« 【スプリングS】11頭立てなら結果も順当に | トップページ | 【ばんえい記念】ビギナーによるビギナーのためのレース展望 »

2007/03/24

【高松宮記念】「差し馬vs先行馬」の図式を深読みする

Suzuka_phoenix_at_tokyo_shinbun_hai_07春まだ浅い時季の開催ながら、良好なコンディションを保って時計の出る芝。平坦・小回りのローカル競馬場らしいレイアウト。いや、正確にいうなら平坦ではなく、3角付近を頂点にしてゴール前直線半ばまで緩やかな下り坂が続いていくのだから、中京コースの短距離戦は、一見するかぎり先行有利を絵に描いたような条件設定に思える。

実際のところ開催当初の下級条件などでは、ラチ沿いにへばりついた逃げ・先行馬同士によるワンツー決着ばかりで、4角外を回す差し馬では到底届きそうもないという印象を受ける。だが、春開催をトータルしてみると、意外や意外、差し脚質のタイプでも逃げ・先行勢に劣らない戦績を残しているという事実がある。
今シーズンを含む過去5年間の第1回中京開催を対象に、芝千二の条件における脚質別決着傾向を洗い直してみると、結果は下表のとおり。連対率こそ逃げ・先行馬より低位とはいえ、先行馬とほぼ同等の連対数を残している差し馬を春の中京・芝千二で軽視するのは早計であると、数値が雄弁に物語っている。

■第1回中京開催 芝千二・脚質別決着傾向(03年~)
Chukyo_turf_1200_haru




開催前半で逃げ・先行勢が有利ということは、すなわち、開催も後半になって芝が使い込まれてくればくるほど、差し馬有利の傾向は強くなるということだ。実際、上記データで差し馬が残している25勝のうち、16勝は開催後半のBコースで記録されたもの。先週の日曜メイン・トリトンS(準オープン)でも、道中後方に位置していた差し・追い込み馬が掲示板を独占する結果となって、春開催後半の中京短距離戦は差し馬有利という傾向を強く印象づけていた。中京春開催のフィナーレを飾る高松宮記念も、もちろんその例外ではないだろう。

その高松宮記念。00年に施行時期が3月に繰り上げられたが、それ以降の過去7回で差し馬の優勝回数は5回を数える。2着に至っては、4角ドンジリの位置から追い上げたデュランダルを含め差し・追込勢が6度も連対を記録。行った・行ったの前残り決着だった03年を唯一の例外として、その他の年は多かれ少なかれ差し馬優勢の競馬が繰り返されている。秋のスプリンターズSの場合、電撃戦にふさわしく先行馬同士で決着する例が多いが、春の高松宮記念ではそれと対照的な差し有利の傾向が定着していると、結論づけてもいいだろう。

それでは、いったい何が差し有利の傾向を生み出しているのか?開催が進むにつれ、ラチ沿いから荒れてくる芝3角~4角の曲がりがキツく先行馬が一度減速を強いられるコースレイアウトなど、中京コースの特殊性がG1に限らず芝千二全般に共通するこの傾向を後押ししていることは、想像に難くない。
だが、おそらくそれだけではないだろう。アドマイヤマックスオレハマッテルゼラインクラフトなど近年このレースで活躍している差し馬が、生粋のスプリンターというよりも、どちらかといえばマイル適性に秀でたタイプであることを思えば、「差し馬vs先行馬」の対決の図式を「マイラーvs短距離専業馬」に置き換えて解釈できないか?とも思うのだ。
短距離重賞路線の整備と反比例するかのように、年々レベル低下と層の薄さが進行しつつあると指摘されることが多い、わが国のスプリンターたち・・・・オープン特別やG3のクラスでは、どんぐりの背比べ的な争いのなかからお山の大将は登場しても、所詮はどの馬も似たようなレベルである。秋にはスピードの絶対値が違う海外の強者、春は別路線から転戦してくるマイラーたちが難敵として立ち塞がるG1では、さすがに苦戦を免れない。そんな構図が、秋の先行決着、春の差し決着に表象されていると考えると、高松宮記念の行方も自ずと見えてくるのではないか?
「マイラー」「差し馬」・・・・この2つのキーワードが、今年も勝馬探しのポイントになりそうである。

