« 【エリザベス女王杯】世代間比較よりも重要なこと | トップページ | 【マイルチャンピオンシップ】外国馬を侮ることなかれ »

2007/11/12

【オッズパークGP】水沢競馬オールナイトで只今発売中

オッズパークグランプリ2007日本全国の猛者たちが水沢に集結・・・・地方競馬各地区の主催者から「選定」のお墨付きを受けた代表馬による日本初の交流競走「オッズパークグランプリ2007」が、いよいよ11月12日(月)水沢競馬・第9レース(ダート1600)として開催される。
鳴り物入りの大宣伝とは裏腹に、他地区選定の参戦馬がわずかに2頭となって、第1回グランプリの出馬表には岩手所属のおなじみの顔ぶれが並ぶという格好になってしまったが、それでもメンバーは悪くない。他地区からは交流重賞2勝の実績を誇る笠松のミツアキタービンが参戦を決め、これをテンショウボス・サイレントエクセルの岩手2強が迎え撃つ。オッズパーク推薦枠からは、格下ながら岩手競馬でのデビュー戦を衝撃の大差勝ちで飾った、話題のタイガーマスクも名乗りを上げてきた。
これだけなら、ちょっと興味深い平日開催の交流レースにすぎないのだが、実はこの「オッズパークグランプリ」には、もう一つの画期的な仕掛けが用意されている。レース前日の11月11日19時から、ネット(オッズパーク)によるオールナイトでの「前夜投票」が実施されるのだ。いまやJRAの日曜開催なら、前日深夜でもPATを使って普通に馬券を購入できるようになったが、地方競馬で前日から夜通し馬券を発売するというのは、おそらくこれが初めての試み。平日開催では、馬券を買いたくても買う機会がなかった勤め人の競馬ファンにとっては、まさに朗報と言うべきニュースだろう。
投票時間はシステム調整による休憩(23時45分~12日0時15分)を挟んで、当日12日の朝9時まで。メインレースの「オッズパークグランプリ」だけでなく、月曜開催予定の水沢競馬全レースが発売されるのも嬉しい。
サプライズはまだ用意されていて、12日の深夜0時からは、ネット新聞(地元専門紙のケイシュウニュース・メインレース予想のみを掲載)が何と5000部も無料配布されるという。これだけお膳立てを整えてもらえれば、深夜に月曜に向けた英気を養いながら、じっくりとレース検討の時間を取ることができるだろう。

さて、肝心のレース展望だが、月曜の水沢地方は小雨の予報で、最高気温が12度という晩秋らしい空模様。日曜日の時点で馬場は既に不良発表となっており、メインレースのダート千六戦ではB3クラスながら勝ち馬の走破タイムが1分41秒台と速い。映像で確認しても、かなり脚抜きの良いコンディションとなっていると推察され、基本的には前が止まらない。それを意識して有力各馬も、普段より早めの位置取り・早めの仕掛けを意識する展開になってきそうだ。
Silent_excel_at_0706_sp先手を主張するのは、おそらく金沢代表のエフテークリニック。JRA在籍当時の実績(9戦して入着なし)を考えると、能力的には少し足りないかもしれないが、水沢の馬場を知り尽くした菅原勲の手綱がちょっと不気味。これに差なく続いていくのが話題のタイガーマスクか?テンショウボス・サイレントエクセルの岩手2強に水沢巧者のトウホウライデンなども、これら先行勢を早めにマークする体勢。近走精彩を欠くミツアキタービンがいったいどんな位置取りで競馬を進めるのかわからないが、消極的に控える策を選ぶようだと、超小回りの水沢コースでは苦しくなる。
勝負どころは3コーナー。最内枠のサイレントエクセルが、外から迫るテンショウボスのマクリをどう凌いでいくかが、今回最大の見所になる。春シーズンのあすなろ賞では、不良馬場のダート1900で同じ最内枠からテンショウボスを撃破してみせた実績があるだけに、今回も主力視してみたいのだが、果たしてどうだろう?

オッズパークグランプリ2007
11月12日(月)水沢競馬・第9レース
 ◎サイレントエクセル
 ○テンショウボス
 △ミツアキタービン(笠松)
 △エフテークリニック(金沢)
 △トウホウライデン
 △ニシノグレイシャ

11月 12, 2007 岩手競馬, 07年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/17047914

この記事へのトラックバック一覧です: 【オッズパークGP】水沢競馬オールナイトで只今発売中:

» 地方競馬の、そして岩手競馬の夢と希望を乗せて。 オッズパークグランプリ本日スタート トラックバック 地方競馬に行こう!
先週から、当blogでは常にトップ記事にして紹介してきたオッズパークグランプリ、いよいよ今日開催です! それだけ、この日を楽しみに待っていたと言う事、二年前くらいまでの僕なら 続きを読む

受信: 2007/11/12 8:41:01

コメント

コメントを書く