« 【スプリングS】芝千八・持ち時計1分48秒フラットが分水嶺 | トップページ | 【ダービー卿CT】意外と重要な前走との斤量差 »

2008/03/30

【高松宮記念】中京千二・1分7秒台の決着で浮上する馬

Suzuka_phoenix_at_yasuda_kinen_2007春の中京開催もいよいよ最終週。芝コースは5週間も連続して使い込まれ、そろそろ内側から傷みが蓄積してくるはず。例年であれば時計を要する競馬になって、外から差す馬が有利になる頃合いなのだが、今年の場合はいつもの年と様相が異なる。使われても、使われても芝に痛んだ形跡が見えず、開幕当初と同様に速い時計の出るコンディションが維持されているのだ。
例えば、先週(4週目)の日曜メイン・トリトンS(芝千二・準オープン)の決着タイムは1分7秒8。この時計は、これまで3月開催・4週目に施行されてきた過去の高松宮記念の優勝タイムを凌駕する水準である。しかも、上位各馬は差し脚質ながら、いずれも内目のコース取りを選択した馬たちだった。
さらに1週経過した今週土曜日の中京競馬では、芝千二のレースが2戦(古馬500万下・1000万下)施行されたが、勝馬の走破時計はいずれも1分8秒台半ばを記録している。この時計、500万下なら優秀、1000万下であれば平均の水準だが、開催5週目になっても、条件戦でまだこのタイムが出ること自体、やはり注目すべきだろう。どうやら中京の芝は、今週も前週同様、速い時計の出やすいコンディションをキープしているらしい。
G1レベルになれば、条件戦より1秒以上は速い時計の争いになることは必至。となれば、今年の高松宮記念は、1分7秒台半ばの攻防になってきそうな予感がする。脚質的にも外を通る差し馬が有利とは言えず、いかにロスのないコース取りをできるか?道中のポジションが上位各馬の明暗を分かつことだろう。連覇の偉業達成に向けて、今年もここにエントリーしてきた差し馬・スズカフェニックスにとって、いささか気になる材料ではある。

元々マイルから中距離路線を主戦場にしてきたスズカフェニックスの場合、スプリント戦での速い持ち時計がないというのが泣き所。道悪馬場だった昨年の優勝タイムも1分8秒9と、時計そのものは凡庸な水準だった。安田記念や東京新聞杯など良馬場のマイル戦なら、1分32秒台で走破できる時計的裏付けはあるものの、距離千二の電撃戦で1分7秒台での決め手の優劣が問われたとき、果たしてどこまでのパフォーマンスを発揮できるかは、神のみぞ知るといったところか?さらには陣営も「ショック」と公言する最内枠から発走。中京千二を得意コースとする福永祐一騎手への手替わりは減点材料にならないが、連覇に向けて超えなければならない壁はけっして低くない。

<結論>
◎スーパーホーネット
○スズカフェニックス
▲ファイングレイン
△キンシャサノキセキ
×ローレルゲレイロ
×ペールギュント
注トーセンザオー
注マイネルシーガル
注タマモホットプレイ

高速決着での持ち時計の裏付けに欠ける・・・・スズカフェニックスに次いで人気を集めるファイングレインスーパーホーネットに関しても、その点では事情は一緒というべきだろう。ただし、例年より良好な芝の状態を考えると、同じ差しタイプでも追込一辺倒の馬よりも、器用に前目の位置から差せる脚質を重視したい。休み明けのスーパーホーネットを、敢えて優勝に一番近い存在と評価したのは、そんな理由による。坂路調教でも休養前と替わらぬ時計で動けており、状態面の不安もないとみた。
近走の充実ぶりが著しいファイングレインは、内目の枠順で幸騎手がラチ沿いから抜け出すコース取りに固執しそうな予感。果たして前が開くかどうか?こればかりは、何とも言えず、優勝の可能性もありうる三番手と評価したい。
この上位3頭に、電撃戦になって折り合える可能性を残すキンシャサノキセキを加えたメンバーによるワンツー決着が有力と思われるが、3連単・3連複のヒモ候補なら、伏兵への目配りも欠かせない。昨年2着で波乱を演出したペールギュント、中京コース巧者のトーセンザオー、距離短縮あるいはコース替わりで大変身の余地を残すマイネルシーガルタマモホットプレイあたりまでマークをしておきたい。
キルトクールは、オーシャンSを制したプレミアムボックス。力をつけていることは認めるものの、千~千二の短距離路線専業組よりも、別路線からの転戦組を優先すべきというのが、近年の短距離G1の鉄則だ。

3月 30, 2008 08年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/40685398

この記事へのトラックバック一覧です: 【高松宮記念】中京千二・1分7秒台の決着で浮上する馬:

» 高松宮記念予想 トラックバック 気まぐれなサイコロVR
昨年のこのレースの上位陣は顔を揃えたが、昨秋のスプリンターズSの1、2着馬の不参戦は残念。 【中京11R:高松宮記念】 ◎?プレミアムボックス ○?キンシャサノキセキ ▲?スズカフェニックス △?ローレルゲレイロ ×?マルカフェニックス ×?スーパーホーネット ×?ナカヤマパラダイス 今年は5週目の開催ということで差し馬有利と考えていたが、今年の中京の馬場は5週目とは思えないほどコンディションがいい。先週でも500万条件戦で1分7秒9の時計が出ているほど。土曜日は実際に中京競馬場で観戦していたが... 続きを読む

受信: 2008/03/30 9:08:48

» 高松宮記念 回顧 トラックバック 競馬 血統 探検ブログ - 最強の配合論
   まずは、メルマガ会員さん、マイミクさんとの約束の1点... 続きを読む

受信: 2008/03/31 20:42:06

コメント

コメントを書く