« 【馬券日記】耳を澄ませば、見えてくる | トップページ | 「有言実行」を担保するもの »

2007/02/25

【中山記念】レース前半のペースが分水嶺に

Shadow_gateat_the_derby_2005開幕週にふさわしく前を行く逃げ・先行馬の脚勢がゴールまで衰えないケースと、中団・後方から台頭する馬が一気に先行勢を交わし去って差し競馬になるケース。近年の中山記念の決着傾向を振り返ってみると、一見対照的と言うべきこの2つのパターンが交互に繰り返されてきたように思える。
2つの決着パターンを分かつ分水嶺というべきファクターは、レース前半のペースだろう。前半1000メートル(5F)が59秒台より緩い中距離的なペースになると逃げ・先行馬が踏ん張って、59秒を切るマイル的な緩みの無い流れになると差し・追い込みの競馬になる。昔、JRAのテレビCMで女優の鶴田真由が諳んじていた「ハイペースなら差し馬が有利、スローペースになれば逃げ・先行馬が有利」という初心者向けの競馬のセオリーが、ここでは素直に通用してしまうわけだ。

■中山記念 過去7年の決着傾向

逃げた馬着順前半5F1着脚質2着脚質
06年バランスオブゲーム1着60.9逃げ先行
05年ダイワバンディット
エルカミーノ
5着
14着
59.2先行追込
04年ローエングリン3着57.6差し追込
03年ローエングリン1着59.5逃げ先行
02年ゴーステディ12着58.3差し差し
01年エーピーグリード9着58.5先行先行
00年クリスザブレイヴ6着58.0差し差し

中距離戦で前半59秒といえば、けっして息を入れやすいスローペースとは言えないけれど、後続もなし崩しに脚を使わされてしまう分、03年優勝当時のローエングリンなど、マイペースで行ける力をもった先行馬にとっては歓迎すべき条件だ。まして、昨年のバランスオブゲームのように、誰にも邪魔されず前半1000メートルを60秒台にまで落として行ければ、もう後続を術中にはめたも同然だろう。

開幕週・Aコース替わり、さらにはコーナー4回の内回りという条件設定を考えれば、本質的には「先行有利」がトレンドというべきこのレース。差し馬が先行勢を負かすためには、やはり展開の助けが必要だろう。なるほど、先行有利の展開をもろともせず、後方から連対圏にまで届いた差し馬の活躍事例はあるけれど、一昨年のカンパニー(2着)などは最内から馬群を縫うように差してきており、距離ロスを最小限に抑えた戦法が好走の決め手になっていた。実質小回りコースで、外・外を回していく不器用な競馬しかできないタイプでは、よほどのハイペースにならない限り前には届かない。馬込みに怯まぬ根性の持ち主か?最内から突き抜けるほどの決め手はあるのか?差し馬の取捨選択は、各馬の適性と過去のレース内容をじっくりと思い起こし、慎重に進めていきたい。

<結論>
◎シャドウゲイト
○エアシェイディ
▲ダンスインザモア
△インティライミ
△ローエングリン
注マルカシェンク
注グレイトジャーニー

前走AJC杯で引っ掛かって失速したインディライミは、前半から他馬の後に入れ折り合っていくことを最優先。ローエングリンも、かつて天皇賞(秋)で大暴走した際のトラウマを背負う後藤が鞍上では、思い切った先行の手は打てない。
そんな各馬の思惑を考慮してみると、シャドウゲイトにとっては、今回も「どうぞ行って下さい」というお膳立てが整った感がある。発馬後、初角に飛び込むまでの距離が短い中山の千八で、外枠からマイポジションを確保できるか?を危惧する見方もあろうが、おそらく15番枠なら無理なく先手を主張できることだろう。鞍上は、バランスオブゲームでこのレースを2連覇中の田中勝春。道中での息の入れどころは十分心得ているはずで、今年も昨年同様、前半1000メートルが60秒台。道中のどこかで12秒台後半までラップを落としてから、早めスパートで後続を突き放してしまいたいところだ。

