« 【BSN賞回顧】国内最強!坂路元帥に脱帽 | トップページ | 【サウスニア】高いよなあ・・・・とは思いつつ »

2006/09/10

【京成杯AH】休養明けの軽ハンデ馬に好走なし

Meiner_scherzi_at_nhk_mile_06京成杯AHには、過去の傾向と対策から知ることができる必勝法というべきセオリーがあった。それは「前走と比較し今回斤量が増えている馬」を狙うこと。ハンデ戦で前走よりも重めの斤量を課されるということは、近走の充実ぶりが評価されてこその勲章だろうし、特に夏競馬からの続戦組の場合、前走重賞で好成績をあげている馬も多い。それが秋初戦の重賞での好走につながっている。当ブログの昨年のエントリでは、そのように結論づけ自信満々で予想を公開したのだが、終わってみれば、前走よりも重いハンデを課せられた該当馬4頭が悉く連対圏から外れてしまうという皮肉な結果になってしまった・・・・。これでは「必勝法」の神通力もすっかり色褪せてしまったと言わざるを得ず、今年のレースに臨む指針も、一から軌道修正が必要だ。

とはいえ、オータムハンデの名が冠せられている以上、予想上の最重要ファクターとして、斤量というポイントにはやはり着目せざるを得ない。問題は、どんな切り口で斤量という素材を料理してみるか?ということだろう。
たとえば、過去6年分のレース結果(新潟で施行された02年を除く)をデータで振り返ってみると、前走比で斤量が増えた馬の戦績は「2-1-2-4」(連対率33%)。一方、斤量が減った馬は「2-3-1-33」(連対率13%)、増減なしは「1-1-2-7」(連対率18%)となっている。連対率の比較なら、やはり斤量増の組に一日の長があるとはいえ、斤量減・増減無しの馬でも延べ7頭も連対馬が出ているのだから、斤量の前走比較は、勝馬探しの決定的ポイントではない

それでは、負担重量そのものの軽重に注目してみてはどうか?すると、このレースでは55キロを超える重めのハンデを課せられた実績馬のほうが、軽ハンデの伏兵よりも優勢という傾向が出ていることがわかった。

■京成杯AH ハンデ重量別成績(00~05年)
 ハンデ55.5キロ以上 4-2-3-10 (連対率32%)
 ハンデ55.0キロ以下 1-3-2-34 (連対率10%)

このうち、特に良績が集中しているのがハンデ57キロを背負った馬たちである。該当馬の戦績は「2-1-1-2」(連対率50%)。ちなみに着外に敗れた2頭(00年マイネルマックス、05年マイネルソロモン)は、前走でともに二桁着順を記録するなど本調子を欠いていたのが敗因と思われ、順調にここへ駒をすすめてきた馬に限れるなら、例数こそ少ないものの100%馬券に絡む好成績を収めている。実績と負担重量のバランスを考えれば、なるほど、このあたりのハンデが狙い目といえるのかもしれない。

55キロ以下の軽ハンデ組の好走事例についても、研究してみよう。
馬券圏内に届いた6頭(ゼンノエルシド・ニシノシタン・シャイニンルビー・シベリアンホーク・オースミコスモ・ヴァイタルトラック)は、年齢・性別・さらには脚質とタイプがまちまちで、一見する限り共通項を見いだしにくい。だが、このレースに至るまでのローテーションに注目してみると、少なくとも1度は当該シーズンの夏開催(新潟・札幌・福島)で使われていたことがわかる。この場合、前走二桁着順からの巻き返し例も結構あり、叩かれての上積み+軽ハンデという条件面のプラスアルファが好走を後押ししているといえそうだ。

