« 【七夕賞】「シリーズ優勝争い」が影を落とすハンデ戦 | トップページ | 【函館記念】意外と楽に絞れる上位候補 »

2006/07/16

【アイビスSD】大外枠を信用しきれるか?

Tm_churasan_at_aibis_sd_05国内唯一の直線コースを舞台に、ひと癖もふた癖もある個性派スプリンターたちが新潟に集結する名物重賞も、今年で、はや数えて6回目。
ダッシュ」と銘打たれたレース名が象徴するように、本来なら各馬のスピードの絶対値を競う「正統派のスプリント競走」として設計されたのであろうが、実際のレースになると正統派的ムードは皆無であり、毎年のようにトリッキーな決着が繰り返されている。
誰が見ても明々白々なトラックバイアスを背景に、少しでも馬場の良い外ラチ沿いのコースを確保しようと各馬が殺到。実際、ゴール前では大外を通っている馬がグンと伸びてくる。発馬直後から全馬がわらわらと外に寄せてくる様子は、スピード比べというよりも、さながら陣取り合戦のようだ。03年のように、比較的内目のコース取りを選択した馬が勝つときもあるけれど、昨年のカルストンライトオのように先行馬が最内枠からの発馬を強いられてしまうと、もはや打つ手がない。外ラチ沿いのベストポジションをキープするには、やはり外目の枠番が有利であり、この傾向は、もはや新潟・直線競馬の定説と化した感がある。

では、枠順が外になればなるほど有利なのか?その事実を確認するため、新潟コースリニューアル(01年)以降、15頭立て以上で行われた直線・1000メートル競馬の枠順別成績を洗い直してみた。結果は下表のとおり。
なるほど、勝利数・連対数とも抜群の大外8枠・ピンクの帽子が他を圧倒しているようにも見えるが、連対率そのものを比較してみると、5枠から8枠まで実はそれほどの差はついていない。ちょっと意外というべき結果である。

■新潟・直線千メートル 枠順別成績(15頭立以上)
Niigata_t1000_over_14








過去5回のアイビスサマーダッシュの結果を振り返ってみても、8枠から連対実績を残しているのは、僅か2頭にとどまっている(02年1着カルストンライトオ・04年2着タカオルビー)。一見すると有利に思える大外枠発走でも、すんなりと好位置を確保できなければ好走は難しい。むしろ重賞レベルになると、全馬が外ラチを目指してどんどんプレッシャーをかけてくる分、前半から手綱を緩めるわけにもいかず、難しい競馬を強いられるということだろうか?
馬券的な狙い目をいうなら、5年間に優勝馬を2度も輩出している5枠あたりのほうが面白そうだし、大外枠という条件だけで人気が先行しているタイプなら、逆に能力を疑ってかかるほどの柔軟な着想が、レース検討のうえでも欠かせないと言えそうだ。

【結論】
◎マリンフェスタ
○レイズアンドコール
▲テイエムチュラサン
△ホーマンテキーラ
注ステキシンスケクン
注スピニングノワール
注キーンランドスワン

注目の大外枠を引いたのはディフェンディング女王のテイエムチュラサン。ダッシュ力でカルストンライトオを圧倒した昨年のレースを思い起こせば、大外ラチ沿いを独走の目もあるのだろうが、前走・稍重の中京で終始馬場の悪いインを避けていたのが、ちょっと引っかかる。開幕週とはいえ雨の影響を受けた芝が、連覇の死角になりそうな予感がして、素直には飛びつけない。この馬が馬場を気にしてモタモタしていると、他馬がさっさとハナに踊り出し、外のベストポジションを確保してしまう可能性がある。

そこで狙ってみたいのが、やはり大西騎手だ。カルストンライトオで開拓した「あのコース取り」を再現する作戦に迷いはないだろうし、先頭に立ってしまえば、そのままゴールまで馬を持たせてしまう技量もある。今年コンビを組むマリンフェスタは、まだ1000万下に身を置く条件馬ながら、直線競馬への非凡な適性を既に証明済み。この枠順ならスタートダッシュに支障はないし、ボコボコして力が要る春の新潟を好走していたのも好材料だろう。
以下では、稍重・内目の枠順と不利な条件の揃った邁進特別を勝利した実績のある直線巧者・レイズアンドコール、直線競馬は初めてでもスプリンターとしての基本性能が確かなホーマンテキーラと、2頭のバクシンオー産駒を評価。人気のシンスケクンは、この特殊な条件への適性が不明だが、確かに未知の怖さはあるので、最低でも馬券の押さえは必要だろう。

キルトクールは、ダイワメンフィス
2連勝中の勢いが評価され上位人気に支持されているけれど、昨夏に一度だけ経験した直線競馬では、少頭数で楽に外ラチ沿いを確保しながら、行きっぷりがひと息。内田博幸騎手が懸命に叱りつけながら、やっとこさ3着を確保というレース内容だった。そもそもこの条件への適性に「?」を感じるし、今回は枠順もちょっと内に入りすぎた感じ。直線競馬のスペシャリストたちを向こうに回して、果たしてどこまでやれるものか?

