« 【函館記念】3つのデータで5頭に絞れ | トップページ | 【関屋記念】急・緩・急のペース変化に対応できる馬とは »

2007/07/28

日曜日は新潟へ

現地観戦の予定です。週末なのにちょっと睡眠不足気味なので、今日は印と短評だけでご容赦を。

新潟11R 北陸S
◎トウショウギア    昨夏新潟は夏負け気味。順調なら
○タイキジリオン    叩きつつ上昇。この枠なら先行策?
▲オフィサー      得意コースも陣営の感触がイマイチ
△エアアドニス     格下も名うての左巧者。軽視禁物
注トシザヘネシー   先行策ならアッといわせる場面も
注アントニオマグナム こちらも先行できるかどうかが鍵
注チョウカイロイヤル 前有利の展開・馬場でどこまで?

キルトクールは、テイエムアクション。中間一頓挫で減点。

小倉10R 小倉記念(G3)
◎アップドラフト    重賞狙える馬体。小倉も得意条件
○スウィフトカレント  前年の覇者。意外と小回り向き
▲ヴィータローザ    堅実。今シーズン好調期間が長い
△サンレイジャスパー 前走2着で再び復調軌道に乗る
△ニホンピロキース   絶好枠。逃げて逃げて逃げまくれ
注ソリッドプラチナム  前が崩れる展開なら連下評価も
注メイショウカイドウ  久々。消したい存在も無視できぬ

キルトクールは、ニルヴァーナ。前走重馬場で時計勝負は?

7月 28, 2007 07年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/15931481

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日は新潟へ:

» 小倉記念ほか トラックバック 雲國齊の無謀
新潟・中越沖地震では原発の被害についての話題がよく出されている。基本的には良くコ 続きを読む

受信: 2007/07/29 5:19:04

» 7月29日メイン予想 トラックバック 気まぐれなサイコロVR
日曜日は参議院選挙が行われる。競馬の投票もだが、選挙も自分の意思表示をする大切な場面だけに、棄権することなく投票してほしいです。 【小倉10R:小倉記念】 ◎?メイショウカイドウ ○?スウィフトカレント ▲?ニホンピロキース △?ニルヴァーナ ×?サンレイジャスパー ×?ソリッドプラチナム ×?アップドラフト サマー2000シリーズも第3戦。先週の函館記念同様に、小倉記念も頭数が落ち着いた。上下のハンデ差が7.5キロも開いており、軽ハンデの馬の一発にも注意したい。と書いたものの本命はトップハンデ... 続きを読む

受信: 2007/07/29 9:51:44

コメント

豊栄遠征ですかぁ。現地レポート期待しています。
2Rのキングデオキシスの様子もできれば(^^)

投稿: もくに | 2007/07/29 5:11:31

>もくにさん

朝の新潟市内は、どんより曇ってはいますが雨の心配をする必要はなさそうです。

2Rのキングデオキシスの件、承知しました。もくにさんとは、どのようなご縁のお馬さんなのでしょうか?

投稿: 山城守 | 2007/07/29 8:50:35

昨年、夏に新潟行きました。
入場料が100円なのには驚きましたが、競馬場の中が、お祭り騒ぎで、いゆゆる、出店が一杯出ていて、これにもびっくり。
いやあ、ホント。祭りに来てるみたいでした。
思わず、「なす」と「八海山」を買ってしまいました。
それと、直線1000m。
スタート地点は、遠くて、全然見えへん。
これも凄かったですね。

投稿: フセイン八木 | 2007/08/03 0:40:46

キングデオキシスですが、知り合いの人の持ち馬ということで、今回鞍上強化で期待したんですが、会長先生あまり追わなかったですね。今週のクインズウィスパーに期待します。

投稿: もくに | 2007/08/04 2:06:06

>フセイン八木さん

今年の新潟夏開催のキャッチフレーズは「祭りばやしが駈けぬける夏。」さすがに主催者サイドも、わざわざ夏競馬にやって来るお客の気持ちをよく理解しているようです(^^)
ちなみに、昨夏入場門の間近で盛大に煙をあげていた越後もち豚の出店ですが、今年はちょっと目立たない場所に移動していました。その代わりに異彩を放っていたのが、ニルススタンドとアイビススタンドの中間地点にワゴン車による屋台を展開していたドラゴンアイスのお店。台湾からやってきたカキ氷アイスという触れ込みでしたが、巨大なアイスクリームを大のおとながほお張っている光景には、なかなかインパクトがありました。

投稿: 山城守 | 2007/08/05 1:12:44

>もくにさん

先週の新潟・日曜2レースに出走してきたキングデオキシス。なかなかの好馬体の持ち主で、パドック周辺でも「ゼッケン9番」のこの馬にかなりの注目が集まっていました。しかし、この日は終始舌をベロベロと出して、いささか集中力を欠いていた様子。周回を重ねる毎にゼッケンの下あたりから発汗が目立ってきたのも、減点かな?と思いました。
戦績をみるかぎり、やや詰めの甘いタイプなのかもしれませんが、馬体の印象からは、ダート戦で力に任せてねじ伏せるような競馬が合っていそう。距離延長にも対応できそうで、相手関係が弱化すれば、未勝利戦はすぐ勝ちあがれる力量の持ち主でしょう。ではでは。

投稿: 山城守 | 2007/08/05 1:25:50

コメントを書く