ちなみに、この傾向を裏から見ると、「休養明けの軽ハンデ馬に好走なし」というセオリーを導き出すこともできる。過去6年のデータで、前走から10週以上の間隔をとってこのレースに出走してきたハンデ55キロ以下の馬の成績を確認してみると、「0-1-0-8」(連対率11%)。唯一2着に食い込んだのは、7月の福島戦以来の出走だったシベリアンホークであり、6月の東京・中京開催以来の出走馬の好走例となると、94年のホッカイセレス(安田記念以来の出走で3着・ハンデ53キロ)以来、途絶えて久しい。
休養明けの軽ハンデといっても、けして弱い馬ばかりではない。春シーズンの3歳オープン路線を賑わしてきた素質馬が出走してくる場合も、往々にしてこのパターンに該当してくる。春の実績に照らせば、一見有利にみえるハンデが設定されるこんなタイプは、えてして人気を背負うことも多いけれど、「休養明けの軽ハンデ馬に好走なし」のセオリーから免れていないことには注意が必要だ。昨年も、NHKマイル以来の出走で上位人気を集めたアイルラヴァゲイン(55キロ)・マイネルハーティー(54キロ)が揃って着外に姿を消している。今年、このパターンに該当するマイルスケルツィ(54キロ)は、はたしてその轍を繰り返すのか?実績から上位人気必至といえる存在だけに、レース結果を占う重要なポイントとして、注目してみたいところだ。

<結論>
◎カンファーベスト  57キロ
○ステキシンスケクン 54キロ
▲インセンティブガイ 57キロ
△ワディラム     53キロ
注ローエングリン   58キロ
注マイネサマンサ   55キロ
注マイネルモルゲン  57.5キロ

Camphor_best_06_sekiya_kinen本命は、このレースでの良績が多いハンデ57キロを背負う馬から。インセンティブガイカンファーベストのどちらを重視すべきか?正直判断に迷ったが、夏場を順調に使われた強みと配当妙味(笑)を考え、今回は後者を主軸に据えてみた。
そのカンファーベスト。前走・関屋記念は、何もかもが上手くいき過ぎた印象もあったが、激しい気性を走るエネルギーへと効率的に転化できるという意味で、マイルの条件は確かに向いている。目下の充実ぶりなら、中山開幕週の淀みない流れになっても、戸惑う心配はないだろうし、57キロを与えたハンデキャッパーの評価を掛け値なしに信頼してみたい。
また、重めの斤量を背負う実績馬の相手は55キロ以下の軽ハンデ馬、さらには、道中ハナ~2番手の位置を確保できた先行型が残るというのが近年の決着パターン。それを思い起こせば、対抗格には下手な実績馬よりもステキシンスケクンのようなタイプが似合っている。首位争いはともかく、案外この馬を2着に据えたフォーメーションなどが、馬券的には正解なのかもしれない。同じく軽ハンデ組から取り上げるなら、関屋記念を好戦したワディラムの差し脚にも魅力がある。

キルトクールは、マイネルスケルツィ。なるほど、春の実績と中山マイルへの適性の高さに疑問の余地はないけれど、「休養明けの軽ハンデ馬に好走なし」のセオリーから、このタイプの馬券は買いたくないところ。これ以外では、フォーカルポイント・キネティクスが休養明けの軽ハンデというパターンに該当。セオリーの有効性を検証するために、今回はこれら各馬を消して、馬券勝負に挑んでみたい。

9月 10, 2006 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/11828482

この記事へのトラックバック一覧です: 【京成杯AH】休養明けの軽ハンデ馬に好走なし:

» セントウルS・京成杯AH予想 トラックバック Goodthing競馬Blog
中京11R・セントウルS 芝1200m ◎(18)シーズトウショウ ○(08)リミットレスビッド ▲(10)リボンアート △(14)コスモフォーチュン ×(02)ゴールデンキャスト ×(05)ロードアルティマ ×(06)サチノスイーティー ×(12)ネイティヴハート 三連単(18)→(08)→(02)(05)(10)(12)(14)マルチ6*6=36通り 中山11R・京王杯AH 芝1600m ◎(13)ペールギュント ○(11)インセンティブガイ ▲(01)ローエングリ... 続きを読む

受信: 2006/09/10 2:56:41

» 9月10日メイン予想 トラックバック 気まぐれなサイコロVR
朝日チャレンジカップはトリリオンカットが激走を見せた。この馬も1600万条件の身。夏場に使っていたといえ、成績はそれほどぱっとせず。上手く流れに乗って、最後はコンゴウリキシオーとの叩き合いを制した。コンゴウも内容としては悪くなかった。スズカフェニックスはパドックで少しテンションが上がっていた。道中は抑えるためにか後方から進んだ。時計が速いとはいえ、ハイペースではないので、最後方からでは厳しか... 続きを読む

