« 【桜花賞】本番になればマギレなし | トップページ | 【フローラS】高速馬場は瞬発力勝負の舞台 »

2008/04/19

【皐月賞】パワー競馬への適性を推し量る

Black_shell_at_yayoisho_08_2木曜から降り始めた雨も上がって、日曜日は午後から晴天の予報。皐月賞に向けて馬場状態の回復が見込めそうな中山競馬場だが、それでもパンパンの良馬場というわけにはいくまい。グリーンチャンネル・先週の結果分析で公表される馬場差の数値を確認しても、今シーズンの中山では例年より芝の傷みが早く、Bコース替わり1週目を除けば、時計を要するコンディションが常態化。さらに、先週日曜・土曜日と連続して道悪での競馬を施行したツケも最終日には回ってくる。ローラー整備や芝刈りの効果も、土曜日の時点でもう帳消しだろう。
要するに皐月賞の時点の馬場発表が「稍重」であろうと「良」であろうと、緑鮮やかな洋芝の下では、実質「重」に近い状態になっていることを想定しておく必要がある。
坂井千明・元騎手の言葉を借りるなら、一口に「稍重」の馬場といっても、「前日に雨が降って徐々に回復して稍重になるパターンと、直前に雨が降って稍重になる場合」の2種類の状態があり、このうち「徐々に回復する場合は、水が下に浸透していきますから、表面の芝はほぼ乾いた状態になる。ですから、すべる馬場というよりは下の部分がぬかるんでいるので、力のいる馬場になる」ということだ。
※説明コメントは「坂井千明のコースの達人」より引用

力の要る芝で、スピードやキレよりも、パワーと持続力が要求される我慢比べ。今年の皐月賞は、例年以上にそんな傾向が強調される一戦になるのだろう。キャリアの浅い3歳馬同士のレースだけに、出走各馬の力の要る馬場への適性には未知な面が多い。だが、道悪競馬での経験というより、「パワー」「持続力」そのものに注目してみる手もあるのではないか?

たとえば、パワーの源泉ともいうべき馬格の大きさ。大きければ大きいほどいいという単純な話でもないが、力の要る馬場なら、非力で華奢なタイプよりも大柄な競走馬のほうが当然有利だろう。あるいは、血統背景というのも、ここでは注目すべきファクターとなりうる。母や兄弟の現役時代の成績にダート競馬や北海道の重い洋芝での好走歴があれば、力比べの競馬になった場合の適性を推し量ることができる。

今年は下馬評どおり、どこからでも馬券を買えそうな混戦で、出走馬の能力差も紙一重。展開の予測も難しく、下手に手を広げていくと、締め切り直前まで買い目を絞りきれないということにもなりかねない。それなら、敢えて能力・実績や脚質よりも馬場適性という切り口を重視して、有力どころを取捨選択していくのも一興だろう。各馬の前売り人気も割れ加減で、先週の桜花賞ほどの高額配当は期待できないかもしれないが、想定外の伏兵の激走で中波乱となる可能性まで想定し、検討をすすめていきたい。

<結論>
◎ブラックシェル
○レインボーペガサス
▲ダンツウイニング
△タケミカヅチ
×マイネルチャールズ
注ノットアローン
注レッツゴーキリシマ
注フローテーション

馬格というより、いかにもパワーがありそうな馬体の迫力に注目するなら、中心は◎ブラックシェルでよい。中山・芝二千でのマイネルチャールズとの対戦成績が2連敗中なのは、不器用な脚質の所以だが、裏を返せばロスのある競馬でも差のない好戦に持ち込んでいるということ。重い馬場での力比べの競馬になれば、長く良い脚を使えるこの馬のセールスポイントが生きてきそうで、3度目の正直での逆転劇を期待してみる。
○レインボーペガサスの母は、現役当時・函館巧者で慣らしたギャンブルローズ▲ダンツウイニングの母系も、女傑ロジータへと連なる筋金入りのパワー血統だ。ともに力比べの競馬は大歓迎であり、華奢なタイプのマイネルチャールズを逆転できる可能性を秘めた伏兵というべきだろう。△タケミカヅチは、これで3戦連続して内枠からの発走。それでいて近2走は渋太い競馬を続けており、内を立ち回って勝ちきれないまでも馬券圏内に残る目を想定しておきたい。
以下では、1番人気のマイネルチャールズ。実質単騎逃げの展開に持ち込めた場合のノットアローン、こちらも粘り込みの競馬を臭わすレッツゴーキリシマ、年末のラジオNIKKEI賞1戦だけでは道悪不向きと断定できないフローテーションをマーク。

キルトクールは、ショウナンアルバ。引っ掛かる気性のこの馬が大外枠を引いてしまったのは不運というしかない。ハナを奪おうが、好位からの競馬になろうが、おそらく前に壁を作れず自滅する公算が高いだろう。

4月 19, 2008 08年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/40928103

この記事へのトラックバック一覧です: 【皐月賞】パワー競馬への適性を推し量る:

