« 【エプソムC】新潟で強い競馬をしてきた馬を狙う | トップページ | 【一條記念みちのく大賞典】馬運車のその名を刻むのはあの名牝 »

2007/06/10

【岩手ダービー】雨のオーロパークで奏でる円舞曲

日曜日の盛岡10Rは、岩手ダービー・ダイヤモンドC。今年から盛岡ダート二千、すなわち秋の大一番・ダービーGPと同条件で争われることになったのがポイントか?
ダービーウィークの掉尾を飾る一戦だが、オーロパークも日曜日は雨模様になりそう。

Iwate_derby_diamond_c_2007

JRAの牝馬によるダービー制覇にあやかるわけではないけれど、岩手ダービーでも牝馬の躍進に期待する手。注目はもちろん近2戦、グレードウイナーのパラダイスフラワーに土を付け、メキメキと力量強化してきたマツリダワルツの末脚だ。
末一手の追込型と見られがちだが、意外と展開に応じて自在に立ち回れる器用さも備えているこの馬、直線で目標に照準を定めたときの決め手というよりも、勝負根性の強さに牝馬離れした才気の一端が垣間見える。主戦の南郷家全騎手もすっかりこの馬を手の内に入れた感があり、今なら盛岡・距離二千の舞台でも力負けする心配はないだろう。
対する牡馬のセイントセーリングは、近2走の逃げ切り勝ちが掛け値なしに強かったけれど、意外にも盛岡のダートコースでは2歳当時から未勝利。ここでも先行して粘る戦法に徹するだけだが、人気を背負っている分、今回は苦しい競馬を強いられる可能性も一応考えておきたい。以下ではセイントセーリングと同厩の堅実型・ハルサンヒコと、何をしてくるかわからない草地保隆の手綱捌きが不気味なオーナーズスキャン
破竹の3連勝でダービーにまで駒を進めてきたモエレターボは、いまだ一線級との対戦実績が不足している。過度な期待までは「」と思うけれど、さてどうだろう。

6月 10, 2007 岩手競馬, 07年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/15374953

この記事へのトラックバック一覧です: 【岩手ダービー】雨のオーロパークで奏でる円舞曲:

» DerbyWeekの取りはセイントセーリングが飾る!!盛岡『第27回ダイヤモンドC』&最終レースの予想 トラックバック 岩手競馬に注目!! -Endless Dream
(2007.6.3 盛岡9R『A2』) 『ダイヤモンドカップ』の予想の前に、来 続きを読む

受信: 2007/06/10 1:09:02

» 予想みたいなもの(岩手ダービー他) トラックバック That's
うちの近辺も1時間ほど前から雷鳴と共に雨が降り出し、府中も降ってきた模様。豊明近 続きを読む

受信: 2007/06/10 11:02:23

» 【レポート】岩手ダービーダイヤモンドC(前編)/旭川『北海道スプリントC【Jpn3】』の予想 トラックバック 岩手競馬に注目!! -Endless Dream
上の画像は、メインレースの『岩手ダービー ダイヤモンドC』終了後に現れた虹です 続きを読む

受信: 2007/06/12 1:47:53

コメント

コメントを書く