« 【中山牝馬S】混戦で浮上する差し馬を占う | トップページ | 【高松宮記念】中京千二・1分7秒台の決着で浮上する馬 »

2008/03/23

【スプリングS】芝千八・持ち時計1分48秒フラットが分水嶺

Kyodo_tushin_hai_2008前走で距離千八の重賞レース(きさらぎ賞もしくは共同通信杯)に出走し、3着以内の好成績を残してきた馬が強い。過去5年のスプリングS優勝馬のうち、4頭がこの条件に該当。同距離の重賞好走馬が、経験を糧にここでも大威張りという構図がすっかり出来あがっている。
とはいえ、前走・千八重賞で上位という条件を充たしていながら、ここで良績を残せなかった馬(05年のきさらぎ賞2着馬・マキハタサーメット)もいるわけで、何が好走・凡走を分かれ目になっているのか?もう少し踏み込んで考えたい。その年々の出走メンバーのレベルや馬場状態にも左右されるので、断定的な結論は見い出し難いが、好走の必要条件として、いくつか仮説を想定することはできるだろう。
たとえば、前走の走破時計に注目するという手がある。ブラックタイドメイショウサムソンフライングアップル。これらのスプリングS優勝馬は、いずれも前走・良馬場で1分47秒台後半~48秒フラットの時計を記録している。これに対して、マキハタサーメットの場合はきさらぎ賞でハナ差の2着ながら、走破時計自体は1分48秒5といかにも平凡な水準だった。ひとくちに前走・千八重賞組といっても、1分48秒台を切る持ち時計の裏付けがないと、本番直前のここでは苦しいのかもしれない。
この仮説を検証するために、過去4年分のデータを対象に前走時計別のスプリングS着順を確認してみると、良馬場で1分48秒以内なら「3-0-1-0」、それよりも遅い時計だと「0-1-0-6」・・・・どうやら、1分48秒0というポイントが好走・凡走の分水嶺を形成しているようだ。

さて、この仮説を物差しにして、今年の出馬表を見渡してみると、前走・千八重賞組は、共同通信杯からショウナンアルバサダムイダテン、きさらぎ賞からレインボーペガサススマイルジャックレッツゴーキリシマアルカザンの計6頭がエントリーしている。このうち共同通信杯組は両頭とも1分48秒0の壁をクリアしており、ここでも有力という評価で問題はない。悩ましいのは、きさらぎ賞組の評価だ。勝ったレインボーペガサスの走破時計が1分48秒8。表面上の数値だけならお世辞にも優秀とは言い難い水準だが、これをどう解釈するかが予想上の難題である。
きさらぎ賞組に情状酌量の余地があるとするなら、今年の京都競馬場・芝コースの状態が例年よりも時計を要するコンディションだったという事実を再考すべきだろう。手元のメモに記録しているきさらぎ賞当日の馬場差(グリーンチャンネル・先週の結果分析)を確認してみると、06年~07年は「+0.5」、これに対し今年の場合は「+1.2」。今年は例年より0.7秒も余計に時計を要している。馬場差も考慮に入れ単純計算してみると、仮に昨年のレースにレインボーペガサスが出走していれば、1分48秒1で距離千八を走破できたという計算も成り立つ。
このようにあれこれ考えていくと、結局、きさらぎ賞組も軽視できないという結論になってしまう。おかげで予想のほうはますます混沌としてくるが、とりあえず上位拮抗の大混戦という構図だけはハッキリとしてきた。前走千八重賞組以外の各馬への目配りも怠らず、選択肢を手広く検討すべきレースと言えるだろう。

<結論>
◎アサクサダンディ
○ショウナンアルバ
▲スマイルジャック
△レインボーペガサス
×レッツゴーキリシマ
×ドリームシグナル
×サダムイダテン

前走千八重賞上位・持ち時計も水準をクリアしているショウナンアルバは、このレースの本命にふさわしい条件を充足している。だが、その2週間後、同じ府中の芝千八で500万下条件ながら1分47秒8の時計を叩き出したアサクサダンディのほうが、馬場差を考慮した時計的価値では、共同通信杯組を凌駕しているように思える。この上がり馬、2走前(若竹賞)の対戦成績から、ショウナンアルバ・スマイルジャックあたりを相手にしても、全く臆することがない。気性の成長や叩かれつつの上昇度合いも考慮に入れ、敢えて中心視してみる。
以下では、前走・千八重賞の上位組を中心に手広く狙ってみたい。正月開催のマイル戦でアサクサダンディに先着している素質馬オーロマイスターも悪くはないが、中間一頓挫あった調整過程が不安材料。重賞級の馬体の良さと将来性には敬意を表しつつも、今回は敢えてキルトクールに指名する。

3月 23, 2008 08年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/40604316

この記事へのトラックバック一覧です: 【スプリングS】芝千八・持ち時計1分48秒フラットが分水嶺:

» 3月23日メイン予想 トラックバック 気まぐれなサイコロVR
フラワーCはブラックエンブレムが快勝。これで桜花賞が面白くなってきた。期待したシングライクバードはよく追い込んだが3着。前半の位置取りが悪すぎた。 若葉Sは人気の2頭が負けて波乱の決着になってしまった。桜花賞にしても皐月賞にしてもやはり混戦模様は変わらない。 【阪神11R:阪神大賞典】 ◎?ポップロック ○?トウカイトリック ▲?エーシンダードマン △?アドマイヤフジ ×?アドマイヤジュピタ ×?アイポッパー 天皇賞戦線もステップレースが本格化してくる。今年も長距離戦線では自信を持っている馬が揃... 続きを読む

受信: 2008/03/23 10:01:29

コメント

お邪魔します。今日は中山競馬場に行きました。阪神メインのオフィサー3連複get出来ましたよ。嬉しいです。明日は後楽園か府中に行きスカーレット号から買う予定です。明日も楽しみです。
高松宮記念に関係なくてすみません

投稿: ナナ | 2008/04/05 16:31:40

高松じゃなくてスプリングステークスでした。
ごめんなさい。

投稿: ナナ | 2008/04/05 16:34:12

>ナナさん

コーラルSの3連複的中、おめでとうございます。
グリーンチャンネルでの観戦でしたが、この日のオフィサーはどっしりとした貫禄を漂わせながらパドックを周回しており、復帰初戦の前走にも増して好気配だったと思います。好スタートから番手を追走という意外な戦法も良かった。◎ゼンノパルテノンとの組み合わせで、私も馬券的中です。直線では、テレビを前にして思わず「小牧!小牧!」の声も出ました(汗)

投稿: 山城守 | 2008/04/06 3:12:26

コメントを書く