<結論>
◎スズカフェニックス
○マイネルスケルツィ
▲オレハマッテルゼ
△プリサイスマシーン
注スピニングノアール

昨年の予想エントリでも触れたことだが、このレースは前身の高松宮杯当時から、重賞戦線で実績を残しながらG1になると、あと一歩栄光に手が届かなかった「イマイチ君」たちに、花を持たせる結果に終わることが多い。いうなれば、叩き上げの苦労人の努力が報われる浪花節のG1競走(笑) 今にして思えば、昨年のオレハマッテルゼなどは、見事にその恩恵にあずかった感が、なきにしもあらずだった。
そうした意味で、スズカフェニックスは、まだまだ苦労が不足しているかも?という気がしないでもないが、この馬とてデビューはダート戦で地味に9着(笑)。そんな苦杯を出発点に一歩づつ実績を積みながら、今日の地位を築き上げてきた。「マイラー」「差し馬」という高松宮記念の勝馬条件からも真っ先にピックアップできるのは、この馬の決め手であり、前哨戦で外を回しすぎた反省もあるのだから、武豊騎手もロスの少ない騎乗を心がけてくれることだろう。アドマイヤマックスの鮮やかな差しきりを彷彿させる競馬を期待する。
以下では、脚質にこだわらず千四~マイル路線で上位の実績を残している馬たちをピックアップ。人気のプリサイスマシーンは、馬群を割れる渋太い決め脚が今回も繰り出せるなら連対圏突入の目も十分だが、その反面、直線行き場をなくすリスクも内包しており、あえて4番手評価とした。

キルトクールは、当然「スプリンター」「先行馬」に該当するタイプから選出したい。有利とはいえない最内枠で意外と鉄砲の効かないシーイズトウショウでもいいのだが、ここは3番人気くらいの支持を集めそうなエムオーウイナーを切ってみる。ディバインシルバーが逃げなければ、この馬がレースを先導していく展開も考えられるが、いずれにせよ、中団からレースを進めるマイラー勢の格好の目標にされることだろう。

3月 24, 2007 07年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/14366437

この記事へのトラックバック一覧です: 【高松宮記念】「差し馬vs先行馬」の図式を深読みする:

» 高松宮記念:道悪を大激走◎サチノスイーティー トラックバック 競馬予想Pronostiquer
中京11R 高松宮記念 サチノスイーティー 続きを読む

受信: 2007/03/24 3:09:50

» 鬼馬「高松宮記念、マーチS」(2007)GI版 トラックバック SEABLOGスポーツ
 高松宮記念は鬼馬TM多忙のため新聞版が発行にならなかったので、いつものように潮風の予想をお届けします。高松宮記念はどの馬が勝ってもおかしくないメンバー。いっそのこと超人気薄から狙ってみてもいい気がしてきませんか。... 続きを読む

受信: 2007/03/24 15:10:58

» 第37回高松宮記念(GI)&第14回マーチステークス(GIII)予想 トラックバック 競馬散策 夢馬券
第37回高松宮記念(GI) ◎スズカフェニックス データによる減点無しは、スズカフェニックス、マイネルスケルツィ、プリサイスマシーンの3頭。 能力順位 1位(08)スズカフェニックス 2位(11)プリサイスマシーン ... 続きを読む

受信: 2007/03/24 18:34:29

» 勝負か否か?『マーチS・高松宮記念』+α予想 トラックバック なんとな~く。な日々
同じ事務所の先輩(と言っても孫もいる人)がある日、 孫の誕生日の組合せで馬券を買ったら、見事的中したんです。 それを側で見ていたおいら、おいらも自分の子供が産まれたら...。 なんて思っていたんですが、日曜日は高松宮記念がありますから ここが勝負所なんでしょ..... 続きを読む