受信: 2006/09/10 5:38:07

» 予想  144 トラックバック ボルジャノン厩舎
セントウルS 今年の重賞に出走する外国の遠征馬がすべて勝っているイメージがおいらにはある。みんなセン馬なんですよね。あれ?このレース名は…ということで本命はテイクオーバーターゲット。今日は欧陽菲菲の誕生日。テイクオーバー♪わけなどないよ〜♪ ....... 続きを読む

受信: 2006/09/10 11:57:29

» 京成杯AH&セントウルS予想 トラックバック 【偽】近藤利一の競馬予想(FC2版)
 土曜日は、6レース予想して半分の3レース的中という事でなかなかの成績でした^^  日曜もこの調子で重賞ゲットといきたいですね。  【中山11R 京成杯AH(芝1600?)】   ◎ ?ローエングリン   ○ ?ワディ... 続きを読む

受信: 2006/09/10 12:23:00

» 京成杯AH、セントウルS、UHB賞の予想 トラックバック 府中の杜
昨日はひどい目に遭いましたが、気分を換えてバッチリ当てていきたいところではありますが、今日はメインは正直難解。予算も少な目になってきたので、回避か小額で勝負するか違った悩みが出てきてしまいました。 中山11R 京成杯オータムH ◎カンファーベスト ○ペールギュ..... 続きを読む

受信: 2006/09/10 12:51:53

コメント

15:20現在の自己レスです。
前日予想の本命指名馬カンファーベストは、プラス12キロでの出走ですか。画面を見る限り、数字どおり腹回りに余裕があるように感じられますね。そんなわけで、直前で本命を◎インセンティブガイに変更です。さて、どうなりますか。

投稿: 山城守 | 2006/09/10 15:22:36

レース終了。またまた自己レスです。
おそらくシンスケ君が1着に残っていますね・・・この前日予想でも馬券はハズレです。
マイネルスケルツィは、1点も買ってないし。
我ながらこの勝負弱さには、もう笑うしかありません。

投稿: 山城守 | 2006/09/10 15:43:40

こんにちは。
直前に◎変更されたんですね。てっきり的中かと思ってたんで・・・また来週頑張りましょう。

来週はダービーグランプリもありますしね(´ー`)

投稿: 古木33 | 2006/09/10 16:53:44

初めまして、いつも楽しみにしてます。
てっきり的中のご自慢をされてるのかと覗きにきたのですが・・・・
また気を取り直して、来週来週^^

投稿: iba | 2006/09/10 22:07:27

京成杯は、自己レスしたとおり直前で◎を変更。馬券のほうは「インセンティブ→シンスケ君→その他いろいろ」の3連単フォーメーションで勝負したのですが、念のため「カンファー→シンスケ君→その他いろいろ」という組み合わせも押さえていました。
とはいえ、シンスケ君を1着に指名した馬券は手元に1枚もなく、マイネルスケルツィも「消し」ジャッジですから、的中からはほど遠いと言わざるを得ませんね。反省です。

>古木33さん

さて、来週は早くもダービーGP。
今年はJRA勢が手薄とみていましたが、フサイチリシャールの参戦表明で俄然盛り上がってきた感じです。とはいえ、注目しているのは、やはり奥州王冠。地元勢久々のチャンスをものにしてもらいたいものです。
敬老の日は、盛岡で現地観戦を予定しています。

投稿: 山城守 | 2006/09/11 0:00:14

あ、、、あらら・・・

山城守フィクサーどもどもです!

素晴らしい予想でしたのに。。。
やはり競馬は予想と馬券力の二つが重要になりますねぇ。。。

毎回痛感しております。。。

がんばりましょ~!

投稿: ひろく~ん。。。 | 2006/09/12 22:42:51

>ひろく~ん。。。 人事係長様

単複・枠連・馬連しかない時代なら、楽に万馬券をゲットできたレースだったのかもしれませんが、これだけ馬券の種類がふえると、馬券力(馬券戦略とでも言うべきか?)の重要性が、いやがうえにも高まってきますね。
キルトクール指名馬のマイネルスケルツィも含め、ある意味、当ブログ管理人の真骨頂を示した一戦だったといえるでしょう(笑)

投稿: 山城守 | 2006/09/14 22:33:35

コメントを書く