相手は、緩めのラップのなかでも決め手を温存でき、距離ロスを最小限に抑え捌いてこれる差し脚質の馬に注目してみたい。エアシェイディは、重賞になるとなぜか勝ちきれないが、もともと中距離よりもマイル寄りの距離で決め手を生かしたいタイプ。近走の充実ぶりからも、よほどの不利がなければ上位進出必至だろう。ダンスインザモアも、久々の勝利に気をよくしている近況だけに、2年前のスプリングSで馬群を割ったあの脚を再現してくるかもしれない。以下では、行った行ったの決着も一応想定して、道中前目の位置取りを進む有力どころをマークしおきたい。

キルトクールは、メイショウオウテ
レース前から激しく入れ込んでしまう気性が災いして、力を持てあまし気味の競馬が続いている。脚質的に不利を受けやすく、それを避けようとすれば外・外を回していくしかない。引退の花道を飾る名伯楽が最後の最後に関東の重賞へと送り込んできた刺客だが、かつて強気で鳴らした厩舎サイドのコメントは「一歩前進を期待」と慎ましいもの。過大な期待までは禁物だろう。

2月 25, 2007 07年競馬予想・回顧 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/14038167

この記事へのトラックバック一覧です: 【中山記念】レース前半のペースが分水嶺に:

» 展開次第 中山記念 トラックバック 雲國齊の無謀
阪神でノボリハウツーが場外に逃げ出して、一般道を1キロ激走したところで捕まったそ 続きを読む

受信: 2007/02/25 8:37:37

» 2月25日メイン予想 トラックバック 気まぐれなサイコロVR
アーリントンCはトーセンキャプテンが3連勝を飾った。馬体が絞れて馬がまた良くなっていた。レース内容もキッチリ折り合いがついて完璧。これでクラシック戦線に急浮上。距離延長にも対応できそうなだけに、かなり楽しみな存在。 2着のローレルゲレイロは本田Jが渾身の力で追っていたが、勝った馬の力が上ということ。こちらもレース内容には非の打ち所はなかった。もしかしたら、沸く準の差なのかもしれない。本当に惜しい�... 続きを読む

受信: 2007/02/25 9:12:17

» 中山記念:2つの復活の狼煙◎インティライミ トラックバック 競馬予想Pronostiquer
 アーリントンカップは◎→▲→☆の本線で決着し、単勝、馬単、3連単的中。でも配当が安すぎたな・・・。今週の重賞予想は◎が最低1勝と公言(?)してたのでとりあえずはOK。この調子で今週は的中祭りにしたい。  中山1... 続きを読む

受信: 2007/02/25 10:15:15

» 目が回って気持ち悪い『中山記念・阪急杯』予想 トラックバック なんとな~く。な日々
さっき犬の散歩に出掛けて、芝生の土手があるんですけど、 そこでかなり久々にゴロゴロと回転して転げ落ちてみたら、 そのせいで目が回ってこうやって記事書いてても気持ち悪いです。(ーー; さて中山記念には年末ぶりとなるローエングリンが出走しますね。 指数予想では対抗..... 続きを読む

受信: 2007/02/25 11:15:48

» 中山記念、阪急杯予想 トラックバック Free Style
中山記念 ◎ エアシェイディ ○ シャドウゲイト ▲ インティライミ △ ブラ... 続きを読む

受信: 2007/02/25 13:30:17

» シャドウゲイト大阪杯へ、香港遠征も視野 トラックバック 競馬のトラックバック練習用ブログ
 ★中山記念4着のシャドウゲイト(牡5、加藤征)は放牧に出され、4月1日阪神の大阪杯(G2、芝20... 続きを読む

受信: 2007/03/02 1:10:40

コメント

コメントを書く