« 【注目馬】神戸新聞杯・ホクトスルタン | トップページ | ダービー馬の全弟、岩手競馬に移籍決定! »

2007/09/29

盛岡競馬にコスモバルクが出現

Cosmo_bulk_at_tokyo_tennoh_sho_06個人的にまだ週末の競馬に専念できる環境にないので、今週もまたまた短縮版のエントリにて失礼します。
さて、中山・阪神・札幌開催も今週で最終週。秋のG1初戦のスプリンターズSにも、もちろん要注目だが、それより何より日曜日のサプライズは岩手競馬が用意してくれた。盛岡の第10競走に組まれた重賞・岩手県知事杯OROカップ(芝千七)に、あのコスモバルクが参戦を決めたのだ。
いつものシーズンなら、秋天→JC→有馬と続く芝のG1参戦を睨んで、JRAの重賞競走をステップに始動する北の怪物が、敢えて盛岡の芝に矛先を向けてきた理由。そのへんの気になる事情に関しては、テシオブログさんに掲載された田部調教師のインタビューが参考になる。道営競馬の復帰戦(瑞穂賞)でまさかの3着敗退、オールカマーには出走除外、さらにはインフルエンザによる移動制限・・・・既に6歳を迎えた古豪にとって、この秋はけっして順調とは言い難い出来事が続いている。
だが、そんな逆境を逆手にとって、芝の地方交流重賞をステップに再び大舞台をめざそうという陣営の意気込みが素晴らしい。地方競馬の星はまだまだ健在という、強い自負と使命感のようなものが伝わってくるようだ。
そのコスモバルクは既に金曜日に盛岡へ入厩、土曜・朝には芝コースでのスクーリングも済ませており、臨戦態勢はほぼ万全。国際G1ホースが57キロの負担重量で出走できるし、相手関係の比較からも負ける可能性はほぼゼロといってもいいだろう。馬券的妙味はともかく、いったいどんな勝ちっぷりをみせてくれるのか?岩手だけでなく、全国の地方競馬ファンの度肝を抜いてくれるような鮮やかな復活劇を楽しみに待ちたい。

盛岡10R 岩手県知事杯OROカップ
◎コスモバルク(北海道)
△ボスアミーゴ(岩手)
△オグリホット(笠松)
さて、G1スプリンターズSの予想なども次に少々。

近年のJRAのスプリントG1の基本的傾向を一言でまとめてみると、生粋の短距離走者よりもマイラーや海外組など別路線組からの活躍が目立つということ。それだけに、夏場のスプリントシリーズなどで千~千二の距離を使い込んできた組は、ちょっと敬遠してみたい。また、中山・芝千二の枠順別の成績をチェックしてみると、7枠までは大丈夫でも大外8枠(15番・16番)の苦戦傾向がわりとはっきりと出てきている。
そんなわけで、サンアディユ(夏の短距離女王)、スズカフェニックス、キングストレイル(大外枠)ら人気どころの評価を割り引いて考えていくと、浮上してくるのが3歳牝馬アストンマーチャンだ。北九州記念は終始馬場の悪いところを通らされたのが敗因で度外視できるし、元値は暮れの2歳重賞で後のダービー馬とクビ差の接戦を演じたほどの能力の持ち主。スタートから先手を取って影さえ踏ませぬ圧勝劇があっても、けっして驚けない。マーチャンの大楽勝を勝手に想定し、相手選びは苦しくなった先行勢をゴール前で交わしていく差し馬を中心に狙ってみたい。

中山11R スプリンターズS
◎アストンマーチャン
○ペールギュント
▲プリサイスマシーン
△スズカフェニックス

短縮版といいながら、けっこう長くなってしまいましたぁ。
来週からはいよいよ地元の府中開催。ほぼ1か月太平の眠りを貪っていた当ブログも、そろそろ復帰に向けて始動していきます。

9月 29, 2007 岩手競馬, 07年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/16612192

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡競馬にコスモバルクが出現:

コメント

コメントを書く