« チャンス到来、盛岡競馬に電撃参戦! | トップページ | 【クイーンS】すたこらさっさと逃げるが勝ち »

2006/08/12

【サウスニア】残り物には福がある?特別募集馬ふたたび登場

Chelsea_green_04つい先日、追加募集馬のヘイリーズフュリー04(競走馬名アルシラート)が満口となって、06年2歳募集の受付を終了したばかりのサウスニアRHCから、またまた新たな追加募集馬が提供されることになった。


■チェルシーグリーン’04号 "特別募集"のお知らせ■
2006年2歳世代のさらなる補強と所属厩舎の選択肢の拡大を意図として、ファシグティプトン・コールダー2歳トレーニングセール出身の米国産馬チェルシーグリーン’04を特別にご提供できる運びになりました。500kgを超える迫力の好馬体から繰り出される豪快なフットワークは大物感たっぷり。今年の安田記念において、圧巻の勝利を収めたブリッシュラックを思い起こさせる、まさに珠玉の一頭です。ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。
サウスニアRHC・公式HPメンバーズサイトより引用  

例年、サウスニアがこの時期に追加募集する2歳馬といえば、門外不出の「会員限定」扱いが通例で、どちらかといえば商売というよりも、身内の会員サービスの趣が強かったものだ。ところが、今回の「特別募集馬」に関しては、ヘイリーズフュリー04と同様に、広く一般から出資を受け付けるらしい。この方針転換、やはり一般公募で出資を募ったヘイリーズフュリー04が早々と満口になった結果に、クラブが気をよくしたせいもあるのだろうが、背景の事情は、おそらくそれだけではあるまい。
そもそも今シーズン、同クラブの2歳募集は外国産5頭・内国産4頭と当初から「少数精鋭」を志向。ところが、そのうちの1頭が疾病による募集中止に早々と追いこまれ、さらに別の1頭も骨折とアクシデントが重なっていたのだ。募集馬減少による駒不足は、クラブ法人としての収益源泉たる「売上げの減少」に直結する。小規模クラブながら、例年12~3頭の募集をコンスタントに継続してきたサウスニアにとっても、例年並みの売上げはやはり欲しいところだろう。他の有力クラブが新世代の募集の向け動き出すこの時期に、あえて2歳の募集馬を一般に募ろうという裏には、そんな事情があるのではないかと邪推している。

さて、気になる当の募集馬だが、リボー系キートゥザミント産駒の肌にニジンスキー系の父を掛け合わせた配合。父ロイヤルアカデミーⅡといえば、わが国ではロイヤルスズカやダービーキングダムなどを輩出したB級種牡馬として知られているが、言わずとしれた安田記念馬ブリッシュラックのお父さんにあたる(これ以外にもJC参戦時に、そこそこ人気を集めたオスカーシンドラーなど産駒を輩出)。一方、母系の産駒成績は、プレンティオブグレースS3着のLady Cheyenが最高と思われ、正直イマイチという印象もあるけれど、ネットで検索したブラックタイプを見る限りクズのでない血筋らしい。底力の固まりというべきリボーの血を受け継いでいるのも、心強い材料だ。
ちなみに、牛精福星も、オスカーシンドラーも、日本馬ではあまり見あたらない筋肉モリモリの大型馬だったが、ひょっとしてこの種牡馬の成功パターンは、馬格の大きさに左右されるのかもしれない。今回の特別募集馬も8月時点で550キロ!を超える巨漢ときく。立ち写真から受ける印象もなかなか良く、2歳らしからぬ好馬体の持ち主だ。正直、育ちすぎかな?という感もあるけれど、攻めを積んで絞っていけば、いいい線まで行ける素質馬に成長しそうな予感がする。

だが、出資を判断する上でネックになりそうなのは、当馬の資質よりも、募集価格の設定だろう。ファシグティプトン・コールダーセールの購買価格をネットで確認してみると、先の追加募集馬ヘイリーズフュリー04が25万ドルだったのに対して、こちらは20万ドルである。ところが、これを国内クラブ法人経由で売り出してみると、何故かその価値は逆転し、前者の募集総額が3675万円なのに、今回の募集馬は5880万円の設定になっているのだ。
もちろん、セリ購買後、来日・育成・募集に至るまでの間に生じた諸事情や予期せぬコスト増もあったのかもしれないが、現地調達価格の倍以上の価格設定とは、ちょっと強気にすぎる?きらいはある。

ともかく、本特別募集馬の募集開始時期は、平成18年9月9日(土)午前10時から。クラブ側は、同馬を積極的に売り出していく方針であり、9月6日には都内で、入厩予定の二ノ宮敬宇調教師らをゲストに招いたプロモーショナルパーティまで用意しているようだ。興味のある方は、参加してみるのも良いだろう。
割高な価格は気になるけれど、資質や血統に魅力を感じる馬であるのも事実。はたして、残り物に福はあるのだろうか?出資すべきか否かについては、懐事情とも相談しながら、もう少し考えてみてから、判断するつもりである。

8月 12, 2006 ひとくち馬主日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/11398031

この記事へのトラックバック一覧です: 【サウスニア】残り物には福がある?特別募集馬ふたたび登場:

» サウスニア2006年2歳馬追加募集 Part3 トラックバック サラリーマン馬主の部屋
えー?またですか?サウスニア2006年2歳馬追加募集 Part3Part2の募集が終わって、まだ1ヶ月も立たないこの時期の募集。ちょっと驚きです。さて今回の募集馬はファシグティプトン・コールダー2歳トレーニングセールの出身馬、「チェルシーグリーン'04(父ロイヤ...... 続きを読む

受信: 2006/08/13 13:17:16

コメント

コメントを書く