« 【日本ダービー】もはや差し・追込有利ではない | トップページ | 【ダービー回顧】時計平凡でも低レベル評価は禁物 »

2006/05/28

萌えろ!桜メガワンダー

Sakura_mega_wonder_figure_at_fuchu_pachiいぶし銀・石橋騎手の2冠達成に湧いたダービーデイ。公式発表された入場者数は10万人強と昨年より4万人も少なかったけれど、今日の府中は、晴れわたる5月の空をバックに、爽やかなお祭り気分に包まれた1日でした。
売店の生ビールは売り切れでも、これくらいの人出ならパドックの場所取りも楽勝です。

何よりも良かったのは、特定の馬に肩入れしたり、場内に変なフィギュアを展示したりするような主催者の悪のりが、今年は見られなかったこと。晴れの舞台に出走馬を送り出す関係者にとっては誰もが胸を躍らす1日ですし、応援するファンも自分がこれは!と信じた馬の馬券を買って、心の底から声援を送る。それこそが、ダービー本来の楽しみ方ですからね。

で、写真は、そんなダービーデイの感想とは全く関係なく、祭りの後の府中市内某所で発見したサクラメガワンダーの等身大フィギュアです。サクラ軍団の馬主さんといえば、府中市内でパチンコ店やボーリング場を手広く経営する企業ですが、今年のダービーは相当、力が入っていたみたい。系列パチンコ店は、グループの総力を上げて「サクラメガワンダー応援ウィーク」のキャンペーンを展開していました。主催者がわざわざ場内に展示するお人形には興ざめでも、街のなかから、お祭りを盛り上げようというこんな工夫は悪くありません。

Sakura_mega_wonder_moe_moeキャッチフレーズは「上がり最速のスピードスター!」 ううむ、シビれちゃいますねえ。さらにバックの看板をよく注目してみると、メガワンダーをモチーフにした、栗毛の萌え系マスコットまで用意されていました。それにしてもメガワンダー君。君は、何で鼻水を垂らしているんだ?(笑)




そのサクラメガワンダーは、マリンちゃん惣流アスカの応援も空しく「伸びなかった。切れなかった(内田博騎手談)」の10着に終わってしまいました。でも、パドックの雰囲気などは決して悪くなかったし、まだまだ重賞戦線で活躍を見込めるだけの器でしょう。ちょっとイレコミ気味の馬主さんの期待に応え、もう一度重賞で脚光を浴びる日がきっとやって来るはずです。

【※】ちゃんとしたダービー回顧記事は、日を改めてからアップする予定です。

5月 28, 2006 府中日記, 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33923/10284302

この記事へのトラックバック一覧です: 萌えろ!桜メガワンダー:

コメント

山城さん。ご無沙汰です。

メガワンダーのグッズですが、チカサク(わかりますよね?)では大当たりを出すと、携帯ストラップのプレゼントがありました。
しっかりワイフに行かせてゲットしました。(笑)
ちなみに非売品との事ですが、しばらくするとゲーセンの景品になってそうな予感も....。

土曜のオフィサーは惜しかったですね。
雨降って、こりゃいけると突っ込みましたが、最後届かず...。
府中の直線は、微妙に長いのかもしれませんね。

投稿: ハイサイド | 2006/05/29 0:53:14

ハイサイド館長、お久しぶりです。
blogの新装開店、おめでとうございます。
チカサクって確か等価交換の店でしたよね。
おっかなくて近寄れないので、府中のパチンコ屋さんは、いつも金馬車あたりで遊んでいます。
ちなみにメガワンダーのフィギュアが立っていたのは、宮西です。ダービー的中の余勢を駆って、エヴァ・セカンドインパクトを試し打ちしてきましたが、ううむ、やはり競馬より難しいですね。そんなわけで、携帯ストラップのゲットはかないませんでしたぁ。

投稿: 山城守 | 2006/05/29 1:08:04

コメントを書く