« 【霜月S】いけいけオフィサー、どんと行け! | トップページ | 【ジャパンカップ】2着馬の傾向・対策を研究してみる »

2006/11/25

【JCダート】距離延長でも通用する突然変異

Blue_concord_at_nambu_hai_06◎ブルーコンコルド
○シーキングザダイヤ
▲ハードクリスタル
△サンライズバッカス
△ジンクライシス
注メイショウバトラー
注ピットファイター
注フィールドルージュ


優勝馬の脚質は中団からの差し・マクリが基本。しかも、キレと勝負強さを兼備した「強い差し馬」であることが要求される。昨年のカネヒキリにせよ、一昨年のタイムパラドックスにせよ、スパートすべきタイミングで鋭い決め手を使い、さらにゴールまで脚を持続させ、このレースをものにしている。
そんな視点からすると、実績最上位のシーキングザダイヤは、いささか「勝負強さ」に欠ける一面が気になるところ。展開やコース取りに泣いた感のある南部杯・JBCの敗退には情状酌量の余地もあろうが、ここで巻き返しを期待できるかどうかと問われるなら、答は微妙と言わざるを得ない。

そこでブルーコンコルド。小回りコースでの戦績とはいえ、名古屋・川崎のJBCで示した勝ちっぷりの凄さは、過去のJCダート優勝馬とイメージが共通している。なるほど、距離に関しては未知の世界だが、早めのスパートから実質800メートル近くも脚を持続させるあの戦法は、スタミナの裏づけがなければ不可能というもの。一介の短距離馬と決めつけるのは早計で、キャリアを重ねるうちに突然変異を遂げたとみる解釈も成立しそうだ。交流戦と同様の強気な競馬に徹するなら、道は開ける。

以下では、ハードクリスタルサンライズバッカスら実績上位陣が連対候補だが、前者は馬体重後者はレース前のテンションの高さに、それぞれに課題を抱えている。最終評価は、パドックでの直前気配をしっかり確認したのち、ジャッジしたい。

キルトクールは、ルメール騎手を鞍上に迎えたヴァーミリアン。ダートの重賞番組が充実している秋のシーズン、わざわざここまで待機していたのは、おそらく順調さを欠いていたせいだろう。しかも、今回は多頭数の最内枠。そもそも包まれる展開が苦手なタイプであり、ちょっと無理な競馬を強いられることになりそうだ。

11月 25, 2006 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/12815192

この記事へのトラックバック一覧です: 【JCダート】距離延長でも通用する突然変異:

» けいばごと 100 トラックバック ボルジャノン厩舎
ジャパンカップダート 今回、おいらが気になっていたのがブルーコンコルド。今回のケースはエルコンドルパサーがジャパンカップに出走したときやグラスワンダーが3歳のときに有馬記念に出走したときとチョットだけだぶらせていたのですが… そしたら、エルコンド....... 続きを読む

受信: 2006/11/26 13:20:05

» 2006ジャパンCダート:競馬予想【◎ブルーコンコルド】 トラックバック 3連単で100万馬券(競馬予想ブログ)
【3連単で100万馬券:競馬ブログランキング参加中】 ←クリックお願いします。 東京競馬場土曜11Rは「第7回ジャパンカップダート」。金曜前売ではシーキングザダイヤ・ブルーコンコルド・ジンクライシスまでが10倍以下、でも、3連単の1番人気は武豊騎手−安藤勝騎手−横山...... 続きを読む

受信: 2006/11/28 15:20:16

コメント

コメントを書く