« 【秋華賞】実は1強独走の構図なのかも | トップページ | 「ブログリストへの広告配信」と当ブログの見解について »

2007/10/21

【菊花賞】主役候補不在!有力馬の泣き所を探る

Dream_journey_at_the_derby_2007早くから混戦模様が伝えられてきた今年の菊花賞。前日売り深夜時点の単勝オッズを確認してみると、セントライト記念の覇者ロックドゥカンブが3.7倍で1番人気、神戸新聞杯で久々の勝利を飾ったドリームジャーニーが5.7倍の2番人気に支持されているようだ。
クラシック戦線の王道を歩んできた神戸新聞杯上位組よりも、関東の秘密兵器に備わっていそうな「未知の魅力」のほうが支持を集めていること自体に、ファンの迷いが如実に表れているというべきか?いずれにせよ7番人気あたりまでが単勝10倍ソコソコのオッズで続いており、一見するとどの馬にもチャンスがありそうに思える。裏を返せば、勝てそうな馬が見あたらないということなのだが、そもそも菊花賞といえば、上位人気馬が期待を裏切ることがたびたび繰り返されてきたレース。ヒシミラクル、デルタブルース、あるいはソングオブウインドなど、レース前に格下と侮られていた伏兵の激走を思い起こせば、上位人気への盲信は禁物というべきだろう。各馬の長距離適性と展開など、様々なファクターをじっくりと吟味して、的中馬券への道を探っていきたい。
さて、レース全体の展望に入る前に、まず1番人気ロックドゥカンブの印象について言わせてもらえば、この大一番であまり高い評価を与えるのもいかがなものか?という気がしている。ここまで4戦4勝。前走2着のゴールデンダリア(ダービー6着馬)を物差しにすると、確かにダービーの掲示板に乗った馬たちとさほど差のない力量の持ち主では?という推測も成り立つ。だが、クラシック組とは今回が初の手合わせ。しかも舞台は淀の3000メートルである。未知の相手・未知の距離という初モノづくしの条件に加え、鞍上・柴山騎手の経験値(京都芝2400以上の距離での騎乗は過去に1度だけ)にも、正直不安を覚える。人馬とも未体験ゾーンでも暗中模索が見込まれるなかで、1番人気の重圧は相当にきついはず。普段着の競馬ができないまま、直線伸びを欠いてしまうシーンも想像に難くないだろう。
1番人気に全幅の信頼が置けないとなると、やはり焦点は神戸新聞杯組の評価ということになる。なかでも、注目はトライアルで久々の勝利を飾った武豊・ドリームジャーニーの動向だ。

父の現役当時を彷彿と小兵で追込一手の脚質ながら、常に33~34秒台と後方から確実な末脚を繰り出すことができるこの馬。最近の菊花賞では2年連続して、早めスパートから粘り込みを計ろうとする先行馬を、推定上がり33秒台の脚で追い込んできた差し馬(ディープインパクト、ソングオブウインド)が残り100メートルの地点で交わし去っていくシーンが繰り返されてきたが、そうした意味でドリームジャーニーは、勝馬のイメージに近い存在ではある。今年の出走馬中、4角を先頭で回ってくると思われるホクトスルタンアサクサキングスが、せいぜい35秒前後の上がりしか使えないことを思えば、残り600メートルの坂の下りで先頭から1.5~2.0秒ほど離されたポジションにいれば、ゴール前での逆転は可能という青写真も成立する。
だたし、課題もある。近年の菊花賞では、4角最後方に近い位置どりから直線だけの競馬で差しきった例が皆無であるということだ。ディープにせよ風の歌にせよ、4角では7~8番手にまで順位を押し上げてきている。淀の長丁場で要求されるのは、直線の短い中山で威力を発揮するカミソリのキレ味よりも、ロングスパートからゴール前までしっかりと伸びが持続するナタの渋太さというべきだろう。朝日杯フューチュリティSをカミソリのキレで制したこの馬に、そのような渋太さが備わっているかどうかは、正直なところよくわからない。
加えて8枠16番の外枠からの発走。この枠順だと道中をどれだけ距離ロス無く運べるか?もポイントになる。かつて、エアシャカールに騎乗して菊花賞を制した年に、外枠からのスタート直後にすかさずインのコース取りを確保して見せたユタカマジックの再現なるか?も注目すべきポイントだ。
前述したとおり、アサクサキングスやホクトスルタンは上がりの勝負に持ち込まれると脆さを露呈する可能性があり、ヴィクトリーは名手・岩田の豪腕をもってしても、まだまだ道中の制御が難しそう。となれば、優勝候補は案外と両トライアル以外の臨戦過程から本番に参戦してきた組にまで視野を広げ、検討してみるべきなのかもしれない。

