« 【函館記念】意外と楽に絞れる上位候補 | トップページ | 【関屋記念】ナタの切れ味が生きる特異なマイル戦 »

2006/07/30

夏の季節に「春よ来い!」

Haruyo_koi藤代三郎氏の手による「外れ馬券」シリーズの最新刊が、今年も刊行された。内容は週刊ギャロップ誌に連載中のコラム1年分を1冊にまとめたもので、題して「外れ馬券に春よ来い」 ううむ、去年出たのが「外れ馬券に喝采を」で、一昨年は「外れ馬券は永遠に」だったっけ。あまり代わり映えしない表題も象徴しているように、本の中身も偉大なるマンネリズムの世界である。
だが、それがまた良い。競馬評論家というより、日本全国馬券オヤジの鑑というべき藤代氏が、正月から暮れの季節まで毎週毎週、競馬場へと足を運んで、ときに全治○か月の重傷を追いながらも馬券で悪戦苦闘するお話なのだが、実に味わい深い読み物になっている。1年を通じ馬券で切った張ったを繰り返していると、嬉しいこともあれば、悔しいこと・悲しいこともたくさん経験する。とても他人事とは思えないそんな気分が、どの頁にも渦巻いているのが、本書の美点だと思う。たとえば、こんな呟きというか、ため息まじりのひと言はどうだ。

この歳になるともう競馬をやめる気はさらさらなく、というよりも競馬より面白いことはもう人生に何ひとつないのだ。そういう気持ちになってくる。だから、怪我しないように、楽しく遊べればいい、という気分になる。見ているぶんには浮き沈みの激しい人生のほうが面白いが、それは他人事だからで、自分のこととなると、もちろん穏やかな人生のほうがいい。欲を捨てて、年に幾度かやってくるバイオリズムのピークを待って、楽しく競馬をやっていたい。もうあとは、そういんでいいぞ、ホントに。
藤代三郎「外れ馬券に春よ来い」あとがきより引用~  

小倉記念の予想は、本稿のラストに掲載しました。

などと、達観したようなことを述べているものの、馬券というのはやっぱり欲と煩悩の世界。それが楽しいのだ。競馬をやらないまっとうな人からみれば馬鹿みたいにみえても、ああでもないこうでもないと迷いつつ、欲の皮を突っ張らせ、筆者も、そしてこの本の読者(自分がそうだ)も、阿呆な馬券に大枚を投じ続けるのである。

この本のもう一つの美点は、読むと無性に競馬場に出かけたくなること。府中がホームグラウンドの筆者は旅打ちも大好きで、実際、今作では夏の新潟競馬場まで日帰り遠征を敢行してくるという酔狂なエピソードがでてくる。なるほど東京発6時台の新幹線に乗れば、開門15分前には競馬場に到着できるんですね。冷房の効いた部屋でPATもいいけど、やっぱり競馬は、最前線でその臨場感を体感してこそ楽しい。読んでいるうちに、当ブログ管理人の旅打ちの虫も、ちょっとむずむずしてきた。

というわけで、今週の日曜日、自分も急転直下、新潟まで日帰り遠征を決行してきます。新潟行きは、いつも最低1泊2日のスケジュールで動くことにしているのだが、幸いなことに、今週はハガキ抽選で指定席入場の権利を確保している。つまり午前11時までに競馬場の正門に到着すればいいので、大宮発8時台の「とき」に乗車できれば、楽勝という計算である。
遠征費用はもちろん馬券で捻出を・・・・と目論んでいたところ、土曜競馬で全治2か月の重傷を負ってしまった。ううむ、絶対に負けられない遠征になってしまったわけだが、それも競馬の醍醐味と覚悟して、出かけてこよう。だって、競馬より楽しいことは、何ひとつとしてないんだから(汗)

さて、今週の重賞は小倉記念
サマーシリーズの覇権を賭け参戦する七夕賞上位勢に注目が集中する構図だが、ハンデ戦に施行条件が改まって以降、重ハンデの実績馬と軽量馬によるワンツーというのが、このレースの傾向と対策である。一瞬の決め手で勝負するメイショウカイドウにとっては、ハンデ59.5キロがやはり鬼門になりそうな予感。ならば、小回りの先行利を買えるコンゴウリキシオーと、メイショウカイドウに匹敵するコース実績を有しながら妙に評価の軽いツルマルヨカニセに注目するという手はどうか?馬券は、ツルマルヨカニセ2着固定の3連単フォーメーションを本線に据える予定だ。さあ、春よ来い!

<小倉記念の結論>
◎コンゴウリキシオー
○ツルマルヨカニセ
▲メイショウカイドウ
△ヴィータローザ
△サザンツイスター
△サイレントディール
△スウィフトカレント
△スパルタクス

7月 30, 2006 日記・コラム・つぶやき, 書籍・雑誌, 競馬予想・回顧アーカイブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/11147311

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の季節に「春よ来い!」 :

» 予想 127 トラックバック ボルジャノン厩舎
小倉記念 このレースで勝ってほしい騎手がいる。それは誰かというと小牧太騎手と幸英明騎手です。2人とも鹿児島県出身できっとあの水害のニュースをみて心を痛めているはず。勝って進上金のいくらかを被害にあった地域に寄付してほしいと思います。そんで、どっちを本....... 続きを読む

受信: 2006/07/30 6:10:55

» 小倉の夏、メイショウカイドウの夏。≪小倉記念予想≫ トラックバック 「人生、無事是名馬」
◆小倉10R 小倉記念 ◎メイショウカイドウ ○コンゴウリキシオー ▲ヴィータローザ ☆サンレイジャスパー 「小倉四冠馬」メイショウカイドウに死角はない。 休み明けで59キロを背負った七夕賞が完勝。 斤量はさらに0.5キロ増えるが、この聖地なら克服できるだろう...... 続きを読む

受信: 2006/07/30 13:27:25

コメント

山城さん

ご無沙汰しております。

今日の旅打ちは楽しかったですか?

私は昨日のキングジョージに興奮して、なかなか寝付けず、起きたら昼になっていました(笑)。

新潟競馬、楽しそうですねー。

昔、新潟に旅打ちに行った時に食べた、うな重が忘れられません…

投稿: 治郎丸敬之 | 2006/07/30 13:19:50

お久しぶりです。
『外れ馬券に春よ来い』…良いですねぇ~、多くの競馬ファンの気持ちを代弁してくれてるみたいです^^
ホント、予想しているときの充実感というか満たされた気持ちは、他では味わうことが出来ないのでは?なんて思ったりしますものね!

それはそうと、日帰りで新潟競馬場観戦なんて考えたことなかったですね。いやその気になればなんだって出来るものなんですねぇ~、ちょっぴり、感動しました^^

投稿: むんく | 2006/08/01 18:50:28

実は・・・・先週の日曜日。朝起きてみたら、都内にいなければいけない用事が出てきて、新潟日帰り遠征を、泣く泣く断念する羽目になりました。
そのリベンジというわけじゃないけど、今週の関屋記念も、日帰り遠征で現地観戦するプランです。新幹線の指定席は確保済み。いざ!新潟へ行ってまいります。

>治郎丸敬之さん

新潟のうな重。ちょっと気になります。
新潟競馬場内の食堂はいろいろ試していますが、鰻はノーマークだったものですから。

投稿: 山城守 | 2006/08/06 2:02:05

コメントを書く