« 【大阪杯】改装前から変わっていない | トップページ | 【岩手競馬開幕】走れる歓びを力に、前へ。 »

2007/04/07

【桜花賞】阪神JF型の展開が再現されそう

Sakura_sakura_kinjono_sakura_2今年の桜花賞は、12月のコース改装でお目見えした阪神芝・外回り千六が舞台。新装阪神の外回りといえば、
474mの長い・長い直線を騎手たちが意識しすぎて、道中はスローペースの単調な競馬になることが多い?という印象を受けるけれど、一線級が集うマイル戦に関していえば、必ずしもそれが通り相場ではない。前哨戦のチューリップ賞こそ1000メートル通過が60秒前後のスローだったが、阪神ジュベナイルフィリーズやアーリントンCなどは、スタート直後から11秒台のラップが連続する淀みない流れになっている。

この現象を、コース形態に即して考えてみよう。
魔の桜花賞ペースと呼ばれるハイペースが頻発した芝千六の旧コースは、1コーナーポケットからの発走直後に早々と2コーナーが迫るという変則レイアウト。少しでも有利な位置を取ろうと各馬が第2コーナーに殺到する結果、コーナーを抜けてバックストレッチに入ってからもペースが落ち着かず、ハイペースの競馬になってしまう・・・・それが、魔の桜花賞ペースの正体だった。
これに対して、スタートしてから初角にあたる第3コーナーに到達するまでの直線部分が400メートル以上も確保されている新コースは、セパレートコースで行われる陸上競技の短距離種目のようなもの。枠順の内・外による有利不利が少なくなって、各馬はおおむね横に広がった隊列のまま、バックストレッチを走行していくようになった。こんな形になってしまうと、まだ折り合いに課題を残す出走馬が多い3歳戦の場合、かえってペースを緩めるタイミングを計るのが難しい。また、先手を取りたい逃げ馬にとっては、飛ばしていこうと思えば、どこまでも飛ばせる条件でもある。
半径の大きい3~4角も、あまり減速の必要がない高速コーナー。ここでもペースが落ちないままレースが進んでいくと、前半1000メートルの通過時までの流れは、平均的に速めのラップが連続し、追走する各馬にとっては、脚を溜めるのが難しい展開になってしまう。ゴール前に急坂が控える阪神の長い直線をもってしても、直線一気の差し馬が台頭する可能性は薄く、ある程度の先行力がなければ上位入賞は難しいといえるだろう。

このように考えていくと、阪神JFアーリントンCが、中団より前目に位置していた馬同士によるワン・ツー決着になったのも、なるほどと思えてくる。もちろん開幕週の馬場状態が良かったことも、先行・好位組優勢の傾向を後押ししたのだろうが、それだけではなく、新・外回りコースの2歳・3歳重賞に特有の「ハイペース」が、着順の結果に少なからぬ影響を及ぼしていると思うのだ。

さて、今年も18頭立てのフルゲートになった桜花賞。最内枠を引いたショウナンタレントを筆頭に、アストンマーチャンダイワスカーレットイクスキューズアマノチェリーランと前・前でレースを運びたいタイプがズラリと顔を並べる。こうなるとおそらく、展開はチューリップ賞のようなスローではなく、阪神JF・アーリントンC型の淀みない流れが再現される可能性が高い。力のある馬が、力を発揮するための条件は整ったと言えそうだ。

<結論>
◎ウォッカ
○アストンマーチャン
▲ダイワスカーレット
注ローブデコルテ
注イクスキューズ
注ハギノルチェーレ

ハイペースの阪神JFと、スローだったチューリップ賞。どちらの流れでも既に勝利を経験しているウォッカにとって、そもそも展開は大きな問題でないのかもしれないが、紛れの可能性が小さくなるだけ、速い流れの底力勝負は望むところ。着差はわずかでも、強い2着馬をまったく問題にしなかった両重賞のパフォーマンスからは、3歳牝馬離れしたスケール感すら漂う。皐月賞やNHKマイルを父が取りこぼした故事を拠り所にして「まさか」の波乱を期待する向きもあろうが、これほどの強い牝馬に無駄な抵抗は危険というもの。あっさり白旗をあげて本命に推す。
対抗格の2頭も例年の牝馬戦線ならば、十分優勝を狙えるレベルにある逸材。
阪神JF型の展開再現を予想しアストンマーチャンを上位に取ったが、ダイワスカーレットも兄と同じくキレより持続力に訴えるような競馬ならば2着の目があるかも。ただし、この枠順はやはり気かがり。新コースに変わり阪神マイルの外枠不利は解消されたと言われるけれど、少ない例数ながらデータを取ってみると、大外18番枠から良績を残した馬は、まだ登場していない
以下では、ウォッカが強すぎて対抗格2頭をあっさり潰してしまった場合の2着候補として、注の3頭までは一応押さえておきたい。

キルトクールは、地方代表で勇躍桜花賞に出走してきたエミーズスマイルアネモネSは、中山で現地観戦してきたが、時計・内容ともども見所に乏しい一戦だった。一連のトライアルで最も低調だったレースの上位馬が、これほどの強敵を相手に通用するというのは、どう考えても無理がある。

4月 7, 2007 07年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/14595670

この記事へのトラックバック一覧です: 【桜花賞】阪神JF型の展開が再現されそう:

» 見るレース 桜花賞ほか トラックバック 雲國齊の無謀
どうも馬券の調子が悪い。塗り間違いのショック覚めやらずということなんだろうか・・ 続きを読む

受信: 2007/04/08 3:16:04

» 今日はフクアリ・・・行く前に桜花賞の予想 トラックバック Re:F's blogroom
 ・・・という事で、今日はフクダ電子アリーナでの「ジェフ千葉vs横浜FC」の試合を観に行くのですが、その前に桜花賞の予想でも。  とは言っても、ほとんど「見る」レースになりそうですが。少しだけ穴馬券を買って楽しむと... 続きを読む

受信: 2007/04/08 9:06:38

» 2007桜花賞:競馬予想【◎アストンマーチャン】 トラックバック 3連単で100万馬券(競馬予想ブログ)
【3連単で100万馬券:競馬ブログランキング参加中】 ←クリックお願いします。 阪神日曜メインはJPN1「第67回桜花賞」。ウオッカ1.5倍・アストンマーチャン5.0倍・ダイワスカーレット6.2倍、前売り人気は1強扱いです。2回走れば1回はウオッカが勝つと思いますが明日勝...... 続きを読む

受信: 2007/04/08 10:25:59

» 桜花賞の予想 トラックバック 府中の杜
3強という流れに若干逆らった予想になってしまいました。 基本はヒモ荒れ狙いです。 阪神11R 桜花賞 ◎ウォッカ ○ダイワスカーレット ▲カタマチボタン △1イクスキューズ △2ローブデコルテ キルトクールは、アストンマーチャン 馬単 ◎→○▲△1△2 合計4点 3連単 ◎..... 続きを読む

受信: 2007/04/08 12:10:54

» 桜花賞、他予想 トラックバック Free Style
桜花賞 ◎ ウォッカ ○ アストンマーチャン ▲ ダイワスカーレット △ エミ... 続きを読む

受信: 2007/04/08 14:55:49

コメント

コメントを書く