<結論>
◎アルナスライン
○ドリームジャーニー
△アサクサキングス
△ホクトスルタン
△ヴィクトリー
△ロックドゥカンブ

優勝候補筆頭はトライアル以外のローテーションから。
古馬混合重賞の京都大賞典をステップに菊を好戦した例といえば、テイエムオペラオー(大賞典3着→菊花賞2着)がすぐに思い起こされる。そのオペラオーの手綱を取っていた和田竜二騎手が今年コンビを組むのは、奇しくも同じく京都大賞典3着のアルナスラインだ。
大賞典では、早めのスパートから4角追撃態勢に入って、一時は先頭をうかがう脚色に思えたものだが、歴戦の古馬インティライミ・ポップロックには僅かに及ばずの3着。ただし、外からインティライミに交わされてからも勝負を諦めなかった渋太さが出色で、3歳の若駒にしては収穫の多いレースであったとも言える。その前走から中2週。休養明けの好走後の反動が気にならないといっては嘘になるが、今週も坂路で一杯の追い切りを消化しており、とりあえず体調は悪くない。阪神・中山のトライアルよりも、実際に淀の坂越えを経験しているアドバンテージを評価して、本命に抜擢してみたい。以下では、トライアルの上位陣を順当に評価。

キルトクールは、春の主役フサイチホウオーを消したいのだが、ここは慎重を期して、同じくジャングルポケット産駒のタスカータソルテを指名。かつての菊花賞トライアル・京都新聞杯を制してダービーにまで駒を進めた実績馬だが、2000年以降の菊花賞での、父グレイソヴリン系の戦績はのべ12頭が出走してオール着外母父ノーザンテースト系も10戦してオール着外と全くの不振傾向が続いている。血統的に淀の三千を乗り切る底力の裏づけを欠いており、少なくともこの馬だけは100%切れる!と確信できそうだ。

10月 21, 2007 07年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/16824573

この記事へのトラックバック一覧です: 【菊花賞】主役候補不在!有力馬の泣き所を探る:

» 「弱い」牡馬世代? 菊花賞ほか トラックバック 雲國齊の無謀
米国のサブプライムローン問題は、世界的な金融不安に繋がりかねないとの懸念があるよ 続きを読む

受信: 2007/10/21 8:04:53

» 【2007年菊花賞予想】菊花賞と中山2000mの共通性 トラックバック うません
【2007年菊花賞出馬表】 枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手 1 1 ヒラボクロイヤル 牡3 57 武幸四郎 2 ウエイクアイランド 牡3 57 幸英明 2 3 ブルーマーテル 牡3 57 田中博康 4 ロックドゥカン... 続きを読む

受信: 2007/10/21 8:44:24

» 菊花賞予想 トラックバック 気まぐれなサイコロVR
3冠レース最後の菊花賞。本当に荒れるレースになってしまった。今年も大混戦。印が何個でもほしいくらいのメンバー。荒れているが、勝ち馬を見ると3000mが向くタイプばかり。今年もそこに重点を置いてみた。 【京都11R:菊花賞】 ◎?エーシンダードマン ○?ドリームジャーニー ▲?ホクトスルタン △?デュオトーン ×?ヴィクトリー ×?アルナスライン ×?ロックドゥカンプ ダービーを牝馬のウオッカが勝ったように今年の3歳牡馬陣はやや低調。ここもこれといった馬がいるわけではない大混戦。2年前のディープイ... 続きを読む

受信: 2007/10/21 9:04:47

» 【予想】 菊花賞(JpnI) トラックバック ■soliloquy■
セントライトで決めた今年の菊の◎。 気持ちはあのときと変わらないまま本命はロッ 続きを読む

受信: 2007/10/21 10:45:10

» 菊花賞、福島民友Cの予想 トラックバック 風を追いかけて
菊花賞 ◎:ドリームジャーニー ○:ホクトスルタン ▲:アサクサキングス △:... 続きを読む

受信: 2007/10/21 10:53:58

» 菊花賞の予想 トラックバック 府中の杜
荒れる予感のする今年の菊花賞。 本命◎にもう血統だけで期待しちゃってるホクトスルタン。この馬がここでいい結果を出し、天皇賞(春)を勝つ事を多くの競馬ファンが望んでいる事は確か。メジロマックイーンのファンだった当時の思いを素直に信じて本命に。ただ、血統的な背..... 続きを読む

受信: 2007/10/21 12:18:33

» 【予想】菊花賞(G1) トラックバック my weblog
どうもこんにちは。XOOPSをいろいろといじっていたらファイルがクラッシュしたようでとりあえずインストし直して仕切りなおし中なはまぞうです。 って、競馬予想でしたね。濱万に変身します。「へんしん!そーどふぉーむ!」 今日は菊花賞。でもこれっち言う本命�... 続きを読む

受信: 2007/10/21 13:12:15

» 10月21日日曜日の競馬予想 トラックバック 下天は夢か@競馬予想
菊花賞 10アサクサキングス 四位=大久保龍の組み合わせの流れ 大久保龍厩舎3頭出 続きを読む

受信: 2007/10/21 13:41:07

コメント

ドリームは、きっと今度も飛ぶでしょう。

武さんは、先週のレイアの分まで頑張って欲しいっす。

投稿: フセイン八木 | 2007/10/21 5:47:51

>フセイン八木さん

今年の菊花賞のペースは、前半が「急」→中盤が一転して「緩」。それでいて、坂下から早めに各馬が動き出す展開で、ラップの数字以上に消耗戦という印象を受けました。上位勢の上がり時計も35秒台という決着でしたね。
結果的に、ドリームジャーニーのような末一手のタイプも、うまく脚を溜めることが叶わず、早めのスパートから直線半ばでガス欠気味になってしまったようです。やはり、中山のようなカミソリのキレが生かせるコースに向いているのでしょうか?

投稿: 山城守 | 2007/10/21 23:35:03

コメントを書く