« 【速報】遅れてきた大物がデビュー戦快勝 | トップページ | 【サウスニア】ダービー馬の全弟が福島へ? »

2006/10/09

【南部杯】3強対決の構図を占う

岩手競馬の全レースを対象にタイム指数(スピード指数)を公表している貴重なサイト・「盛岡タイムス」さんのところに、こんなコラムが掲載されている。指数を用いた予想法について指南するコーナーのひとコマなのだが、経験から導き出された馬券の極意のようなものがさらりと語られており、なるほど、と思わず頷かされてしまう。

荒れるレースを見極めることが、予想の最大のポイントです。 荒れるパターンはいくつかあります。
まず第1は、圧倒的な1番人気が敗れる波乱です。(中略)
次は2頭の強い馬が出ている場合です。人気薄が3着に入ることを狙ってワイドで攻める手もありますが、このパターンは意外に荒れるケースが多いのです。2頭で決まれば馬複で200円台の配当。でもどちらか1頭が強すぎた場合、2強の一角が崩れることがあります。
3強がでているレースはあまり極端には荒れません。これは経験則ですね。
 盛岡タイムス公式サイト
 ~みちのくレース岩手競馬スピードインデックスより引用

Nambuhai_poster_2005レース前には鉄板と思えた2強の一角が脆くも崩れ、伏兵が2着に飛び込んでくるケース。あるいは、3強が死力を尽くした激闘を繰り広げ、下馬評通り上位を独占するケース。競馬ファンなら、誰でも一度や二度は思い当たる事例を経験しているはずだ。
JRAのG1レース・天皇賞春を例にとって思い起こしてみると、トウカイテイオーとメジロマックイーンの初対決に沸いた92年などは前者、サクラローレル・マーベラスサンデー・マヤノトップガンの3強が歴史的名勝負を繰り広げた97年は後者の典型例といえるだろう。
さて、そんな教訓を脳裏に刻みつつ、今年の南部杯(G1)の出走メンバーを見渡していくと、これは典型的な3強対決のパターンに該当するのではないか?という印象が強くなってくる。すなわちG1制覇を目論む強いモチベーションを胸に秘め、ここに参戦する競走馬が3頭いるということだ。JRA代表のシーキングザダイヤヒシアトラス、道営代表のジンクライシスである。

カネヒキリが戦線を離脱し、一方JBC以降になると南関の王者アジュディミツオーが待ちかまえている・・・・そんなダート戦線の構図を睨むと、無冠の帝王シーキングザダイヤにとって、今年の南部杯こそがG1獲得の宿願をかなえる千載一遇のチャンスといえるだろう。だが、そんな目論見は、札幌のエルムSワン・ツーから意欲的な転戦を試みてきたヒシアトラス、ジンクライシスとて同じ。特に後者は、主戦の山口竜一騎手から敢えて五十嵐冬樹騎手にパートナーをスイッチしてきたのが注目される。左回りのダート重賞で、それぞれに実績を残しているこの3頭。いずれもやる気は満々だ。

3強の能力を比較するなら、G12着の常連シーキングザダイヤが一枚抜けているようにも思えるが、この馬の場合、良い意味でも悪い意味でも常に相手なりの競馬を演じてしまう傾向がある。少なくとも2着以下に大きな着差をつけての独走は考えづらく、そこに北海道転戦組でも互角に戦えそうな可能性が生まれる。しかも、この3頭はみな先行脚質。スタート直後から互いが互いをマークして牽制し合うような神経戦の様相を呈すれば、三つ巴の優勝争いは、ゴールまでもつれる可能性が濃厚だろう。

一方、これ以外の出走馬に関していうと、能力以前の問題として、このレースにかける意気込みが些か弱いのではないか?という印象を禁じ得ない。
たとえば、昨年のJBCスプリント王者・ブルーコンコルド。距離千六が1ハロン長いのは自他共に認めるところだし、目標はあくまで次の川崎だろう。「好調時のデキに比べれば八分程度」と陣営が公言しているようでは、正月のガーネットSと同様、かなり太目の馬体でオーロパークに姿を現す公算が高い。また、全盛時に比べ衰えが感じられるタイムパラドックスは叩きつつの良化待ちといったところだろうし、森厩舎の大ベテラン・ノボトゥルーに至っては、シーキングの難敵になりそうだったメイショウバトラー参戦を阻止するためのエントリー?と、そもそも出走の動機自体に疑問符が付く。
強敵を迎え撃つ地元代表ウツミジョーダン・エアウィードも、今回に限っては、弱気一辺倒のムードで、波乱の一翼を担おうという気概までは感じられない。