ちなみに、当ブログ管理人は、現在新潟に遠征中。日曜日は雨予報が気になるけれど、このレースは現地ナマ観戦の予定です。

7月 16, 2006 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/10961250

この記事へのトラックバック一覧です: 【アイビスSD】大外枠を信用しきれるか?:

» アイビスサマーダッシュ予想:◎サチノスイーティーでいける トラックバック 彩の国こうのす競馬BLOG
 サイレントプライドの単勝2.6倍はなかなか美味しい配当でした。この馬はオープンまでは軽くいくと思いますよ。兄を超えて欲しい。 新潟11R G? アイビスサマーダッシュ11△ウェディングバレー54勝浦2☆ダイワメン... 続きを読む

受信: 2006/07/16 6:02:50

» 勢いを重視したい アイビスSD&新馬戦ほか トラックバック 雲國齊の無謀
新潟11R 第6回アイビスSD(G3) 開幕週ということで必ずしも「外枠有利」と 続きを読む

受信: 2006/07/16 6:55:53

» 予想 122 トラックバック ボルジャノン厩舎
アイビスサマーダッシュ ダッシュダッシュダンダンダダン♪ダッシュダッシュダンダンダダン♪ダッシュダッシュダンダンダダン♪スクランブル〜ダッシュ♪ ということでDanzig産駒のステキシンスケクンが本命です。来週のサウスニアの六本木である懇親会はど....... 続きを読む

受信: 2006/07/16 7:39:48

» 小倉・函館・新潟予想 トラックバック Goodthing競馬Blog
小倉11R・博多ステークス  ◎(06)フェイトトリックス ○(07)スパルタクス ▲(03)ホッコーソレソレー △(02)マヤノグレイシー ×(01)チェリーライオー ×(14)インマイアイズ ×(13)デープサマー ×(08)ニホンピロキース 三連単(06)→(07)→(01)(02)(03)(08)(13)(14)マルチ6*6=36通り 新潟11R・アイビスサマーダッシュ ◎(02)ダイワメンフィス ○(10)マリンフェスタ ▲(14)レイズアンドコール △(1... 続きを読む

受信: 2006/07/16 8:18:48

» 【2006年アイビスサマーダッシュ予想】直線競馬の枠による有利不利について トラックバック うません
 7月16日に新潟競馬場でアイビスサマーダッシュ(芝1000m直線) が行われます。このレースは今年から始まる「サマースプリントシ リーズ」の第2戦になります。 ■サマースプリントシリーズ 第1戦 2006/07/0... 続きを読む

受信: 2006/07/16 9:11:13

» ◎ウェディングバレー 2006年アイビスサマーダッシュ【血統フェスティバル】予想 トラックバック 【血統フェスティバル】blog
【アイビスサマーダッシュ】の予想。出走馬・近5年の1〜3着馬の血統を掲載。 続きを読む

受信: 2006/07/16 9:51:47

» 雨中の軽快ダッシュ51kgサチノスイーティー!≪アイビスSDほか回顧≫ トラックバック 「人生、無事是名馬」
雨の中で行われたアイビスSDは51kgサチノスイーティー! 2着もマリンフェスタで3歳牝馬がワンツーを達成した。 馬連5560円を☆◎で的中。久々のスマッシュヒットを決めました。 続きを読む

受信: 2006/07/17 1:43:14

» 万馬券報告10 トラックバック サラリーマン馬主の部屋
7月16日 新潟11Rアイビスサマーダッシュ G3(芝1000M)1 13.サチノスイーティー  牝351.0 鈴来直人 2 10.マリンフェスタ     牝351.0 大西直宏 3 6.レイズアンドコール   牝554.0 石橋 脩枠連  5−7     95...... 続きを読む

受信: 2006/07/17 9:45:49

コメント

コメントを書く