» 【独りで行け!◎ノットアローン】第68回皐月賞(GI)の予想印! トラックバック auとか馬とか
第68回皐月賞(GI) ◎ノットアローン ○マイネルチャールズ ▲タケミカヅチ △ショウナンアルバ △スマイルジャック △レインボーペガサス ×ブラックシェル ×キャプテントゥーレ ×ダンツウィニング ×スズジュピター 何ぞこのレース!混戦にプラスして大荒れ桜花賞の前振りで欲も出てしまいまったく絞れません…ほんとは枠連でいいのかも(笑)。 悩んだあげく本命は若葉S勝ち馬ノットアローン!渋った馬場歓迎。仕上がりも良いみたいですし逃走劇を期待。藤岡佑介JKが力まず乗... 続きを読む

受信: 2008/04/20 7:01:51

» 皐月賞、他の予想 トラックバック 風を追いかけて
どの馬にもチャンスがあるから悩む。 皐月賞 ◎ 9番 マイネルチャール... 続きを読む

受信: 2008/04/20 7:52:06

» 皐月賞の予想(勝ち馬印&主要レースレベル付) トラックバック 府中の杜
スンナリ決まりそうと考えていた桜花賞が大荒れした後だけに、荒れそうな気配の皐月賞は結局スンナリ・・・と考えたりもしたんですが、前々から考えていたとおり、皐月賞は穴狙いで勝負。 まー、それでも正直そんな穴とは思ってないんですが、本命◎にはノットアローン。折..... 続きを読む

受信: 2008/04/20 14:03:11

コメント

皐月賞!マイネルチャールズからノットアローン.ブラックシェル.キャプテントゥーレ.フローテンションを買います。ちなみに中山10Rが勝負レースです。マイネルが3冠を狙えるかどうか楽しみです。もしかしたら大ばけしたりして?

投稿: ナナ | 2008/04/20 11:02:26

>ナナさん

中山10レースは、愛馬オフィサーが除外されてしまった恨みの一戦ですが、なかなかの好メンバーが揃いましたね。狙って面白そうなのが、大外枠のメイショウトッパー。休み明け・初ダートと常識的には買いづらい馬ですが、母ナイスレイズ。すなわち、メイショウボーラーの弟ですから、重のダートへの適性はバッチリです。この馬の単勝と、スリープレスナイト、スリーアベニュー、ゼンノコーラル、ニシノコンサフォス、マイネルアルビオンへの流し馬券で、遊んでみるつもりです。

投稿: 山城守 | 2008/04/20 12:52:31

メイショウトッパーは初ダートだったので買いませんでした。スリープレスナイトとニシノコンサフォスから3連複でゼンノコーラル.スリーアベニュー.ワールドハンターの3点買いでget。なのにマイナス収支。皐月賞の馬券を何回みても1が見当たらなくて。。。また来週頑張ります。アンタレスS楽しみです。ヒシアトラスがいないのが悲しいですが。オフィサーは新潟に出走してくれないかな?5月は実家のある新潟で競馬を楽しむ予定です。

投稿: ナナ | 2008/04/20 21:23:45

京葉S。あまり余計なことは考えず、素直に実績上位のスリープレスナイトを信頼すべきでした。メイショウトッパーは殿負け(汗) また、夏の小倉あたりでの復活を期待します。
皐月賞も、終わってみれば納得の結果でしたね。勝馬の母エアトゥーレは欧州遠征時に不良馬場で2着したほどの道悪巧者ですから、血統背景を考えればマークすべき1頭でした。しかし、今となっては後の祭りです。

>オフィサーは新潟に出走してくれないかな?5月は実家のある新潟で競馬を楽しむ予定です。

東京開催3週目のオアシスS(ダ千六)が目標のようです。私も、来週からの府中開催で、気を取り直して頑張ります。

投稿: 山城守 | 2008/04/20 23:27:19

こんにちわ。いよいよ明日から府中ですね!楽しみです。土日は府中にいきます。狙いはメトロポタンSか福島の牝馬Sです。明日のオッズを見てから買います。日曜は白毛のユキちゃんをマジかで見たくて今からワクワクしてます。オアシスS楽しみですね!オフィサーにはかなり取らせて貰ってます。ありがたいです。新潟には出走されないのが残念!オフィサーの競馬デビューと私の馬券デビューが一緒で印象深く大好きなお馬さんです。私もいつか馬主になれたらいいなぁ・・・・なんてね

投稿: ナナ | 2008/04/25 20:31:02

私も土日両日は府中に出勤(笑)土曜日は指定席の高い場所から、日曜日は一般席からレースを観戦してきます。
ユキチャンは単勝馬券だと、ハルウララ的な過剰人気をしていますが、連勝系の馬券なら逆に妙味十分という面白い売れ方をしていますね。予想エントリでも記したとおり、思わず対抗に抜擢してしまいました。このレース、オフィサーの妹・ガーデンスタイルも出走していますが、ダート戦だった前走の勝ち時計がいかにも平凡。芝適性そのものに問題はないけれど、さすがに重賞の壁は高そうです。

投稿: 山城守 | 2008/04/27 9:26:00

コメントを書く