消去法からも、結局、3強対決の構図ばかりが浮かび上がってくる。
どうやら配当的に大きな期待まではできないが、今年は「荒れない南部杯」を前提に、馬券作戦を組み立てるのが得策といえそうだ。

<結論>
◎シーキングザダイヤ
○ジンクライシス
▲ヒシアトラス
注ブルーコンコルド
注ノボトゥルー

馬券は、◎○▲の3連単ボックスが本戦。
キルトクールには、タイムパラドックスを指名します。

10月 9, 2006 岩手競馬, 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/12207012

この記事へのトラックバック一覧です: 【南部杯】3強対決の構図を占う:

» 第19回 マイルチャンピオンシップ南部杯(GI) 予想 トラックバック ダンディライオン - お馬はみんなぱっぱか走る。
第19回 マイルチャンピオンシップ南部杯(GI) 2006年8回盛岡6日 10/09(月) 発走 16:05 盛岡競馬場10R 1600m ダート・左 サラ系3歳以上 オープン 一般 定量 印 番 馬... 続きを読む

受信: 2006/10/09 7:51:37

» 第19回南部杯の予想 トラックバック こんなのアリ?
 昨日の東西重賞を久しぶりにスカッと的中できたので非常に気分が良いです。 さて、予想です。 続きを読む

受信: 2006/10/09 9:44:39

» マイルCS南部杯(交流GI) トラックバック 【偽】近藤利一の競馬予想(FC2版)
   【盛岡10R マイルCS南部杯(統一G1・ダ1600?)】   ◎ ?ブルーコンコルド   ○ ?シーキングザダイヤ   ▲ ?ジンクライシス   △ ?ヒシアトラス   △ ?ウツミジョーダン  キルトクール  タイム... 続きを読む

受信: 2006/10/09 10:31:56

» 南部杯の予想 トラックバック 競馬ゴンタ
◎ ブルーコンコルド ○ シーキングザダイヤ ▲ ヒシアトラス △ ジンクライシス たぶん上記4頭で取れる馬券だとは思うけど上位2頭はどっちが勝ってもおかしくはない。松博ブチギレで安勝が降ろされたタイムパラドックス... 続きを読む

受信: 2006/10/09 10:36:50

» 予想 157 トラックバック ボルジャノン厩舎
マイルチャンピオンシップ南部杯 南部といえば宇宙戦艦ヤマトの登場人物を思い出す。その南部はたしかメガネかけてたよなあ?メガネといえば『おぎやはぎ』…ということで本命は荻伏レーシングクラブのブルーコンコルドです(またかよ!) ◎ブルーコンコルド ○....... 続きを読む

受信: 2006/10/09 11:17:42

» 盛岡 南部杯の予想 トラックバック 府中の杜
アジュディミツオーがいなければ、シーキングザダイヤからで勝負になるだろうという楽観視の元に出てきた予想。上位人気を買ってる時点で配当が凄い事になっているので、3頭に抑えてみました。ヒシアトラスはマイルでは短いだろうと逆期待(笑) 盛岡10R 南部杯 ◎シーキン..... 続きを読む

受信: 2006/10/09 11:22:21

» [過去成績と傾向]マイルチャンピオンシップ南部杯(統一G1)2006年 トラックバック 競馬SevenDays
 2006年10月9日(月)盛岡競馬場では、ダートマイル王決定戦の第19回マイルチャンピオンシップ南部杯(統一G1・盛岡・ダート1600m)が行われます。 明日なので、いきなり予想してもよいのですが、簡単に過去の結果から傾向をみてみ... 続きを読む

受信: 2006/10/09 12:03:43

» 南部杯(統一G1)【軸馬◎と妙味☆】予想 トラックバック 競馬SevenDays
“◎軸馬”と“☆妙味ある馬”を紹介しています。 選んだ馬たちが、頑張って走ってくれれば嬉しいのですが……。 続きを読む

受信: 2006/10/09 12:05:25

» マイルチャンピオンシップ南部杯(GI)予想 トラックバック That's
Road to JBCも最終戦。ステップレースとはいえGIなのでまずまずの面子が 続きを読む

受信: 2006/10/09 12:08:43

コメント

コメントを書く