« 【フローラS】高速馬場は瞬発力勝負の舞台 | トップページ | 【天皇賞・春】夢のつづきを、見に行こう。 »

2008/04/28

【フローラS回顧】本日の主演女優は・・・・

いや本当のことをいうと、これほどまでに人気があるとは思っていなかったんですよ。
フローラSに出走してきた白毛のお姫様ユキチャン
午後から初夏の陽気に恵まれた東京競馬場。第10レースの本馬場入場が終了した後、窓口で馬券を購入し、何気にパドックの方向を振り返ってみると、既にものすごい人だかりが集結しており、まるでG1レース直前のような熱気がムンムン。パドックを囲むほとんどすべての人たちが、レースそっちのけで、ユキチャンの登場を今や遅しと待ち望んでいるムードでした。そして、本日の主演女優がパドックに純白な馬体を現すと、場内からは何とも言えない感嘆のため息があふれます。「本当に真っ白なんだ・・・・

Yuki_chan_at_flora_stakes

その一挙手一投足に視線が注がれ、場内の各所から一斉にカメラの放列が向けられるなか、主演女優は落ちついて周回を繰り返していきます。おそらく、これほどファンの注目を一身に集めたサラブレッドの登場は、あのディープインパクト以来といっても過言ではないでしょう。奇しくも、ユキチャンをエスコートする騎手の勝負服は、父クロフネ・母シラユキヒメから受け継がれた黒・青袖・黄鋸歯形のデザイン。七冠を制した希代の名馬と同じ装いが、ファンの期待をさらに盛り上げる効果もあったと思います。

最終的な単勝オッズは「7.7倍」の4番人気。前日売りの時点では、2~3倍台の1番人気とやや過剰気味の支持を集めていたことを思えば、落ち着くべき所に落ち着いたというべきでしょう。フローラS自体の馬券売上も、前年の金額を上回ることはできなかったようです。これらの数字を見る限りでは、どうやらこの白毛フィーバー、ハルウララ騒動のように競馬と無縁な門外漢までを巻き込んだ狂騒には、まだ発展していない感じですね。それでも、この白毛馬を一目見ようと多くのファンが東京競馬場へと足を運んだのは事実。ユキチャン効果のせいか?日曜日の競馬場内には、普段よりも家族連れのお客さんが多かったように感じられました。

レースの結果、ユキチャンは馬群の外から上位をうかがう態勢を取ったものの、直線伸びを欠いて首位からコンマ6秒差の7着に敗退。重賞制覇、そしてオークス出走の夢はこれでひとまずお預けになってしまったものの、重賞に出走する「強い白毛馬」の挑戦はまだまだ続きます。
競馬人気の起爆材ともいうべき独特なポジションを手にしたこのアイドルホースが、真の主演女優に成長していくストーリーは、果たしてこの後どんな展開を見せるのか?ひねくれ者の当ブログ管理人も、ちょっとワクワクしながら、ドラマの続きを待ちたいと思っています。

4月 28, 2008 日記・コラム・つぶやき, 08年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/41015565

この記事へのトラックバック一覧です: 【フローラS回顧】本日の主演女優は・・・・:

コメント

ユキチャン見ましたよ。とてもキレイで惚れ惚れしました。パドックも凄い人でしたね!残念な事に動画を撮影したのに撮れていませんでした。フローラSは取れなかったけどユキチャンを見れて満足。京都のアンタレスはバッチリでした。ワンダースピード軸にして良かった。次は天皇賞ですね!アイホッパーに期待かなぁ・・・

投稿: ナナ | 2008/04/28 22:40:45

>ナナさん
フローラSで7着のユキチャン。正直なところ、あれほど人気があるとは思っていなかったので、思わずエントリにしてしまいました(汗)
とはいえ、「人気はあちら、お金はこちら」。パドックで、思わずその気配の素晴らしさに目を奪われたのがレッドアゲートです。単勝馬券で勝負したのが正解でした。この馬、2月の頃には、華奢な馬体に冬毛がビッシリと全く見栄えがしませんでしたが、今ではキリリと引き締まったグッドルッキングホースに大変身。この状態を維持できれば、オークスでも上位候補として期待できると思います。

投稿: 山城守 | 2008/05/04 3:23:03

コメントを書く