続きを読む

受信: 2008/04/13 15:17:56

» △ソーマジックのこと トラックバック 今日の気になること
ブログから検索 今週の予定とソーマジックの近況報告昨日はレッドアゲートについてお話しましたが、今日はソーマジックについて近況を報告します。 当初は紫苑Sを予定していましたが、思いのほか残暑が厳しいので、ここは使わずに美浦へ戻すのを遅らせています。恐らく...... 続きを読む

受信: 2008/09/13 15:33:45

コメント

待ちに待った桜花賞!クロフネ産駒から買う予定が残念だす。オディ-ルからマルチでトールポピー.エアパスカル.シャランジュ.マイネルレーツェル.ブラックエンブレムを買います。今日は後楽園ウインズです。リトルアマポーラは泣く泣く外しました。失敗したかなぁ。気まぐれな女の子達頑張れ!

投稿: ナナ | 2008/04/13 11:29:00

>ナナさん

阪神競馬場で現地観戦していましたが、少なくとも私の周囲・半径30メートル以内には、桜花賞の馬券を的中した人はいなかったようです。まさに「マギレ」を通り越して、大変な波乱になってしまいましたね。そんなわけで当エントリの見解も、全くの見当違いという結果に終わりました・・・・・昔から、気まぐれな女の子のレースは苦手だったので仕方がありません。

さて、現地のパドックで出走各馬を観察した個人的印象なのですが、目を引いたのは、関東馬2頭のデキの良さです。追い切りをせず本番に臨んできたブラックエンブレムと、伏兵シャランジュ。前者は痛恨の出遅れ、後者もなぜか伸びませんでしたが、巻き返しを警戒したいところです。特に後者は、デビュー以来、好走→凡走のパターンを繰り返しているので、次走は走る順番ですね。ではでは。

投稿: 山城守 | 2008/04/16 23:48:01

コメントを書く