受信: 2007/03/24 19:23:29

» 高松宮記念【予想】 トラックバック OTON的賽馬房間
中京11R 高松宮記念(GⅠ) ◎→スズカフェニックス  混戦の中の中で人気になるとは思ったが、前日 続きを読む

受信: 2007/03/24 21:53:40

» 高松宮記念【予想】 トラックバック OTON的賽馬房間
中京11R 高松宮記念(GⅠ) ◎→スズカフェニックス  混戦の中の中で人気になるとは思ったが、前日 続きを読む

受信: 2007/03/24 21:55:51

» 高松宮記念(&マーチS)予想 トラックバック Re:F's blogroom
 明日の高松宮記念から、いよいよ春のG?シーズン到来!・・・なんだろうけど、桜花賞とかダービーとか、国際競走でない重賞は(昨年新設のヴィクトリアマイルも含めて)jpnという冠名が付くみたいですね。となれば、あとはダ... 続きを読む

受信: 2007/03/24 23:38:29

» 2007高松宮記念:競馬予想【◎プリサイスマシーン】 トラックバック 3連単で100万馬券(競馬予想ブログ)
【3連単で100万馬券:競馬ブログランキング参加中】 ←クリックお願いします。 中京日曜メインは、国際G1「第37回高松宮記念」。スズカフェニックス・エムオーウイナー・シーイズトウショウ・マイネルスケルツィ・プリサイスマシーンの5頭が5.5倍〜6.3倍の範囲内、なか....... 続きを読む

受信: 2007/03/25 8:34:15

» マーチS、高松宮記念の予想 トラックバック Free Style
マーチS ◎ ビッググラス ○ トラストジュゲム ▲ クーリンガー △ ツムジ... 続きを読む

受信: 2007/03/25 13:25:40

» 2007「高松宮記念」予想♪ トラックバック めかりんだいありぃ
ただでさえ、難しいのに、雨ですか… 良なら、8スズカフェニックスと思ったのですが… 重なので、先行できる 11 プリサイスマシーン から。 昨日も安藤、今日も安藤が勝つなんて考えてるとだめなのよねw 相手は 1 シーイズトウショウ (引退前にもう一頑張り) 3 サチノスイーティー (すいすい逃げたり?) 8 スズカフェニックス (上がり勝負なら) 9 マイネルスケルツィ (左まわりどうなの?) 12 エムオーウイナー  (なつかしニホンピロウイナー の子) 14 リキアイタイ... 続きを読む

受信: 2007/03/25 14:57:45

» スズカフェニックス トラックバック 駆ける衝撃
強かった、とにかく強かった次は、安田記念も狙えそうだ!競馬渡辺理論(悪魔の完結編) 続きを読む

受信: 2007/03/25 17:46:43

コメント

ご指摘のとおり、3、4角の内ラチ沿いが
荒れてきていると発表がありました。
先行勢は脚を殺され、外をまわった差し馬が
突き抜ける構図は想像出来ますね。

問題は雨ではないかと。
調べた限りでは稍重以下の馬場で追い込み馬が
連にからむことは難しい状況だと思ったんですが・・。
4コーナーで詰まって外に開かざるをえない
追い込み馬が先行馬を差し切るには
余程の重馬場適性が必要になってくるのでは
ないでしょうか?
色々と考える要素があるレースで興味深いです(^^)
どんなレースになるか楽しみですね~

投稿: けん♂ | 2007/03/24 11:02:08

>けん♂さん

日曜中京は、どうやら道悪競馬ですね。
私が本命にしているスズカフェニックスは、典型的な差し馬ということで、常識的には不利なのですが、2年前の函館・陸奥湾特別を快勝しているように、この馬自身、道悪の重い芝をまったく苦にしません。
とはいえ、差し一辺倒の戦法では苦戦のリスクもあるので、武豊騎手の手綱さばきに注目ですね。馬場の良いところを選んで走れるなら、むしろこの条件はプラスと考えたいです。

投稿: 山城守 | 2007/03/25 10:15:47

コメントを書く